« 2017年1月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月29日 (土)

今年も来た!来た!来た! 2017 Bike!Bike!Bike!

さてさて今年もやって来ましたこの時期のアレですよ!アレ!

そうここ2年連続参加の鈴鹿サーキットを自分のバイクで普通の装備で走れちゃうイベント!

BIKE!BIKE!BIKE!

名古屋の天気予報が昼から降水確率が上がっているのが気になりますが、朝はそこそこ良い天気! まあ、降っても大したことにはなるまいと、カッパだけはしっかり持参で行っちゃいます。

今年はいつものCB先輩とCB先輩の会社の後輩・・・ということはつまり私にとっても会社の同僚ということになりますが、お仕事では全くかぶっていないのでお初になる方です・・・の3台でエントリーです!

9時に名神高速の草津SAにて待ち合わせ。私は、どうせ嫁さんは朝飯なんて用意してくれるどころか起きてすら来ないので・・・朝飯を草津SAで済まそうと早めに出発。

さすがGWだけあってやや渋滞気味。でも無事に8:30前には到着。するとすでにCB先輩が到着していて朝食中。コンビニで朝食を調達し、一緒に食べながら残り一人を待ちます。

やがて9時前に残り一人も到着。この方はホンダのCB1100に乗ってます。なかなか渋い趣味ですね~というわけで以降CB11さんと呼ばせてもらいます!

若干道路は交通量が多めでしたが、渋滞するほどでも無く1時間ちょっとでサクッと鈴鹿サーキットに到着。ただいつもなら入場ゲートにバイクの列ができていて、迷わずゲートイン!できるはずが、今年はバイクが少なくて入り口入り損ねてUターン。昨年は入場するにも長蛇の列でしたが、全然すんなり入れてしまってかなり違和感を感じました。

駐輪場にバイクを止めて、さっさとブリーフィングを受講。シールをもらってスクリーンにペタッと。昨年はミラーに貼れって言われましたが、今年はライトに貼れと。ミラーは表面はざらざらでくっつきにくくてはがれやすかったからでしょうか?

やっとパドックに向かうとなんとすでに14:15の枠まで埋まっており、私たちが止めたのは14:30からの走行枠。・・・まだ11:30ぐらいなんですけど・・・それに昨年はパドック周りはバイクであふれかえっていましたが、なんか今年はえらくすっきりしている感じがする?

仕方ないので、イベント会場で昼飯をすませ、トライアルショーや展示を見て回って時間をつぶします。そしてやっと時間になったのでパドックへ移動し準備してコースへGo!

Dsc_17042900

・・・ただ、途中やたら風が強くて走りにくいのなんの! しかも2週目に入ってからは雨まで降り出すという・・・最悪・・・しかも途中でコース脇に置かれたクッション材が風に吹かれてコース上にコロコロと・・・なんだかなぁ・・・

走り終わってパドックへ向かうと16:15走行枠に入ることができました。しかし天候は強烈な風と雨(-_-;・・・これは走っても楽しくないなぁ。

雨雲の動きを見ているとちょうど16時頃にサーキット上空を雨雲が通過する模様。うまくいけば雨雲が通り過ぎた後に走れるかも?

そして14分遅れの16:30頃パドックを出たときは雨も上がって風もやんでいました(^-^)v。

Dsc_17042901

Dsc_17042902_2

Dcs_17042903_2

Dsc_17042905
2回目はそこそこ気持ちよく走ることができ、気分良くコースを出て、そのまま帰路に。途中、草津SAにて休憩し、解散となりました。

やはり午前中に走ろうと思うともっと早く出るか、前乗りしないとダメなんでしょうかね。私はもっと早く出ることはできても、他のメンバーは滋賀北部と姫路からなんで・・・大変ですからね。

ところで今回は3名と言うことで困ったのがインカムでした。CB先輩もCB11さんもインカムはSENAのSMH5です。私が10Sですので、ネットを見ていると10Sを中継して3台同時通話できるのではと思ったのですが、なかなかうまくいかず・・・。CB先輩がLINE電話のグループ同時通話を使えばうまくいくのではというのでやってみましたが、うまくいかず。なんかものすごい雑音に音質がひどくて使い物にならない感じ。

