2019年5月17日 (金)

LOCASSE TAMBAへ

本日は休暇。1週間ほど前に急に動作しなくなったリビングの電動シャッターの様子を見にハウスメーカーの方が朝から来ることに。結局ハウスメーカーの方が帰られたのは10:30・・・本当なら天気も良いし、朝一からどこか走りに行きたかったなぁ・・・中途半端な時間(+_+)。

で、悩んだ末に

 どこか近場に昼飯ツーリングに行こう!

ということでネットで見て気になっていた丹波に4月末にオープンしたてのLOCASSE TANBA(ロカッセ タンバ)へ行くことに。バイクカフェと紹介されている方もいましたが、別にバイクやライダーって感はあまりなく、田舎のオシャレなカフェといった感じです。

途中グーグル先生にとんでもない酷道を案内されそうになり何度かグーグル先生に刃向かった結果、やや時間をロスしましたが(^-^;、13時過ぎに到着。ここは・・・「ここに来よう!」と思ってこない限りまず偶然にたどり着くことはなさそうな裏道にひっそりあります。

駐輪場がよく分からなかったのですが・・・看板横にサイクルラックがあるところを見ると、この辺にとめても良かったのかな? 私はよく分からなかったので、道の向かいにある駐車場に止めましたが、駐車場は未舗装のほぼ草むら状態(^-^;。バイクを乗り入れる際は覚悟が必要です。重量級バイクはおとなしく道路脇とかに止めるのが無難かも?

Img_1145_01

Img_1146_01

今日は金曜の平日。しかもお昼過ぎの13時。お客さんは地元(?)のおばさま数名が一組のみ。・・・ただ数名なんですが、まあにぎやかなこと! さすがおばさまパワーです・・・

こちらは、カフェ、カレー屋さん、ピザ&BBQ、ベーカリーの4軒のお店と倉庫(農機具の物置?)を改装した屋内の食事スペースがあります。私は早速ネットで見て気になっていたステーキ丼を注文! こちらは各お店で注文して、屋外テラスか屋内スペースで食べるスタイルのようです。この日は日差しがけっこうきつかったので、おとなしく屋内スペースで食べました。看板とサイクルラックの横の開放された扉の中が屋内食事スペースです。

Img_1151_01

屋内スペースはかなり広くて、20名ぐらいは入れそう? 窓際はカウンターになっておりコンセントも完備! 他のお店は分かりませんが、BBQ屋さんは料理はテイクアウト式の容器にて提供されるので、好きなところへ持って行って食べられるようになっています。お味の方もステーキ丼だけあってステキなお味!・・・親父ギャグは置いておくとして(^-^;、食べ盛りには物足りないかも知れませんが、40代後半になってくると量より質。そんな私にはちょうど良かったです。

Img_1147_01

Img_1148_01_1

食後にパン屋さんでお土産のパンを購入。ついでにアイスコーヒーも頼んで、今度は屋外テラスに座ってのんびりします。目の前に広がるのどかな風景は心癒やされます。時間がゆっくり流れているかのようです! 街中のカフェには無いゆったりのんびりとした雰囲気がステキ!

Img_1150_01

おばさま達がいなくなった後は、この贅沢な空間を独り占め! お店にとってはこんなに客が少ないと困るかもしれませんが、ここは絶対お客さんが少ない時に来るべきです! 今度はピザとカレーが食べたいなぁ・・・。

といつまでもいたいところですが、そんなわけにもいかないので・・・さてどうやって帰ろう?とスマホのマップとにらめっこ。どうせなら道の駅を巡りながら帰ろうと調べるとすぐ近くに道の駅が! 道の駅丹波おばあちゃんの里に寄ります。さっきアイスコーヒー飲んだばかりですが、黒豆きなこソフトを食べます!

Img_1157_01

Img_1155_01

まだ十分時間があるので、今度は帰る方向にあった道の駅瑞穂の里にて休憩。

Img_1158_01

のんびり休憩後に出発。なんだか気分がゆったりとし、制限速度+10キロ程度で流します。速い車はどうぞお先に! ゆったりとした気分で亀岡到着。街中は急に車も増え騒々しい・・・そろそろ帰宅ラッシュか?亀岡から京都縦貫でサクッと渋滞を回避し、無事18時頃まだ明るい内に到着。

遠くまで行かなくても、こんなのんびりしたツーリングもいい! なんだかゆったり田舎カフェツーリングにはまりそう・・ ・(*^O^*)

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

10連休の結果

平成が終わり令和になりましたが・・・別に何も変わりなく・・・個人的にはどうでもいい感じです。

そんなことは置いておくとして、この10連休ですが、蓋を開けてみればツーリングらしいツーリングへは結局行けませんでした。すべては初日のパンクに始まり、途中数日は天気が悪かったり。なんかいまいちでしたねー

ところが!オドメーターを見てびっくり!ツーリングらしいツーリングへ行ってないのに

 1200キロも走っとる・・・

確かに夜型で朝の立ち上がりの遅い家族の目を盗んで、午前中を中心に近くの道の駅巡りしたりしていましたが1200キロも走っておったとは!

というわけでこの連休中に訪れた道の駅他をご紹介!

<お茶の京都 みなみやましろ村>
この道の駅は我が家からちょうど1時間ほどで行けるため、朝6時に家を出ても8時過ぎには帰ってこれるのと、休憩にちょうど良いので、この連休中何度も立ち寄りました。たぶん5,6回は立ち寄ったのでは? まだ新しいため設備もトイレもキレイでオススメです! 食堂では地元産の食材料理が味わえ、これがまたなかなかのお味です! 定番のソフトや団子などもうまし! 駐車場も広くて快適。

Img_1111_01

Img_1131_01

Img_1102_01

Img_1045_01

<伊勢本街道御杖>
ちょっと足を伸ばして行ってみたのが道の駅御杖(みつえ)。温泉(スーパー銭湯?)が併設されていますが、行ったのが朝早すぎて開いてませんでした・・・。しかも温泉だけで無く、売店も何も開いていなくてトイレのみお借りしたという・・・でもR368が連休中にもかかわらず朝は渋滞知らずで快走! 途中、部分的に1車線区間がありますが、ダムもあったりと景色も良く、どこへ行っても渋滞でうんざりしていたのですが、その鬱憤を晴らす快適ロードでした。

