« グランフォンド京都2017出走直前に・・・ | トップページ | 淡路島一周(あわいち)ツーリング »

2017年5月14日 (日)

2017グランフォンド京都

グランフォンド京都は7時から8時の間にスタートすれば良いので、受付することも考えると6:30には会場に入りたいところ。我が家からは綾部の会場までは2時間ぐらいか・・・途中で朝飯休憩も考えると4時出発に決定。

ふと目が覚めて時計を見るとまだ3:30。もう少しで起きないといけないな・・・と気がつくと時計は4:15・・・やっちまったか!

4時に出発予定が結局家を出たのは4:30過ぎてましたね(-_-;)。

コンビニで朝食を購入し、高速道路で綾部へ。途中のSAで朝食とトイレを済ませます。SAの駐車場にもパラパラと自転車をつんだ車が止まってます。徐々にテンション上がってきます!

SAを後にして、なんとか6:40過ぎに河川敷の駐車場に到着。さて準備をしようと思ったそのとき、お腹に異変が!

SAで出すモノはしっかり出したはず(^-^;なのに・・・神様降臨です! お尻のあたりで早く出せ!と便意という名の神様が騒いでおります! まだウェアに着替えて、自転車を下ろしてとか準備しないといけないのに・・・ピンチです!かなりヤバい感じです! 困ったことに河川敷を利用した駐車場にはトイレが見当たらず、とにかく神様をなだめつつ準備を急ぎます。

何とか準備を終え、激しく波状攻撃をしかけてくる神様の攻撃に耐えつつ、スタート地点へ向かいます。スタート会場に着く頃はやや神様が大人しくなり、すかさずトイレを探しますが、見つけたトイレには長蛇の列が・・・とりあえず受付を済まして、仕方ないので列に並びます。何度か心折れそうな瞬間が・・・

もう無理・・・全く走らないうちに・・・脱糞リタイヤか・・・

という恐ろしい考えが頭をよぎりましたが、なんとか間に合いました! 荒ぶる神様を見事に白い器(便器)に放出し、ゼッケンをヘルメットに貼ったり、標語付きのゼッケン?を背中にピンで留めたりと出走準備を整え、なんとかスタートの列に並びます。

ちなみにゼッケンは何種類かある中から好きなモノを選べます。美山のイベントのまねっこだそうですが(^-^;・・・こんな標語のゼッケンをチョイス!

Img_0247_2

このときすでに7時を過ぎており、スタート始まっていました。十数台ぐらいずつ間隔をあけてスタートしていきます。私もたぶん7:15ぐらいにスタート! ついに初のロングライドイベントの始まりです!

綾部市街を抜けて田舎道へ。やがてゆるやかに上っていきます。そしてだいぶ坂がきつくなったなと思っていると第一の激坂の前で渋滞発生! 否応なしに足を着いて、自転車を押す羽目に。そして数十メートルほど一番の激坂を自転車を押してやりすごし、またこぎ出します。そして最初の峠である長宮峠をクリア。一番きつい坂を押してクリアしたので脚はまだまだ元気いっぱいです。

峠を越えた後も傾斜が急で路面は濡れており、気を抜くとつるっといってしまいそう。そのまま押して下っている人も多数いましたが、私はタイヤが新品でグリップが良いせいか、まっすぐ走るにはあまり不安を感じなかったので乗ったまま慎重に下ります。

ドンドン下って気がつけば第1AS(エイドステーション)に到着。まだ全然元気でしたが、ドリンクと飴などを補充。トイレも念のため行って、ここには15分ほど滞在して出発。

まだ前後にたくさん参加者がおり、道を間違えないように誰かにくっついて走るコバンザメ作戦も楽勝で実行できます。第1ASを出て上りが続きますが、まだ脚が元気なので意外と調子よく走り、気がつけば大簾峠をクリア。峠を下って、R27を横切ってから徐々に上り始めます。でもこの大したことのないはずの上りが地味にきつく・・・やはり確実に脚は削られているようです。

そして気づけば第2ASに到着。こちらではドリンクとバナナをいただきます。トイレは相変わらず列ができていますが、なんと一般の方の家の屋外のトイレを使わせていただいてました。なるべくキレイに使わなくては! ありがたい話です!