で、帰宅後ネットを調べていて見つけたのが、SENAのRideConnectedというスマホアプリ。同時通話人数や距離に縛られないという宣伝文句。どうもデータ通信で音声通話するというところはLINE電話と原理は同じようですが、何せSENAの出しているアプリですので、ちょっと期待! 今度使ってみたいと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

ロングライドイベント出るぞ!・・・の矢先に

実はLOTOが納車された3/31から遡ること2日の3/29。

職場で退職する方の送別会があり、酔っ払いとなって帰宅した夜のこと。かすかな記憶でどこかで段差を踏み外し右膝にかなりの衝撃が加わったような・・・帰宅途中だったような、帰宅後の家の中だったような・・・どこでだったかはさっぱり覚えていませんが、右膝に衝撃が加わったことだけはなんとなく覚えており、翌朝起きたときなんとなく右膝のチェックなどしてみたりしていました。

翌朝は特に痛みも無く、なんとなく衝撃が加わった後味だけは残ってましたが気にするほどでもなかったので、気のせいかなとその日はすっかり忘れていました。

ところがさらに翌々日・・・なんか右膝が腫れているような気がする? 関節が腫れてとても曲げにくいという違和感はあるものの痛みは無い。最初は膝の靱帯を痛めたのか?と思いましたが、痛みが無いので「何だろうなぁ?」と思いつつ翌日はLOTOの納車だというので、これまた途中から忘れてました。

そしてLOTO納車後の4/1。早速LOTOに乗るぞ!!と張り切っていたのですが・・・なんか右膝があきらかに腫れているんですけど・・・でも自転車をこいでも痛みは無い? というのでちょこっとだけLOTOに乗って、この日はおしまい。

結局あきらかにやはり右膝が変だというので、会社から帰って近所の整形外科へ。レントゲン撮られたり、あちこち触られたり・・・そして最終的に下された診断結果が

右膝半月板損傷(と思われる)!

・・・最初はなんで(たぶん)段差を踏み外して膝の皿(最初は半月板が膝の皿のことだと勝手に思い込んでいました(^-^;)が?と思いましたが、半月板って膝関節の間に挟まっているクッション材みたいなモノのことだったんですね。上から見ると半月板形状をしているので半月板と言われているそうで、決して膝の皿のことではないとこのとき知りました。

骨も異常ないし、触られてもひどく痛む箇所が無い、触られて違和感を覚える箇所などなどの点を考えると半月板の一部を損傷した可能性が高いと。確定させるにはMRIを撮らないといけないらしいですが、症状の程度を考えるとそこまでしなくてもいいのではないかと。

骨折でもなく、靱帯損傷でもないというので、一瞬安心しましたが、先生の

「損傷した半月板は再生しませんから完治はありえません」

の一言に呆然・・・。

「3週間もすれば、今の症状はほぼおさまると思います」

「治る」のではなく「ほぼおさまる」とはいかに?

なんでも半月板には血管が通ってないので損傷した場合に再生することがないそうな。つまり傷ついた部分は傷ついたまま。周辺の炎症を起こして腫れている部分はいずれ落ち着いてきて腫れも引き、違和感も無くなるだろうけども、今回損傷した半月板は治らないと。

なんか治らないといわれるとちょっとショックです。しかもグランフォンド京都という初のロングライドイベントに申し込んじゃったところなのに・・・とりあえず3週間おとなしくしておくこととしますトホホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

イタリアンな洒落たバイク

ロードバイクとオートバイ・・・

どんだけ二輪が好きやねん!!

な状態になって、上り坂を自転車でのぼっている最中に何度もはきそうになりつつ(^-^;、

こんな坂・・・オートバイなら一瞬なのに・・・

と思いつつ、近所のツアーオブジャパン京都ステージのコースにも使われる道を走ったりして昔大学生のサイクリング部時代の感覚を徐々に取り戻しつつあったのでした。

となると! 出たいですよね~自転車のロングライドイベント!! で、いろいろと調べているとイベントの中には事前に自転車屋で点検を受けて車検証を発行してもらわないとダメなモノもあるようで・・・ネットで買った安物ロードバイクなんか点検して、証明書を発行してくれるスポーツサイクル専門店なんてあるのだろうかと不安になる。

そこでネットで近所の自転車屋を調べていると、とある自転車屋さんのHPに取り扱いメーカーのリンク先が貼ってあり、ロードバイクのメーカーなんて聞いたことの無い名前ばっかで、何気なく適当にポチポチと・・・

していると、とあるメーカーのカタログを見ていて

何じゃこりゃ~!!かっこえ~!!