Img_1103_01

Img_1106_01

<ガレリアかめおか>
亀岡の市街地にある道の駅。この前は何度も通ったことがあるのですが、道の駅らしくない雰囲気になんとなく立ち寄る気がせずスルーしていましたが、ついに足を踏み入れてみました! が・・・何でしょうね? いわゆる道の駅の田舎感が全く無くて、なんか落ち着かずすぐに出てしまいました(-_-;。

Img_1115_01

<針>
もう何も言う必要の無いぐらい関西ライダーにとっては超有名な道の駅ですね! 集合場所に使われることも多く、バイクを見たい時はここへ行けば必ず大量のバイクを見ることができるという・・・この日も個人的に大好きなホンダのVFR800のインターセプターカラーの実車を見ることができました(*^-^*)。

Img_1044_01

<美山ふれあい広場>
言わずと知れた関西ライダーにとっては針と並ぶ一度は必ず訪れたい道の駅ですね! ちょっと建物が改装されたのか?雰囲気が変わったような気がしましたが?こちらに立ち寄ればぜひ牛乳ソフトをいただきましょう! ここからはさらに奥のかやぶきの里へはぜひ足を伸ばして訪れてみましょう! 他にもすぐ近くには好きな人にはたまらない峠道もあり(安全運転でお願いします!)、周辺は交通量も少ない快適路ですので、自分のペースでゆったりと走れます。

Img_1124_01

Img_1126_01

Img_1120_01

<スプリングひよし>
日吉ダムのそばの温水プールや温泉や足湯なども併設されている道の駅。美山へ行くとなんとなくつい立ち寄ってしまいます。私も何度も立ち寄っていますが、未だに温泉には入ったことが無い・・・いずれ温泉も利用してみたいと思います。

Img_1128_01

<京都新光悦村>
ちょうど高速のICの出入り口からすぐのところにあって、高速に乗る前や降りてきた時についなんとなく吸い込まれてしまう道の駅(^-^;。スプリングひよしからも近いので、ここで休憩は必要ないのですがなぜかつい立ち寄ってしまいます。ただ残念ながらコレといって特筆するモノはあまりなく、本当に休憩とトイレしか利用したことがありません。

Img_1129_01

あと、連休中には所用のため福井の今庄にある新羅神社にも訪れ、帰りに時間があったので木之本ICまで国道を走った際に琵琶湖北部のあじかまの里という道の駅にも寄りましたが、ここもトイレと休憩以外にはあまり特筆すべきモノが無かったような記憶が?

Img_1060_01

といったところを走り回っていたら・・・連休中で1200キロ走っていたという・・・まだまだ大丈夫と思っていましたが、オドメーターは3800キロを越え、オイル交換をぼちぼち考えないといけなくなってきました。

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

BIKE!BIKE!BIKE!2019とH2SXSE受難

今年も毎年恒例春のイベントBIKE!BIKE!BIKE!に参加すべく前売りをゲット! ちなみにコンビニ決済で購入しましたが、ローソンとかは手数料取られるんですが、セブンイレブンだけ手数料不要! ということでもちろんセブンイレブンで購入。そして今年は昨年の教訓を生かすべく、早めに出発しようということで草津SAに7:30集合!・・・のはずが、前日からの雨が上がらず、滋賀北部や福井から合流するメンバーを考慮して集合時間を9:00に遅らせることに。まあ、天候だけはどうにもならないので仕方ないですね。

それでも8:30頃には着けそうという連絡をもらい余裕を持って7:00頃に出発。調子よく高速に乗り走っていると、宇治のあたりから渋滞が!

 そりゃ10連休初日の朝だもんね・・・

まともに巻き込まれていると集合時間に間に合わない可能性も!ということで所々で普段はあまりやらない時間短縮走行(どんな走行かはご想像におまかせ)。

でも宇治のながーいトンネルを抜けると渋滞解消! 調子よく走って無事に8時頃に草津SA到着。まだ誰も来ていないのでとりあえずコンビニで朝食を購入しベンチでモグモグタイム。予定通り8:30頃にまずはいつものCB13先輩到着。少し遅れてZ1000君も到着。今年はこの3名で参加です!

しばし休憩後に出発!ということで駐輪場に戻ってインカム繋いでバイクにまたがり駐輪場から出そうとすると

 ???動かない???

確かにクソ重たいことは分かっていますが、あまりにも動かない! 駐輪場の轍にはまったのかなと思いつつ踏ん張って少しずつ動かしますが

 明らかに何か変!

そしてイヤな予感がしつつまずはフロントタイヤを見ると・・・

 ペッチャンコやん!

Img_1037_1

フロントタイヤが見事にパンクです(+_+)・・・思い当たるのは時間短縮走行していた時のこと。途中でタイヤの溝に石がはまった時のような音が少しだけしていたことを思い出しました・・・あのときの音は気のせいでは無く、やはり何かがタイヤに刺さってたんだなぁ・・・。

すぐにインカムで他の二人に伝えて、バイクを駐輪場に戻して、まずはJAFに連絡。入会して20数年経ちますが初ロードサービスへ連絡!

しかしJAFさんに連絡すると、高速道路は応急修理状態で走行するのは危険なため、基本はレッカーにてタイヤ交換できる最寄のバイク屋等への搬入になるとのこと。そんなことしてたら鈴鹿間に合わないやん! というのでどこか応急修理をしてくれるところがないか他のロードサービスにも連絡してみます。カワサキの新車は購入後1年間は無料のロードサービスが付いていたのを思い出し連絡してみます。が、こちらも最寄カワサキプラザへのレッカー移動になるとのこと・・・幸い近くに2りんかんがあるからそこへ持って行ってもらえればタイヤ交換はすぐできるとのCB13先輩のアドバイスを採用し、JAFに再度連絡し、レッカーを手配。

待つこと40分ほど。JAFさんがやって来ました。レッカー車は駐輪場から30mほど離れた場所に止まっています。あそこまでパンクしたバイクをどうやって移動させるのか? きっとドラえもんの秘密道具のようなスーパーアイテムがあるのでは?と期待しましたが

 移動させるの手伝ってもらえますか

そうですよね・・・そんな便利な道具はないですよね・・・やっぱ人力ですよね・・・というわけでフロントがパンクした270キロの鉄の塊と化したH2SXSEを4人がかりで押してレッカーの荷台へ押し上げます。ツーリングライダーで賑わう中、パンクしたH2SXSEを4人がかりで押して行く姿はきっとライダー達の注目の的だっただろうと思われますが、押すのに必死でそれどころではないという・・・。

