« 車検を前にあちこち整備 | トップページ | 年一度の宿泊ツーリング1~2017年は出雲大社だ!~ »

2017年10月11日 (水)

初ユーザー車検

いつもツーリングにお誘いいただいている会社のCB先輩が、9月にユーザー車検に行ってきて、ものすごく簡単で安くできたのに感動して、私にもユーザー車検を受けることを勧めてくれてました。

私が受けるときに休暇を取って一緒に行ってやると言うので・・・そこまで言われると断りにくく・・・お言葉に甘えて私もユーザー車検なるモノに挑戦することに!

当初はレッドバロンで車検をお願いするつもりで概算金額を聞くと、Z1000の場合、点検込みで65,000円ぐらいとのこと。点検してパーツを交換するのならさらにプラスアルファ。プラグ交換すると90,000円前後とか・・・高っ!!

車検対応の点検だけを頼むとすれば12,000円程度とのことでした。車検にかかる実費は税金と手数料で5,500円。これに自賠責が11,520円・・・ということは大体車検の代行手数料が35,000円ぐらいの計算でしょうか? CB先輩に言わせると

自分で車検を受けてみたら、手数料を払うのがアホらしくなる!

だそうで・・・(^-^;・・・でもいろいろ調べていると最寄りで車検を受けられる南京都は周辺にテスター屋さんなるモノがないらしく、光軸だけは気になるので調整したいなと思ったのですが・・・と思ったら、車検の継続検査って日本全国どこでも受けられるんですね! というわけで、CB先輩がつきあってくれるということもあって、先輩の地元で当然先輩も滋賀でユーザー車検を受けているのでよく知ってる場所でしょうし、我が家からも1時間半ほどの距離なので、滋賀で受けることにしました。

まずは日を決めてネットで予約します。日によっては枠が埋まってしまっていることもあるのでできるだけ早めがいいでしょうね。

また自賠責は事前にレッドバロンで継続手続きしました。車検は自分で通すので、また点検はお願いしますということで。なんでも検査場でも継続手続きはできるのですが、自動車の検査に来ている人たちと窓口は同じですから、自賠責の窓口は大変混むことがあるらしいです。

そして当日。持参するのは
・自動車検査証
・自賠責証書
 (私の場合、旧の期限がH29.11.19まででしたので、H29.11.20からの新しいものと2枚持って行きました)
・税金証明書
 (毎年5月に支払っている税金のアレですね)
・点検記録簿
 (ネットにいくらでも様式がアップされていますので印刷して自分で点検して記入。中には「プラグの点火具合」なんて項目もあったりしますが・・・問題なくエンジンが動いていれば当然プラグも問題なし!・・・なんて感じで自分で記入します。記録簿に関しては必ずしも無くても車検は通ります。ただ検査証に「点検記録無し」って記載されるとか・・・)
・お金
 (検査登録印紙1,700円。重量税印紙3,800円。自賠責も更新するなら11,520円も)
・印鑑
 (はんこは不要というネットの書き込みもありましたが、申請書に1カ所だけ「印」があります。サインでもいいのかもしれませんけど)
・ネット予約のメールを印刷したモノ
 (これは正直言って全く使いませんでした。そもそも予約の確認すらありませんでした。)

あとは書類を挟むクリアホルダーなどあると便利かと思います。

そして当日。順調にナビに従って運輸支局へ向かいます。ところが最後の最後でナビに従って進むと明らかに住宅街の中へ・・・どう考えても雰囲気が違うと思いつつ進むと、思い切り住宅街の真ん中でナビ終了・・・

ここはどこ?

ただごく近くまで来ているのは分かっていましたので、周りをよく見ると少し離れたところにそれらしき建物を見つけ、そちらへ向かいます。そしてここかな?と思って入ったのですが何か雰囲気が違う? 看板には・・・

自動車会館

・・・運輸支局じゃないやん・・・と隣を見ると今度こそそれっぽい感じの建物が。早速お隣の建物に移動。ただ看板には・・・

軽自動車検査協会

・・・軽自動車しかいません・・・一体滋賀の運輸支局はいずこ? とバイクを降りてうろうろしているとCB先輩から電話が。遠くで手を振る先輩発見。それで支局の入り口を確認してから、軽自動車協会を出て、ようやく運輸支局の入り口にたどり着きました・・・。

申請書類3枚はすでにCB先輩がもらってくれていましたので、それをもって自動車会館の窓口に行きます。書類一式と未記入の申請書を渡して

バイクのユーザー車検です。初めて何でよろしくお願いします

というと印紙類を申請書に手際よくペタペタ貼ってくれます。ここで検査料と税金の合わせて5,500円を支払います。

次に運輸支局の建物に移動し、見本を見ながら申請書類を記入します。記入場所によって鉛筆で書き込む箇所があったりしますので、注意が必要です。

申請書の記入が終われば、「ユーザー車検受付」の窓口へ。ここでも「ユーザー車検って初めてなんです」と言っておくと、いろいろ親切に教えてくれます。

受付が終われば、ついに検査ラインへバイクを移動させます! 