と衝撃を受けたのがこのロードバイク。

Astra_ita

イタリアンなカラーがステキ! しかしお値段もステキ!! フレーム・フォークだけで 248,000円也!! 完成車となると普通二輪が買えそう(-_-;。

で、もうちょっと手頃なところで気に入ってしまったのがコレ。

Loto_w
同じくイタリアンカラーが良い感じです! 完成車で228,000円也・・・それでもこの値段かなり高い・・・。

ここからいろいろ調べました。このメーカーはBASSO(バッソ)というイタリアのメーカーでレースに積極的に参加したりしているわけではないようですが、ドイツではかなり有名で、ただ日本では知る人ぞ知る的なマニアックなメーカーなようです。マニアックと言っても本格的なロードバイクメーカーでもちろん私がネットで買った中国産の安物ZENOSとはモノが違います!
(BASSOもパーツはイタリアで作って、組み立ては中国だかでしているそうですが)

とはいうものの、まあとても買える代物では無いので諦めつつ、自転車雑誌など買い込んでロードバイクのことを勉強し始めました。これがですねぇ~知れば知るほど現在乗っているZENOSの問題点を知ることになってしまうという・・・。

そもそもZENOSは定価13万円ほどとメーカーはうたっておりますが、ロードバイクのことを知れば知るほど

この装備で定価13万はありえねー!

ということが分かってきました。定価13万クラスというと、自転車メーカーでもエントリークラスの価格帯ですが、自転車メーカーの同じ価格帯の自転車と装備を比べると明らかにZENOSは格下です。このことは「定価13万もするんだから、モノは確かだろう」と判断基準にした私にとっては致命的でした。

個人的に言わせてもらうと、ZENOSは定価7~8万が妥当かなと。ZENOSのネットでの販売価格は大体5~6万ですから決してぼったくられているわけではないです・・・ないのですが・・・そこを重視した私にとってはかなり裏切られた感が強かったわけです。まあ、定価なんて信じた私がアホだったというわけで・・・。

それとRD(リアディレーラー)は調整して何も問題なかったのですが、FD(フロントディレイラー)が問題ありあり! どんなに調整してもインナーは必ずチェーンがどこかに干渉するのです! よくよく見ると構造的に必ず干渉せざるを得ない感じに見えて・・・ネットで調べるとやはり問題があるようで、クランクをFDと同じシマノのクラリスに交換すると改善されるとのこと。どうもコストダウンのため、クランクを安物にしているために生じた問題のようです。

最終的にインナーの一番軽い状態でチェーンが干渉しないように調整しましたが、すると今度はチェーンがやたらと外れやすくなってしまい・・・なんだかんぁーって感じです。

ブレーキもネットでは効きが悪いとのことで、シューをシマノ製に換えて問題なく良く効くじゃん!と思っていたのですが・・・知らぬが仏とはこのことで、105以上のブレーキを一度でも体験した人なら、このブレーキは恐ろしく効きの悪いブレーキだとすぐに気づくでしょうね。ただ、そういうブレーキだと認識してそれなりのブレーキングをしていればちゃんと止まれますので、別に欠陥ブレーキというわけではないです。単にブレーキが安物で性能が低いというだけのことです。

というわけでZENOSへの熱は一気に冷めて、代わりに燃え上がるBASSOへの情熱!!

そんなとき思いがけず臨時収入の目処が立ってしまって・・・

Dsc_3128
やってきてしまいましたよ!BASSOのLOTO!!

ロード初心者がいきなりフルカーボンフレームのロードを手にしてしまいました!!

Dsc_3129
これで心置きなくロングライドイベント参加しちゃいますよー(^-^)v

タイトル見て「DUCATIにでも買い換えたのか!!」と思った方、紛らわしい表現ですいませんでしたm(_ _)m。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年5月 »