Img_1038

その後、ETCカードを取り出す様に言われ、なるほどと。そのまま出ちゃったらややこしいことになっちゃいますよね。

で、助手席にお邪魔して、2りんかんからの連絡を待ちながらとりあえず高速を降ります。タイヤ交換終わり次第追いかけると言うことでお二人には先に鈴鹿へ行ってもらいます。そして私はJAFのレッカー車にて最寄の草津田上ICで降りて、降りたところすぐの脇にある駐車スペースへ。そして2りんかんから連絡が来ましたが、

 本日は予約でいっぱいで持ってきてもらっても本日中には対応できない

がーん・・・さらに

 H2SXは特殊な工具が必要なので対応できない

・・・たかがタイヤ交換でそんなことはないやろと思いましたが、JAFの方も断るための口実でしょうねと。

次の手としてJAFさんのよく知っているバイク屋へ連絡してもらいますが、こちらもタイヤの在庫が無いためか対応不可。この時、私の今年のBIKE!^3への参加は終わった・・・

こうなったら、変なバイク屋にタイヤ交換されるのもイヤだし、それならもういっそのことカワサキプラザへ持って行こうと。しかし、JAFさんは無料でレッカー移動できるのは15キロまでとのこと。それならやっぱりカワサキのロードサービスに頼むか・・・

というわけで再度カワサキのロードサービスへ連絡。最寄のカワサキプラザ(滋賀だと私が購入した高槻が最寄ですね・・・早く京都にもプラザ作ってくれ~)に対応の確認とレッカーの手配をお願いします。

連絡待ちの間にJAFさんから、高速は降りたので応急修理で自走してもらうことも可能との提案をもらいますが、下道を走っていてはかなりかかるので、レッカーで高速でビューンと移動した方が早いだろうと思ってカワサキロードサービスの連絡を待ちます。

で、連絡が来てお店の方の対応可能、ただレッカーが到着するのは15時頃になるとのこと!このときまだ11時・・・そんなに待っていられないのでJAFさんに応急修理してもらって自走して行くことに決定。

JAFさんに応急修理してもらってフロントタイヤ復活! タッピングビスが途中から折れてさらに先がとがった状態になっているヤツがぶっすりと刺さってました!

Img_1039

復活しましたが、でも高速はタイヤにかかる負荷が大きいので絶対走らないでくださいね、特にフロントは何かあると大変なんで・・・と念を押される(^-^;。一般道の走行ならまず問題は無いけど、たまにタイヤの様子を見て、もしまた空気が抜けているようなJAFを呼んでくださいと。何度呼んでもらっても無料ですから、安全第一でというありがたいお言葉。

Img_1041 JAFさんを見送ってからお店に連絡すると、前後ブリジストンで揃えるのなら在庫が無く明日になるとのこと。でもメーカーが前後で違ってても良いのなら本日対応可能と。もうこの際前後のタイヤでメーカーを揃えることになんてこだわってもしょうがないので、本日中の対応を優先。たまに様子を見ながら高槻を目指します。

お店には14時前に到着。さっそくタイヤ交換にかかってもらいます。お店の中に展示されているH2SXSE+を眺めたりして待ちます。

Img_1042

タイヤ交換完了したのは15時前。ちょうどセール中とのことでダンロップのロードスマート2に交換。リアは純正のブリジストンS21のまま。ま、レースするわけでは無いので全然問題なしですね。

578038330621005_01

ちょうどCB13先輩から連絡があり、本日はもう合流不可ですと。鈴鹿も風が強く、午前中に転倒者もでたりと荒れ模様な様子。こうして10連休の初日は、したくもないフロントタイヤの交換で1日が終わってしまいました・・・

ま、でも初JAFのロードサービス利用したり、レッカー移動したり、ある意味貴重な体験ができた!という前向きな気持ちで、残り連休も楽しく過ごしたいと思います!

ちなみにフロントタイヤの交換に特殊な工具が必要なのか聞いてみましたが、大きめのレンチが必要ではあるけどバイク屋的には特殊というほどの工具でもないようでした。あ、あとフロントタイヤがパンクって珍しいようで、そういう点でも貴重な体験だらけの1日でした。

最後に・・・路側帯はいろんなモノが落ちていますので走行は控えましょう

 

| | コメント (0)

2019年3月24日 (日)

コーヒーブレークミーティング2019

H2SXが納車されてから冬本番でなかなかツーリングらしいツーリングへ行くことができていなくて・・・ちょうどカワサキコーヒーブレークミーティングが岡山国際サーキットで開かれるその日に兵庫の実家へ行く用事があったので、用事は午後からということで午前中にさらに西へ足を伸ばして行ってきましたよ!コーヒーブレークミーティング!!

開始が10時からに合わせて3時間もあれば着くかな?ということで7時に出発。高速を走りながら途中でクルーズコントロールを本格的に試します。納車後に試した時は、アクセルを離してるのに勝手に走って行く状態に違和感アリアリでしたが(^-^;、これが慣れてくるとまあ便利!楽ちん!クルーズコントロール最高です!

それにバイクに乗り始めてからずっとZZRシリーズを乗っていたので、カウルのありがたみがいまいち実感できていませんでしたが、一度ネイキッドに乗り換えて、またフルカウルのバイクに乗るとカウルのありがたみが実感できます! フルカウルの効果は高速走行時に絶大な効果を発揮することを今更ながら気がつきました^^;。

というわけで、クルーズコントロールとフルカウルのおかげで楽々姫路を越えて岡山入り! 最後は少し下道を走って、岡山国際サーキットに近づくにつれてバイクの台数がぐっと増えます! 久々の長距離走行にのんびり流していたら・・・ふと気づくと後ろにとんでもない数のバイクを引き連れていました(@_@)。こいつはいかんというので、脇によって速そうな皆さんには道を譲って先に行ってもらいます。

そしてちょうど10時頃岡山国際サーキット到着! 駐車場には既にとんでもない数のバイクが!!

