« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月26日 (日)

瀬戸内しまなみ・ゆめしま海道サイクリング大会2017

出雲大社ツーリングから帰ってきて、1日おいたこの日・・・なんと、今年最後の参加となるであろう自転車のロングライドイベント「瀬戸内しまなみ・ゆめしま海道サイクリング大会2017」の日です!

あわいちの後にどうしてももう1回ロングライドイベントに出たくて申し込んだことを、2週間前ぐらいに書類が送られてくるまですっかり忘れていました・・・忘れていたもんで、うっかりバイクの宿泊ツーリングの予定を11/23,24に入れちゃうという失態をしてしまいました。

天気が悪ければ参加止めようと思っていましたが、コレがまた以外と持ちそうな雰囲気。参加費がもったいないぁと貧乏人根性が顔を出し、気がつけば早朝4時に広島目指して、一昨日バイクで反対車線を走っていたなと思いつつ高速を広島目指して走ってました(^-^;。

エントリーしたのは最長の尾道80という走行距離が80キロのコース。最長でも80キロなんで、出発はやや遅めの9:30です。出発地点には、8時過ぎに到着。参加手続きをして、自転車の準備をします。

Img_0459
ちなみにこれまで自転車のイベントのたびに会場到着前にお腹が大変ことになっていましたが、今回は大丈夫でした(^-^)v。

天気はやや曇り。薄手の秋用ジャージではちと寒いか? しまった・・・冬用のウィンドブレーカも持ってくれば良かったと後悔しつつ、寒いのでカッパを着て走ることに。

コースは基本がほぼ平坦。登りは橋の手前だけ。しかも50mアップ程度ですので激坂なんて影も形も無く走りやすいといったらありゃしません。むしろ坂が少しは無いと物足りない・・・。

この時期になると悩ましいのが鼻水なんですよね・・・あまり鼻が強くないのか、ちょっと気温が下がってきて寒い中を自転車で20分も走っていると鼻水が洪水のごとく流れ落ちてきます(~-~)。すると息は苦しいし、鼻水をすすらないといけないし、なんとも地味にダメージを受け続けて参ってくるのです・・・。原因は寒い空気を吸い込むことで、鼻が粘膜を保護しようと鼻水を出すということのようですので、今回は鼻まで覆うネックウォーマーを装着して、なるべく冷たい空気を吸い込まないように鼻水対策をしましたが、それでもやはり出るモノは出る! 結局途中から、ネックウォーマーで鼻が隠れているのを良いことに鼻水垂れ流し状態にすると楽なことに気がつきました(~-~;。

しかし垂れ流しにするとネックウォーマーの鼻から口に掛けての内側が鼻水でベトベトになるので、それはそれで気持ち悪い・・・なんか良い鼻水対策方法無いですかねぇ・・・。

それはさておき、平坦路ばかりですのでスイスイ走って一つ目の橋の因島大橋をクリア。初の大橋で若干テンションが上がります! おかげで写真を撮り忘れたというのは内緒です(^-^;。

因島大橋を渡ってしばらく走ると第1ASの万田発酵工場に到着。が、このイベントではASではこれまで参加したイベントのように地元食材を使った料理などは用意されておらず、ドリンクと飴類がある程度。これはちょっとがっかりでした。

Img_0461_2

通過証明のスタンプは、帰りに押すように説明が書いてありましたが、みなさんほとんどが行きに押されてました。ずいぶんとスタンプに列ができていたので、帰りに押そうかとも思いましたが、帰りに押し忘れたらイヤだなと思って、行きにスタンプは押しておくことにしました。

さて、スタンプ押してトイレに行って休憩した後は平坦路ばかりで疲れも無いので、じゃんじゃん先へ進みます。ただ、私はどちらかというとクライマーで、スプリンターでは無いので平坦路は遅いのです・・・トレインを組んだ早そうな集団にバンバン抜かれます・・・だって早い集団は35~40キロぐらいで巡航するんですもん! 抜かされた後、頑張って付いていきますがすぐにちぎられます・・・(T_T)。

そして第2の橋の生口橋を渡ります!

Img_0462

Img_0463
平坦路ばかりで楽々走れますので、周囲の風景などにも目を配りつつのんびりマイペースで走ります。とすると気がつけば第2AS瀬戸田中学校に到着。ここもドリンクと飴がある程度。ただミカンを大放出していました。おそらく傷物や形の不良で売り物にならないモノかなと思えましたが、鞄に詰めて好きなだけ持って行っていいよと言われても・・・鞄を何も持っていないのでどうにもできません。

Img_0464
少しだけ休憩した後に出発。折り返し地点の第3ASを目指します。ただこの辺から橋も飽きてきて、単調な平坦路にちょっとつまんないなぁーと思いつつ、こんな道なら複数人でワイワイ言いながら走ると楽しいかもとか思いつつ走ります。

そんなことを思いつつ走っていたら到着! 第3AS多々羅しまなみ公園です。

Img_0468_2

ここではお弁当と飲み物を受け取って昼食です。テントの下にずらっとパイプ椅子が並べられていたので、座っていただきます。ただ・・・ふつーのお弁当です・・・冷たいです・・・ちょっと・・・う~ん・・・何か物足りなく感じてしまうのは贅沢というモノでしょうか・・・。

Img_0466
最後に渡った多々羅大橋です。なんだかんだと言いつつ弁当を平らげ、先ほど渡ってきた橋を眺めつつ、折り返します。

帰りは第2ASは休まずスルー。そのまま走り続け第1ASの万田発酵さんで休憩です。といってもとりあえず自転車止めて・・・意味も無くうろうろしてすぐに出発(^-^;。なにしろ休憩できるというだけで何も無いので(^-^;。

そしてゴールへ! ただ楽勝なコースでしたが、最後の登りが微妙にきつかったです(^-^;。それほどの坂では無いのですが、やはり80キロを平坦路とはいえ、走ってきたからでしょうか? とりあえず無事にゴール!!