Img_0233
第2ASも15分ぐらい滞在し、誰か走り出す方がいればくっついていこうというコバンザメ作戦継続。なかなか出発する方がいなかったのですが、やっとお一人走り出されたのを確認し、少し離れて私も出発です! ところが・・・私よりペースのお早い方のようで(^-^;徐々に離されていきます・・・やばっ! 迷子になってしまうではないか! ・・・で、結局気がつけば初のぼっち走行に・・・ただここは道路に引かれたブルーラインをたどって行けば良いのであまり気にせず緩やかな上りをぼっちで走ります。途中左折する手前でお一人抜いて行かれて左折する交差点を確認できたのはラッキー!

そしてここからが徐々に本格的な上りに。上りになってふと気がつけば前後にたくさんの参加者がおり、気がつけばぼっち走行じゃなくなってました。この辺で走り始めて30~40キロぐらい。いつもの練習で走る距離を超えつつあります。脚も確実に削られています。坂の傾斜はそれほどでもないので漕ぎ続けられます。息は上がりますが、脚はクルクル回り続けてやっと菅坂峠クリア。ここからは一気に下って舞鶴市内へ。

この下りが予想以上に気持ちよく、車がほとんど通らないので一車線まるまる自由に使って下ります。ふっとサイコンを見ると52キロも出てました。それでも前にお一人いて、私的にはもう少し速度を上げられそうな感じ。下手すりゃオートバイより早いかも・・・。

以前のZENOSでは40キロも出すと下りは恐かったのですが、ブレーキは良く効くし、タイヤはがっちりグリップしてるし、50キロ以上出してもまったく恐くありません。いやしかし、このタイヤ良い感じです! さすがはミシュラン! 平坦では明らかに転がり抵抗は小さく、それでいて下りではがっちりグリップして大変安心感あります! 直前とはいえ換えて大正解でした(^-^)v。

下りきって平坦になったところで・・・前を走る方には下りでは余裕を持ってついて行けたのですが・・・当然のごとくちぎられます(^-^;。でもこのあたりは仕事で来たことがあるので土地勘があり、道に迷うことは無いのでぼっちでも全然オッケー。と思ったら信号待ちされてた方に追いつき・・・お先にどうぞって譲られてしまいました(-_-;。まあ、ここから海岸部までまっすぐなんで先頭を引いて走ります。やがて第3AS到着。

Img_0234

ここでは噂の肉じゃがをいただきます。肉じゃがって舞鶴発祥なんですね。おいしくいただき、他にもおにぎりなどいただき、やはりトイレに行ってから出発です! ロングコースの方はここから右手の半島部へ。私はショートコースなんで左手のゴール方向へ。ここでもコバンザメ作戦で前の方についていきますが・・・R27に出たとたんやはりちぎられました・・・もうお約束みたいなものです(-_-;)。みなさん速いです・・・途中でR27を右折し、海の方へ。このあたりで走行距離は60キロを超え、未知の領域へ。何せ一日に走った最長距離が平地のサイクリングロードを60キロ走っただけですので、この先どうなることやら・・・。

海沿いはぼっちで走行。再度R27に合流したところで信号待ちしていると後ろから続々と追いついてきます。信号青で誰か飛び出さないかなと思いましたが・・・誰も行かず・・・こんな初心者に先頭引かすなよ・・・と思いつつ仕方ないので行きますよ、行けば良いんでしょと走り出します。まあ、私はこの辺よく知ってますので道を間違えることはありませんがね。

やがて右手にとれとれセンターが見えてきます。ちょっと寄ろうかなと思いましたが、誰も寄ってませんでしたので私もスルー。この先、R27を左折してしばらく何も無い地帯に突入することを知っていましたので、最後のコンビニでトイレ休憩するつもりで走ります。

ただこのコンビニが、R27を左折する交差点を過ぎたところなんですよね。みんな間違えてついてきたらまずいなと思いつつ、左折する交差点を私はまっすぐ進んで左脇のローソンへ。でも誰も着いてきた気配が無かったのでみなさん間違えずに走っていったよう? その後、休憩しながら眺めているとみなさんちゃんと曲がっており、たまに私のように休憩でローソンに入ってくる方がいましたが、間違ってまっすぐ行っちゃう方はみかけませんでした。

そして私もルートに復帰し、走り出します。気づけばまたぼっちでした。でもここからは道は単純で間違えることは無いのでのんびりマイペースで走ります。このあたりは雰囲気が普段よく走っている京田辺の普賢寺の山の中と似ていて妙な感じだなと思いつつペダルを回します。傾斜が常識的な範囲内でなんとか登り切り、真壁峠をクリア!