Img_0996
まずは目に付いた列にとりあえず並びます。最初は受付の列かと思って並んだのですが、どうもマグカップを購入する人たちの列だと途中で気づく(^_^;。でもどのみちマグカップは購入するつもりだったので問題なし。無事にマグカップ購入!
Img_0994
ちゃんと購入した新品カップを洗うため?の水も用意されていましたが・・・面倒くさいので箱から出してそのままコーヒー注ぎます! 結局3杯ほどコーヒーを頂いて、会場内をウロウロ。
そして次々にアイテムゲット! kaze会員が引けるスクラッチで当たったボールペン。
Img_0999
革ジャンプレゼントに応募するともらえたシール。色が何色かあって選ぶことができます。私はもちろんカワサキグリーンを選択。
Img_0997
その後はサーキットを走る車を観戦。
Img_0995
そして今度はトイレにできていた長蛇の列に並ぶ。そりゃコーヒー3杯も飲めばそうなりますよね・・・(^-^;
トイレを済ませた後はボッチですので、とっとと退散します。
帰りの高速も楽々です! 以前のZ1000では高速を長距離走ると、右手がしびれてくるし、風圧はすごいし、道は単調で面白くないし、お世辞にもあまり走りたいとは思わなかったのですが、H2SXの高速走行の快適性はスバラシイ!!これならどこまでも走って行けそうです!
それにしてもスーパーチャージドエンジンの200馬力と聞くとものすごく乗りにくそうな雰囲気で身構えてしまいますが、てんこ盛りの最新電子制御のおかげもあってか非常に乗りやすいバイクです。個人的には今まで乗った中で一番扱いやすく、乗りやすいです。まるで運転がうまくなったかのような錯覚を起こしてしまいます。クソ高い価格とクソ重たい車重を除けば超オススメです!!

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

RSタイチ電熱グローブ

電熱グローブは、コミネさんの神対応のこともあって、ずっとコミネ製を使っていましたが、昨年何気なくバイク用品店に展示し、通電してあったRSタイチ製の電熱グローブに手を突っ込んだところ・・・

 めちゃ暖かい!・・・と言うより熱っ!

と衝撃的な暖かさに、今年ついに買ってしまいました! RSタイチ製の電熱グローブ!!

Img_0976_01_3
あの衝撃的な暖かさは、たぶんというか間違いなく12V給電していたからだと思います。そう思うモノの・・・

 他人の庭の芝生は青く見える

・・・というわけで、ひょっとしてRSタイチ製の電熱グローブはバッテリー駆動でもコミネ製よりも暖かいのでは?という思いがぬぐいきれないのと、バイクがセパハンのH2SXになったためもあってか、親指の先がグローブの中でつっかえて痛むことがあり・・・コミネ製はXLサイズでも親指の長さがわずかに短くて先にも余裕が無いので・・・RSタイチ製の電熱グローブに手を出してしまいました・・・。

そしてまずは結論ですが・・・

 バッテリー駆動なら暖かさはどちらも大差なし

ですね(^-^;。コミネ製は12Vで試したことが無いのでわかりませんが、確実にバッテリーよりも暖かいと思われますので、電源が同じならたぶんどちらも大きな差は無いと思います。

では電熱抜きにグローブ単体の防寒性能は?ですが、こちらも

 大差なし

が結論です。コミネ製もRSタイチ製もただのグローブとして見てもなかなかの防寒性能です。電熱無くてもそこそこの防寒性能があります。防寒グローブとしてのゴワゴワ感はいずれも同等です。

バッテリーのもちは、それぞれ純正バッテリーだとややコミネ製の方が長持ちするような気がします。正確に比較はしていませんが、なんとなくのレベルですので大差ないと思っておいてもらえれば良いかと・・・いずれもほぼ仕様通りの持続時間です。

では何が違うか?

スイッチの操作感はRSタイチの方がスイッチを押した時のクリック感がはっきりとしており、良好です。が、少し押されただけでも簡単にスイッチが入ってしまうため、何気なくグローブを重ねて持っただけでも、スイッチ部が押されるとスイッチが入ってしまうことがあるので要注意ですが。

あと、バッテリーの収納部の口はコミネ製はマジックテープですが、RSタイチ製は防水(っぽい?)のジッパーです。

で、最大の違いは手首から袖口までの形状でしょうか。コミネ製は手を入れる入口部分から手首までが広くて短い(短いと言ってもRSタイチ製に比べてであって、普通の防寒グローブからするとやや長め)のに対し、RSタイチ製は入口から手首までが長くて狭い(細身)です。いずれもこの入口から手首までの部分にバッテリーを収納するので、幅広のコミネ製は良いのですが、細身のRSタイチ製は左手に腕時計をしていると、腕時計とバッテリーが干渉してうっとーしいです。コミネ製では腕時計付けたままでも何とかなりましたが、タイチ製では耐えられなくて腕時計外してグローブはめてます。

ちなみに私が買ったコミネ製のロンギヌスは非常にタイトな作りで、グローブのサイズはLサイズな私でもXLでなくてはきつくて、XLでもまだ親指の長さがちょっとだけ足りない感じですが(今のモデルはどうか分かりませんのでぜひ試着を)、RSタイチ製はLサイズで少し余裕があるぐらいで問題ありません。

というわけで、どちらを選択しても、電熱グローブとしての性能に大差は無いです。あとはデザインとメーカーの好み、将来性(将来にわたってバッテリーの互換性が保証されるかなど)、オプションパーツ類(12V電源用のパーツなど)で決めれば良いのでは無いでしょうか。

私ならどちらを選択するかですか? サイズの問題さえ無ければコミネ製かな?

ちなみに以前作った自作電熱グローブ用バッテリーはちゃんとRSタイチ製でも使えます! 

Img_0977_01_2
ただ配線の長さが少し長くて・・バッテリーポケットからはみ出しちゃいますが(^-^;。

Img_0978_01
※あくまでも個人的な感覚の話ですので、購入の際の参考にしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

SENA 30Kというやつ

あまりネットでは見かけないSENAのインカム30Kのお話でも。

SENAのインカムは、そのデザインと性能が気に入って愛用していますが、その最上位グレード30Kについてです。

Img_0964_01
ネットでは良い話しか見かけないのですが・・・結論的には

 20Sの方がオススメ

です。なぜか? 一番の問題は30Kの売りであるメッシュでの接続時にけっこう頻繁に音声が途切れ途切れになって聞き取れない事象が起こるからです。

問題なく繋がっている時は音声もクリアで、バックではスマホナビの音声も聞けて非常に良いのですが、なぜかけっこう頻繁に会話の声が途切れ途切れになって聞き取れない現象が起こります。

原因ははっきり分かりません。ちゃんと聞こえる時は聞こえるのですが・・・

仕方なくメッシュでは無く、通常の接続では安定して何も問題ないところを見ると、やはりメッシュ接続に問題があるようです。

はっきりとは言えませんが、3台の30Kで接続時に先頭を走る私と後ろ2台との間がよく途切れているような気がします。そう思うと、真ん中には初心者を挟んでいますので、3台の間隔を見ると、私と2台目はやや距離が空き気味、後ろ2台はそれよりは接近している? 距離の関係かなぁとか思ったり。でも仕様的には全く問題になる距離じゃ無いはずなんですけどね。

単独で使って、音楽やナビを聞いている分には全く問題ありません。音質も20Sよりクリアな感じです(個人的な好みの範疇ですが・・・)。

ネットで評判を見ても、良いことしか書いて無くて、たまに音声の途切れのことに触れている記事もありましたが

 たまに音声が途切れることもあるが、問題ない範囲だ

・・・そうで・・・いやいやこれは個人的には十分問題な範囲です!