この日は検査を受ける車が少なく、二輪のラインも空いていました。係員さんが手招きしているので早速ラインへ乗り入れます。

もう後は指示に従うしかなく、言われるがままに・・・でも「フットボタンを踏め」と言われるのですが、最初はどれがボタンだか分からなかったのですが、よく見ると細長い仕切り板みたいなものが、踏むとへっこんだのでボタンだと気がつきました。

・前輪ブレーキの検査
 (指示に従って前輪ブレーキを掛けます)
・後輪に移ってスピードメーターの検査
 (40キロ到達時にフットボタンを踏むやつです。Z1000は後輪で速度検出してますが、特に何も言わなくても後輪で検査してくれました)
・後輪ブレーキの検査
 (指示に従って後輪ブレーキを掛けます)
・光軸の検査
 (勝手に測定器が横から出てきて測定。なお、Z1000はローで2灯、ハイ点灯ではロー2灯に加えてハイ2灯が点灯します。検査ではハイにしてと指示があり、4灯点灯状態で検査されました)
・灯火類の検査
 (係員の指示に従って、ウィンカーをつけます)
・ホーンの検査
 (ピッとならすだけ。でも普段あまり使うことが無いためか、検査の際に初めてならなくなっていることに気がつくなんてこともよくあるそうですので、事前に確認必要です)
・車体寸法の検査
 (書類見ながらメジャーを当てて、幅と全長、車高をおおざっぱに計られました)

さらに前に進むよう指示があって、停車。

・ハンドルロックの検査
 (ハンドルロックができるか確認)
・車体各部の検査
 (係員さんが車体各部を目視で確認。足回りは小さなハンマーで軽くたたいて確認されてました)

エンジンを掛けて最後の検査です。

・排ガス検査
 (マフラーに測定器突っ込んで排ガス測定です。Z1000のノーマルマフラーは見た目は4本出しですが、実際には上の2本はダミーです。でも係員さんは言われなくても排気を手で確認して下側に測定器突っ込んでました。左右とも確認して終了です)

以上、時間にして10分ぐらい・・・あまりにもあっという間に終わってしまって検査途中の写真を撮る暇すらなかったです(^-^;・・・

ちなみに私の後にZZR1100のライダーさんが検査を受けていましたが、光軸で引っかかっていました。私も光軸調整だけは事前にしようかと思ったのですが、自賠責を継続する際にレッドバロンで相談すると、店長さん曰く「まだバイクが新しいし、光軸の検査機器は運輸支局によって違うので今合わせても検査で引っかかるかも知れないから、ダメだったら近くのテスター屋さんで合わせた方が良い」とのこと。結果的に一発で合格したので、調整費用不要でした!

検査が終われば書類を受け取って、支局の建物に戻り、③申請窓口へ書類を提出すると、数分後に新しい検査証とシールが発行され、車検完了です!

・・・確かにこれで代行手数料2~3万も取られるのかと思うと・・・ちょっと高過ぎるような気がしなくもないですね。

運輸支局に着いたのが10時前。新しい検査証を受け取ったのが10時半頃・・・すいていればあっけにとられるはやさでした。

まだまだ時間があってしかも天気も良かったので、琵琶湖大橋を渡って小浜方面へ。162号線を南下し美山~京北へ走って、京北でCB先輩とさようなら。

ユーザー車検・・・日頃から普通に整備していれば思っていた以上に楽勝でした。平日時間が取れる方は是非一度挑戦してみても良いのではないでしょうか。

ちなみに証票のデザインがいつの間にか変わっていたんですね・・・私は前の方が好きだなぁ・・・なんかこれだと「平成31年10月」じゃなくて「10月31日」に見える・・・(~-~;

Img_0338

Img_0339

|

« 車検を前にあちこち整備 | トップページ | 年一度の宿泊ツーリング1~2017年は出雲大社だ!~ »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76986/65915910

この記事へのトラックバック一覧です: 初ユーザー車検:

« 車検を前にあちこち整備 | トップページ | 年一度の宿泊ツーリング1~2017年は出雲大社だ!~ »