ここからサクッと下って由良川沿いの平地をひたすらガンガン流していきます! しかし・・・本当に何もありません。軽いアップダウンを繰り返しつつ走っていましたが、このあたりで走行距離が90キロほど。脚はまだ少し残っていますが、お尻が・・・完全に割れました(xox)。あと前傾姿勢になると腕や肩に力が残っていなくて支えられず、サドルに座ってお尻で支えることになり、さらに深くお尻にダメージが・・・

もう体中あちこちヤバいというところで、第5ASが! 私、もうASは無いと思っていたので、こいつはありがたい!

Img_0235

まだそれほど参加者が到達していないためか、食糧が大変豊富です! おにぎりやら果物、野菜にこんにゃく等々モリモリいただきました。そして休憩しながらコースを確認していて・・・愕然としました(゜-゜;・・・まだこの後、峠があるやん!

しかもさっき越えた真壁峠よりも標高が高く、傾斜もきつそう・・・サオリ峠なんてかわいらしい名前がついてますが・・・走行距離90キロを超えて体中が悲鳴をあげだした状況で(特にお尻が・・・)この峠越えは心折れそうになります。地図を見てうんざりしつつ、とりあえず体を少しでも休めます。

そうはいっても、ここまで来てリタイヤなんて選択肢はありません。後は精神力で乗り切るしかありません。というわけで気力を振り絞って最後のASを後にします。

お尻の痛みは今更どうにもなりませんが、それ以外は調子よく走り、そして徐々に傾斜がきつくなっていきます。ついにやってきたか!サオリ峠!! ここまできたら越えてやるよ!とペダルを回します。最初は傾斜もそれほどでもなく、これならなんとか越えられるかと思ったのが甘かった・・・ぼちぼち自転車を押している人が出ている中で、なんとかこらえてペダルを回し続けていましたが、道を左手に折れ、立ちはだかる壁のような坂を見たときは・・・アカン・・・それでも頑張って足を着かずにペダルを回し続けましたが、先に見えたトンネルの中をなおも上っているのをみて撃沈。残りを押して行きます。

そしてトンネルを越えたところすぐが頂上。もう少し・・・あと50mほどだったのかと思いつつも、でももう少しだと知っていても今の状態であの斜度の坂を足を着かずに登り切るのはたぶん無理・・・ここまで良くやったよと自分を慰めつつ下ります。

しかし・・・最後の残り10キロの長いこと!! 軽いアップダウンを繰り返す基本は平坦路ですが、もはやアウターでガンガン行くような走りはできません。インナーでクルクル回すしか力が残ってません。もはや20キロ弱しかスピードも出ないという・・・全身限界状態でやっとゴール。

走行距離:114.74km
走行時間:5時間47分

Img_0240

ロードに乗り始めて4ヶ月とちょっと。累積の走行距離ではたぶん500キロ走っておらず、しかも最近1ヶ月はまともにロードに乗ってすらいなかった状態を考えるとよく頑張りました!

ゴールでいただいたお汁粉は最高にうまかった!

わざわざなんでこんなしんどいことしてるのかなと走りながら何度も思いました。確かにロードで走っているとオートバイとは共通しているようで、また違った気持ちよさがあります。ただそれだけにしては峠越えは割に合わないしんどさです。

峠越えはまさしく自分との戦いです。精神的にも肉体的にも追い詰められて、それでもなお心折れずにペダルを回し続ける・・・こういう緊張感から遠ざかってかなり立ちますが、人間にはこういうのって欠かせないのではと思ったり。
とうわけで次回ロングライドイベントは9/18の淡路島一周ロングライドに決定! 今度は150kmだ!