まだメッシュでの接続も数回した程度なのではっきりとは言えません。なかなか3台の30Kが揃わないので試せないのですが(^-^;、また次回30Kが集まった時にメッシュ接続を試してみて、いろいろと確認して、SENAへも情報提供(苦情・・・というか改善要求?)しようかと。

というわけで、どうしても8人以上で会話したいとか無ければ、20Sの方が性能も安定しているし、価格も安いし、高機能だし、オススメです。

今30Kを選択する理由としては・・・デザインと・・・最新機種という優越感?・・・ぐらいかな?

SENAさんのことなので、バージョンアップで改善してくれることを期待していますが・・・まだあまり30Kでメッシュ接続するケースが少ないのかもしれませんが、同じ問題を感じている方いないのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月18日 (金)

1ヶ月点検

昨日会社のパソコンで天気予報を見ていると、本日金曜までは非常に天気が良い模様。それに有休消化のためにここらで1日休暇を取りたいなぁ・・・土曜からは天気良くなさそう・・・というので昨日の朝思いつきで休暇を申請! どこか走りに行って、1ヶ月点検に行ければ行こうかなと。

Img_0935_01_3
ところが! 昨日カワサキから送られてきた点検無料クーポンを見ていると

 使用期限:登録から50日以内

という文字が! まずい! 既に40日ぐらい過ぎてるし・・・

というわけでツーリングは点検後に行ければ行くと言うことで・・・

納車の時に、「初回点検は特に予約要らないよ~」なんて気軽に言われたので、かなり気軽に考えていましたが、そんわけないやろうと、バイク屋の近くまで行って休憩に入ったコンビニから、

 これから行きまーす!

っていちおう社会人の常識として連絡すると

 午前中は点検の予約が入ってて・・・昼からなら空いてます

はぅ・・・やはり・・・(-_-;やはり・・・世の中そんなに甘くなかった・・・なんでもH2SXはちょっと時間も余分にかかるので予約しておかないとやっぱダメみたいでした・・・で、気を取り直して、これからどうするか考えます。

このとき10時過ぎ。点検は13時から。3時間弱・・・どこに行けるかなぁ?と思ってしばし悩む・・・

で結局、新名神で宝塚まで行って、そこから六甲方面へ行って、くるっと再び高速で帰ってくればちょうど良い感じ?ということで出発。

川西の有料道路を抜けて、新名神に乗ります。が、ここが融雪剤で道路が真っ白!!

宝塚SAでトイレ休憩後、スマートICから降りて宝塚の市街地を目指します。ちょうど六甲の麓まで来たところで意外と時間がかかったことに気がつきます。宝塚北ICって市街地からかなり離れた山の中なんですよね・・・

このまま六甲の上まであがると時間が無い!と思い、手前の宝塚西高前にてUターン。今度は中国道の宝塚ICから茨木ICまでワープ。ちょうど13時の10分前ぐらいにカワサキプラザ到着!

なんでもH2SXは初回点検時にスーパーチャージャーのインペラの点検もするとのことで初回点検も通常の倍の2時間ぐらいかかるとのこと。そういえばインペラの点検には別途料金(1万円ぐらい?)をとられるような話をネットで見かけたので聞いてみると・・・

 こちらではすべて無料です。

とのこと! カワサキプラザではどこもとってないはず?だそうで。「確かに他所では別途料金を取っているお店もあると聞きますが、うちはカワサキからの無料チケットでもってすべて無料でしています」とのこと。

カワサキプラザで良かった! でもお店によって違うというのもなんかアレですなぁ・・・そのへんってカワサキから指示無いのでしょうかね?

そんな感じで思わず想定外に費用が浮いたので、オイルも最強グレード入れちゃいます!

91yg0x7y83l__sl1500_
2時間ほどお店の中うろうろしたり、ぼーっとしたり、スマホ触ったりして過ごします。最新のZ1000もかっこいいなぁー(*^-^*)

Img_0950_01_2

並んでいるZ900RSをながめつつ、所々パーツが異なっているのに気づき、間違い探しをしてみたり・・・

Img_0951_01_3
やがて点検終了。点検後にはカワサキからの指示もあってか?点検中の写真を見て結果を説明してもらいます。

 異常無し!

・・・ま、異常あったら怖いですがね(^-^;

というわけで897kmと1000kmにはちょっと足りませんでしたが、無事に点検終了。ぼちぼち回していきますよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

H2SX SEというバイク

この正月休み中に1000km走って、正月明けには1ヶ月点検に行くはずが・・・ようやく750km・・・どういうことだぁ!

Img_0930_01
12月もクリスマスまでは良い感じに暖かかったので、この調子で正月も暖かいとふんだのですが、そうは甘くなかった・・・。

ちょっと山の方へ行くと、朝一にはきっちり凍結温度まで気温が下がってます。最悪です。どこへも行けません。というか凍結しない街中は走れますが、街中の平坦路をひたすら走っても何も楽しくありません・・・。かろうじて本日は京都の日吉ダムまで行きました。

Img_0944_01
というわけで距離が伸び悩み状態に。まあ、でもそろそろ800kmだし、来週には点検に行こうかと。

まだ800km超えていないので、基本は4000回転ですが、最近我慢できずにちょこちょこ6000回転ぐらいまで回しております。まあ、そんなに神経質にならんでも大丈夫でしょうということで。そこで4000回転縛りながらも感じたところをつらつらと・・・

<姿勢>
思ったほど前傾はきつくないです。当然Z1000より前傾ですが、大幅に前傾がきついということはなく割と違和感なく乗れています。
ちなみに足つきは良好。身長174cmで足はたぶん短足系ですが、それでもかかとが僅かに浮く程度。ほぼ両足べったりな感じです。
まだ長距離らしい長距離は走ったことがないのでわかりませんが、思ったほどしんどくなさそうです。シートもクッションありますし、長距離でも疲れなさそうです。

<エンジン>
2000回転ぐらいまではガサガサとカワサキ車らしいがさつな感じがしますが、2000回転ぐらいから上は恐ろしくスムーズに回ります! おかげでハンドルの振動もわずかで右手が非常に楽です。さすがに高価なエンジンだけあって精度も他のエンジンと違うのかなと勝手なことを思ったりしていますが、別格のスムーズさに感じます。
ただしちょっとアクセル操作をラフにしてグワーンと回すと・・・さすがスーパーチャージドエンジン!とんでもない暴れん坊であることが垣間見えます(まだ本気を見たことがないですが・・・このエンジンの本気を見るのが恐いぐらい)
で、Max200馬力ですので、全域にわたってZ1000よりもパワフルに感じますが、4000回転以下では非常に扱いやすいです。

<ハンドリング>
もうなんでしょうね?とにかく軽快。もちろん車重が車重ですので、Z1000のようにヒラヒラとはいきませんが、コーナーでの倒し込みは非常に自然。無理に倒さなくても気がついたらしれっと倒れ込んで曲がっている感じ。どこまで電子制御系の恩恵があるのか分かりませんが、運転がうまくなったかのように錯覚してしまいます。

<ブレーキ>
非常にマイルドな効き味ですね。急ブレーキは掛けたことがないせいもありますが、普通にレバーを握りこむとガツンと言う感じはなく、スムーズに減速できる感じです。
ちなみにレバーは最も近くしてちょうど良いぐらい。いちおう私の手は、グローブはLサイズで、指も短い方ではないつもりでしたが・・・今までのバイクだと調整機構の真ん中か、1段階近づけたぐらいがちょうど良かったのですが・・・。

<ここはいまいちか・・・>
まず最初気になったのはステップの位置。両足を下ろすとちょうど膝裏の下、ふくらはぎのあたりにわずかに干渉し、ジーンズがからまるというか引っかかってちょっとうっとーしいです。ま、慣れればなんてことは無いですが。

次にシフトチェンジですが、最初は1速からはほぼ100%ニュートラルに入りませんでした。ただ2速からは簡単にニュートラルに入るので困りはしないのですが、やはり1速から直でニュートラルには入ってほしい。と思ったら、400kmを超えたあたりから、エンジンが暖まれば7割ぐらいの確率で1速からニュートラルに入るようになりました。現在はエンジンが暖まれば、大体入るようになりました。
あと・・・Z1000の時にあまりにもシフトチェンジが静かでスムーズなんで、カワサキも変わったもんだと思いましたが、H2SXは1速に入れると懐かしの「ガチャコン!!」ととんでもない大きな音とショックがあります。

ステップにはツアラーらしく?ラバーが貼ってありますが、Z1000のステップは金属製だったのでステップ上で靴底を滑らせて靴の位置を調節できたのですが、H2SXはラバーのおかげでいったん靴をステップに乗せると靴底は滑りません。

Z1000のステップは金属製。ツルツルです!

Img_0948_01
H2SXのステップはラバーが付いてますので靴底滑りません!

Img_0963_01
最初はステップ上で靴底を滑らせて微妙な靴の位置調整ができないので違和感アリアリでしたが、これも慣れの問題で、今はあまり気にならなくなりました。そういえばZ1000は最初の頃、ステップの上で靴が滑るので慣れるまでしっくりこなかった記憶が・・・慣れとは恐ろしいモノです(^-^;。

それとこれまでのバイクは冬でも最初に暖機して一度エンジンが暖まれば、エンジンを切って冷えない限り信号待ちなどのアイドリング状態の時に再度エンジン回転数が上がって暖機することなどなかったですが、H2SXは冬場に調子よく走っていると景気よく冷やされ水温計が60度台に下がります(夏場を考えて冷却能力が高いのでしょうか?)。すると、信号待ちなどのアイドリング時に2000回転ぐらいまでアイドリングが上昇し暖機します。
アクセルを戻してもグワーンとエンジンが回っているので・・・最初はなんで回転数が上がるのか分からなかったんで、???でしたが。水温計を見ていて納得。

TRCとかパワーモードなどもいろいろ試しましたが、制御の介入が増えるほどなんか違和感があり、結局パワーモードはF(フルパワー)、TRCは1(最も介入度合いが小さい)が一番しっくりきます。

あとは最近のシートバッグは、固定ベルトをシート下に挟む物が多いですが、シートの固定も精度良く作られているせいか、下手にベルトを挟んで無理矢理タンデムシートを取り付けると、鍵を回せなくなりタンデムシートを外せなくなります・・・写真の赤丸の位置はシートと車体の間に全く余裕がないので、ここにベルトを挟んで無理矢理シートを固定しないように! Z1000のタンデムシートなんてユルユルで隙間ありまくりだったんですけどね(^-^;。

Img_0957_01
タンデムシート裏のこの部分は車体側に跡が残るぐらいですので、シートを取り付けた際には隙間がありません。というわけでここにベルトを通しちゃうと容易にはシートがはまらなくなり、無理矢理シートをはめると今度は鍵が回らなくなりシートが外れなくなります!

Img_0958_01
シートががっつり固定されて解錠できなくなった鍵を無理矢理回そうとして、危うく鍵をねじって変形させてしまいそうになりました・・・幸い何とか無事に外せましたが、注意しましょう!

この位置を外してベルトを配置すればOK!

Img_0959_01
ちなみに写真のベルトはタナックスのミニフィールドバックを固定するベルトを2本ずつ連結して、ゴールドウィンのXベルトっぽくしたものです(^-^;。

グリップヒーターは、スイッチオンでランプが点滅する回数(温度によって点滅する回数が変わり、
高温:3回点滅を5回繰り返し
中温:2回点滅を5回繰り返し
低温:1回点滅を5回繰り返し
・・・ちょっと分かりづらいです・・・できればキジマのヤツみたいにスイッチの点灯色で分かるようにして欲しいです。

あとはETCがカワサキオリジナルポーチ(?)に納められており、最初はおしゃれだなと思ったのですが・・・意外とカードの出し入れが面倒くさい・・・

Img_0917_01

サイドスタンドがちょっと長め? スタンド出したまま動かしていると、ちょっと左側に傾けるとスタンドをゴリゴリやっちゃいます・・・停車時も立ち気味? 傾斜地での停車には注意必要ですね。コーナーリングライトの関係なんでしょうかね? これ以上傾けちゃうとサイドスタンドで停車中に左側のコーナーリングライトが点灯しちゃうとか?