とりあえず・・・月曜から1週間ほど体がなかなか回復しませんでした。体の衰えも痛感してしまいました・・・。

さて、最後に今回のロングライドで装備面について感じたことを今後のロングライドに生かすため記しておきます。

・アイウェア
私は普段メガネ派です。コンタクトももっていますが普段は全く付けません。ロードも普段はメガネで走ってます。ただ今回はコンタクトにネットで2000円ほどで買ったアイウェアをかけて走りましたが、これは大正解でした。
スポーツ用は目に当たる風を完全に遮断してくれますし、当然ゴミなんかからも目を守ってくれます。おかげで目の疲労感を全く感じることがなかったです。風が直接当たるかどうかで疲労感が雲泥の差です。
度付きサングラスは高いので気安く勧められませんが・・・メガネ派の方にはメガネの上からかけるオーバーグラスもありますので、どうしようか悩んでいる初心者の方には絶対何か対策することをお勧めします。特に長時間走り続けるロングライドではアイウェアは必需品です!

・ライト
別に夜走るわけじゃ無いから・・・と高をくくってこちらの存在を知らせる程度のポジションライト的な小さなLEDライトしかフロントには付けていなかったのですが、これは大きな間違いでした!
ちゃんとしたライトも持っていますが、ブラケットの強度が若干不安だったこともあって、まあいっかと付けなかったのですが、途中のトンネルは古いトンネルもあり、やたらと照明が暗くて、中にはほぼ暗闇状態なんてところも・・・わずかな照明を頼りにほぼ真っ暗なトンネルの中を40キロ前後のスピードで走るのはとんでもなく恐かったです。
ちゃんと前方の道路を照らすことのできるライトが必需品です!
そしてリアはリフレクタもしくはオート点灯タイプ(もしくは常時点灯)に加えて常時点滅のライトを付けていた方がいいかなと感じました。

・ボトル
いちおうボトルも2本準備しましたが、この季節ならまだボトルは1本でOKでした。ポカリを満タンに入れたボトルはゴール後にまだ少し残っていたぐらいでした。
もし無くなった時は、自販機やコンビニで購入することが可能ですしね。

・ウェア
お肌はとっくに曲がり角を過ぎていますので、日焼け止め対策として夏用ウェアの半袖ウェア・長パンツに長袖インナーを着て走りましたが、ちょうど良かったです。
ただ若干インナーの袖が短くグローブまで完全に覆えず隙間ができたため、手首が腕輪をはめたみたいに日焼けしてしまいました(^-^;。
今後はリストバンドでも付けて隙間をなくそうと思います。

・パンク対応
チューブ2本とCO2ボンベ2本を用意しましたが、直前にタイヤとチューブを新品交換したこともあってか、幸いにも使うことはなかったです。
でも前半は道が荒れているところが多く、道ばたで自転車ひっくり返してチューブ交換している人をけっこう見かけました。まあ用意しない人はいないと思いますが・・・できれば2本分は用意しておきたいところです。
でもCO2ボンベだけはちょっと不安もあって、携帯ミニポンプを1本持っておくとより安心できそうだなと感じました。

・携帯食
これもゼリー系2本とスポーツ羊羹2本を準備しました。途中90キロほどのところで後はASが無いと思ってゼリー系1本補給しましたが・・・その後すぐに第5ASに着いちゃったので、補給しなくても良かったかも(^_^;。
私は低燃費なんでASのバナナやなんかで十分走り切れそうだなと思いました。
といっても途中何が起こるか分かりませんので、ゼリー系とスポーツ羊羹1本ずつぐらいは用意しておくべきでしょう。

・荷物
サドルバックSサイズとツールボトルSサイズ、後はウェアの後ろポケット3カ所にすべて詰め込みました。リュックやウエストポーチをしている人もいましたが、個人的には少しでも体にかかる負担を減らすため、極力何も身につけない(荷物は自転車につける)方が良いと感じました。

初心者の私なりに初ロングライドイベントを走ってみて感じたことなので絶対という話では無いです。どうしようか悩んでいる方がいれば参考にしてもらえればと思います(^-^)/~。

|

« グランフォンド京都2017出走直前に・・・ | トップページ | 淡路島一周(あわいち)ツーリング »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76986/65334261

この記事へのトラックバック一覧です: 2017グランフォンド京都:

« グランフォンド京都2017出走直前に・・・ | トップページ | 淡路島一周(あわいち)ツーリング »