ざっとこんな感じでしょうか? いずれにせよいまいちな点なんて大した問題では無いので問題と言うほどでも無いようなことばかり! 
とにかく非常に乗りやすいし、アクセルを開けて加速していく時はまるで戦闘機にでも乗っているような・・・空気を切り裂いて加速していく感じがたまりません!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月16日 (日)

H2SX乗換え顛末記

いやはやH2SX良いバイクですね! 現在250キロほど走りましたが、Z1000に比べると排気量はわずかに少なく、車重も重いはずなのに、さすが200馬力! 回転数全域でZ1000よりパワフルです!!

そもそもH2のツアラーが出ると聞いた時点で

 絶対次はH2のツアラーに乗り換える!!

と決めていて、事前の予想ではネットにこんな赤のステキな予想CGが出たりして、

Kawasaki_h2_sx_red1024x719

 まじでこんなの出たら即乗換えだな・・・

と思っていたのですが(この予想CG、よく見るとH2のフロント周りにZZR1400のリア周りを合成して赤く塗っただけなんですが(^-^;)、でも発表されたのはコレ

18zx1002b_40rgn1drf3cg_a・・・緑やん・・・しかもライトが単眼・・・ツアラーは二眼がいいなぁ・・・やっぱりザク(モノアイ)も良いけど、主役はガンダム(二眼?)でしょ(^-^;。

それに先細りの純正マフラー・・・なんかかっこわるい・・・私は大抵純正マフラーのデザインが気に入ることが多いのですが、このマフラーだけは性能云々よりもデザインが×。それ以外はクルーズコントロールはついているし、何よりもスーパーチャージドエンジンですし、言うこと無しなんですが・・・とりあえず赤系のカラーが出るまで待ちだなということで、乗換えは見送ってここまで来ました。

話が変わったのは、10月の四国ツーリングの際に一緒に走ったZ1000君が乗り換えてまだ数ヶ月というのに

 ZX-6Rに乗換えを考えている

という発言を聞いてから。やるなーと思いつつ、ツーリングから帰って、何気なくZ1000の買取相場額をネットで調べると

 ローンの残債を買取額の方が上回っているんじゃない?

それにちょうど11月の2018ミラノショー(EICMA)でカワサキが新型を発表するというので、H2SXも2019年式の新カラーが発表されるかなと思ったら、出てきたのはH2SX SE+。カラーリングはグレーに緑のアクセントカラー。

さらに新型Versysも発表されましたが、SEグレードは緑と白。赤系・・・というか暖色系はオレンジがスタンダードグレードで出てきました。グレードはやっぱりSEが良いので、仮にH2SXで赤系のカラーリングが出ても、最近のカワサキの傾向を見ていると、ZX-14Rなど上位グレードは緑が採用されています。

 せっかく赤系のカラーが出ても・・・
 スタンダードグレードだったらイヤだな

そんな時ネットでH2SX用のアクラポビッチのスリップオンを見つけます。これが私の理想にぴったりなデザイン! が、よく見ると車検非対応で・・・ところが、近所のコンビニにH2SX SEが止まっているのを目にし、ちょうど夕方で薄暗かったのですが、キャンディ色のためかすごく深いグリーンできれいだなぁと見とれ、よく見るとあのアクラポのスリップオンが装着されているじゃないですか!

さっそくネットで調べると見た目は全く同じ、値段も同じ、でも型番が違うJMCA対応の政府認証品を発見!

Photo_4アクラポビッチ スリップオンマフラー JMCA対応
H2SX/SE(2018~)
(型番にJPがつくやつが車検対応です)

ちなみにヨーロッパではマフラーをアクラポ、パニアケースを装着したバージョンが

H2sx_uk
パフォーマンスツアラーというグレードで設定されています。イメージはこれを目指していますが、マフラーは黒の方が締まって良い感じです(^-^)。

さて、カラーも悪くない。マフラーも社外品で気に入ったものに交換する。となればもう乗換えを妨げる理由は無し!

と思っていると、カワサキプラザ高槻にH2SX SEが入荷の情報を聞きつけ、そそくさとカワサキプラザ高槻へ向かいます。

そして初カワサキプラザの高級感あふれる雰囲気に飲まれつつ、店内に入るといきなりH2SX SEが飾ってあります!・・・が、シートの上には

 成約済みのため触れないでくさい

の注意書きが・・・せめてまたがって乗車姿勢や足つきを確認したかったのですが。仕方ないので、2019年式のカラー情報がないか聞いてみようと。

店長さんに聞くとやはり赤系はなさそう・・・イギリスカワサキのHPでは2018と同じカラーが2019モデルとして掲載されていますね・・・やはり赤はないかなぁと思って話をしていると店長さんから

 H2SX SE即納できますよ

・・・? でも展示されているのは売れちゃったのでは?と聞いてみると、以前にオーダーした車両がもう1台すぐに入荷するらしく・・・さっそく見積と下取査定をおねがいしてしまいました!

とりあえずローンのことやらZ1000の買取のことなど検討してすぐに連絡するからと言って、この日は退散。

帰宅後、条件の良いマイカーローンを探しつつ、買い取り屋に査定の依頼をだしたり等々バタバタし、翌日には

 買わせていただきます!

とバイク屋に連絡していました(^-^;。今回は事前に試乗・・・もしくは一度ぐらいまたがって足つきを確認したりしてから買おうと思っていたのですが、結局一度も試乗もまたがりもせずに買ってしまいました。一度もまたがりもせずにバイクを買うという記録をまたもや更新です・・・。

さて、カワサキプラザ高槻は我が家から電車を乗り継いで1時間30分ほどかかります。Z1000は歩いて30分(電車とバスを乗り継ぐと待ち時間が長く40分ぐらい?(^-^;)のレッドバロンでの購入。たださすがにH2SXのような電子制御てんこ盛りで、デリケートなスーパーチャージドエンジンの整備を任せるのは、最寄りのレッドバロンさんは申し訳ないですが実はかなり技術力に不安があります。

Z1000を純正スリッパ-クラッチに交換するため、カワサキ専門店に預けた時、ETCの配線がよろしくないことを指摘され直してもらったことがあります。他にもこのバロンでは中古のKSR2やZZR1100を購入しましたが、そのたびにあり得ない基本的なミスを必ずやらかしてくれるので・・・店長さんや工場長さんはとても良い方なんですが・・・技術面ではどうも・・・確かにレッドバロンは国産から外車まで多くのメーカーのバイクを扱っているので、専門店に比べると不利なのは仕方の無いところかとは思いますが・・・

何せ200万オーバーのバイクですので、何かやらかされてはたまったものではないですから、今回のH2SX SEはちょっと遠いですがカワサキプラザでの購入にこだわりました。

それに現在は近くにカワサキプラザはありませんが、さすがに京都や大阪北部に1軒も出店しないということはないでしょうから、まあ、新しくより近いところにカワサキプラザができればサービスは共通で受けられるようなので、お店をかえてもいいですしね。

カワサキプラザ高槻でも電車で1時間30分、バイクで1時間弱なら通える範囲内ですので、その技術力を考えれば許容範囲内です!

最後に・・・Z1000もですが、今回のH2SXも当然ローンです。以前はローン組んでまで買う物じゃ無いと思ってましたが、薄給のサラリーマンが小遣いを貯めて一括で大型バイクを買うというのはなかなか難しいです。それに最近ZZR1400の情報で頼りにしていた黒影さんが亡くなっていたことを知り、また身近にも若くして事故に遭ったり亡くなったりする話を聞くと・・・やりたいことは可能な範囲でやっておきたいなと。後悔ないように人生は送りたいものだと思うとローンというのも生活に支障が出ないのであれば選択肢としてありかと。銀行系のマイカーローンなら名義も自分のものになりますしね。
このへんは賛否両論ありそうですが、いずれにしても人生悔いの無いように送りたいものです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 8日 (土)

H2SX SE納車

久々にひたすら早く日が過ぎないかと子供のようにワクワクしながら待ち望んだ日がついにやって来ました!

 そうです!本日はH2SX SEの納車の日です!!!

今回はカワサキプラザ高槻さんにお世話になります。まあ、なんでわざわざ自宅から電車を乗り継いで1時間30分もかかるお店で購入したかは後日詳細に書くこととして、開店と同時にお店に飛び込みたいところでしたが、土曜の朝は家族の朝食であるパンの買い出しに近所のパン屋に行かないといけなかったりなどなど、するべきことを済まして家を出たのは10時前。

電車を乗り継ぎ、もう少しでお店の最寄り駅というところでなにやら事故で電車が遅れ気味な様子。バイク屋さんからいつ頃来れるかと電話がかかってきたりしつつ、着きましたよ! カワサキプラザ高槻さん!

Img_0903_01
お店に着くとさっそく納車の儀式(書類の確認等々)が始まり、そしてついにご対面!

これまで緑系は遠慮してきた私ですが、このエメラルドブレイズドグリーンは落ち着いた緑で、キャンディ色のため光の当たり具合で色合いが変わりとてもキレイです(*^-^*)。

簡単にボタン類の説明など受けて納車の儀式完了!

またがってエンジン始動! ハンドルを握るとやや前傾。でもそれほど違和感ない感じ。ZZR1100からZZR1400に乗り換えた時は、あまりのハンドルの低さと腰高感に、

 こいつはやべえバイク買ってしまった(@_@)

と慣れるまで大変そうだと、おっかなびっくり自宅へ乗って帰ったものですが、H2SXは確かに前傾ですが、腰高感はなく、Z1000よりちょっと前傾がきつくなった程度の感じです。

アクセルはそーっと、でブレーキが・・・全然効かない(^-^;。ブレーキはローターもパッドも新品ですから、当たりが出るまで効きが悪いのは当たり前。でも冗談抜きに効きが悪いので慎重に走ります。

スーパーチャージドエンジンということで、どんな暴れん坊かと思いましたが、乗車姿勢が慣れないのはおいておくとして、低回転域は非常に素直で乗りやすいです! というか慣らしの4000回転以下では、

 ごくふつーの乗りやすいバイク

です。拍子抜けするぐらい乗りやすいです。ほんとにただの乗りやすいバイクで、

 これ本当にスーパーチャージドエンジン?

って思うぐらいです。途中、さっそく高速道路にも乗ってみます。6速4000回転でちょうど100km/hぐらいです。そして久々のセパハンのバイクなので、コーナーの自然な倒れ込みに感激しつつ、クルーズコントロールを試します。でもクルコンのボタンを押してもちっともスピードが固定されません? ただ一度だけ偶然セットできたのですが、これは楽ちんですね!クルーズコントロールのためにH2SXを選択したといっても過言ではないのですが、これはスバラシイ! ただ・・・

 もしこのままリセットできなくなったらどうしよう・・・

という考えが頭をよぎり、またアクセルを握っていないのに走っているという状況に何か落ち着かなくなってきて、早々に解除。でもこの後二度とセットできませんでした。(帰宅後に取説を確認したところ、クルコンのボタンを押してから、その下のSETボタンを押さないとダメだったのでした)

やっぱり高速はカウルがあると全然楽ですね! それに重量もあるので安定しているし、さすがです! でも何というか・・・ZZR1400の圧倒的な重厚感とは何かちょっと違う感じです。やはり400ccも排気量差がありますから、そこはやっぱり998ccなんでしょうね。

ブースト圧は2500回転あたりからかかり始めますが、4000回転ぐらいからグワーッといきそうな雰囲気を醸し出していますが、いまだ体感できず。

で、とりあえず100キロほど走りましたが、慣らしの段階の4000回転以下での印象は

 ただの乗りやすいバイク

です(^-^;。せめて6000回転まで回してみたいものです! でも帰ってから首が痛くなりました。やはり前傾姿勢になれるまではしばらくあちこち変なところが疲れそうです。

565940805523013_01

565940822309229_01_2

565940841556027_01

565940861573835_01

Img_0913_01

Img_0914_01

Img_0915_01

Img_0916_01

Img_0917_01
SEだとほぼ必要なオプションが装備されているので、買い足すものがありません。唯一気に入らないマフラーもアクラボのスリップオンに換えちゃいましたし、パニアもつけたので完璧です。

唯一後から換えたいなと思ったのはレバーでしょうか。Z1000では純正のスリッパ-クラッチに交換し、レバーをUKのツーリングレバーに交換していましたが、それに比べるとクラッチが重いです。レバーを換えればもう少し軽くできるかなと思いますので、いずれUKからH2SX用が出れば交換したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ブログタイトル変更