Img_0469
ゴール後にスタンプを見せて完走証を受け取りました・・・が、名前の欄が空欄・・・う~ん・・・名前ぐらい入れておいて欲しいなぁと思うのは贅沢というモノでしょうか? 

確かに、あのしまなみ海道をしっかりとしたサポートを受けつつ走れるので、それはとっても価値のあることだとは思いますが、ちょっと今まで参加したイベントと比べると、ASで提供される補給食など、ちょっと寂しいモノを感じてしまうのは贅沢というモノでしょうか・・・と感してしまいました。

ま、なにはともあれ、これで今年の自転車イベントは終了!! また来年!!

総走行距離>79.3km
平均速度>21.1km/h
最高速度>42.5km/h
走行時間>3:44
総時間>5:06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

年一度の宿泊ツーリング2日目~2017年は出雲大社だ!~

さてさて極寒の出雲大社ツーリング2日目。

どうも枕とかベッドが変わると寝た気がしません。6時間は寝たはずですが、いまいち寝不足感がアリアリ。

それでも朝食も済ませて、まずは本当は昨日の夕方に向かうはずだった今回のツーリングの一番の目的地である出雲大社を目指します。本日はとりあえず朝は曇りながらも雨は降る気配無し。今日は雨に降られること無く切り抜けられるかな?

今回のお宿は出雲ロイヤルホテル。まあ、可も無く不可も無く・・・普通のビジネスホテルでした。

Img_0429
ホテルから出雲大社は10分ほどで到着。駐輪するだけにお金を取られるのはイヤだというので、近くの道の駅に止めます。もちろん無料!

そこから鳥居をくぐって出雲大社まで歩くこと15分ほど。ついに出雲大社に到着。ただ何せすでに奥さんも子供もいる私やCB13先輩には縁結びの神様の御利益はむしろない方が家庭の平和のためには良いのです。
ここは唯一の独身者MT03君のためにみなで参拝することに。

Img_0438
出雲大社に来るのは初めてでは無いですが、初めて来たときには実物の大しめ縄を見て

ちっちゃ・・・

とものすごくがっかりしたのを覚えています。今回もやはり思うことは同じでした・・・。

Img_0439
写真で見ると立派に見えるんですがねぇ・・・

定番のおみくじも引きましたが、最近は大吉とか吉とかも判定は書かれていないんですね・・・良いのか悪いのかなんともいえない感じのおみくじでした。

Img_0440_2
一通り回って出雲大社を後にして、お土産屋さんでお土産を購入。フグ焼き?(モノはふつーのたい焼きです)を食べて一服してから帰ります。

Img_0448
予定では大山を周遊して帰るところでしたが、大山は既に雪が降ってそうなので、おとなしく昨日走ってきた9号線を帰るか、もしくは米子道から中国道経由で一気に高速道路で帰るか・・・昨日の強風を考えると一気に高速で帰るルートを選択。またMT03君が、べた踏み坂が真っ暗で何もわからなかったので、帰りがけに通りたいとのことで、べた踏み坂経由で米子道からあとはオール高速で帰ることに。しかし!この選択があとでとんでもない状況の中を走ることになろうとは・・・誰も予想してませんでした・・・。

そもそも高速道路は単調なんであまり好きでは無いですが、まあ昨日といい、本日といい天候を考えると仕方ないです。こんな時期に日本海側にツーリングに来るのが間違っているのです(^-^;。

帰りのルートも決めて、いざ走り出すと昨日の悪夢が再び・・・さっきまで晴れたり曇ったりだったのが、なぜか雨が降り出すという・・・しばらくすると止むのですが、また降り出し、気がつけばジャケットは濡れたり乾いたり・・・防水ジャケットじゃないので、本降りならカッパを着たいところですが、こうも降ったり止んだりされると着るタイミングを逃してばかりというありさまです(T_T)。

そしてべた踏み坂付近のコンビニに到着。例に漏れず休憩中は晴れています。

休憩して昨日撮れなかった写真撮って、米子道を目指します。

Img_0449

Img_0453_2
米子道に入ってからは、後はひたすら高速ですので、初心者MT03君を気遣い90キロぐらいで走っていると・・・大山の麓の蒜山当たりから再び雨が降り出し、しかも思い切り土砂降り! それがやがて雨からあられに・・・気づけば吹雪ですよ!! ひとまずSAに避難しましたが、路面がドンドン白くなっていくのを見ていると

これやばいんじゃない・・・

雪が積もっちゃうと二輪はまともに走れなくなるし、当然滑り止めなんてないので、高速も下ろされる可能性も! これはちとまずいなぁと思いつつ、とりあえず様子を見ながらついでに昼食をとることに。するとだんだん吹雪が止んで日が差してきました!

今のうちに!というので出発すべくバイクを見ると、バイクが真っ白! 凍結防止剤を散布中という表示が出ていましたが・・・こいつはひどい! 明日は洗車決定だなと思いつつ、退散します。

Img_0454
中国道に合流する頃には天気は完全に回復。今までの吹雪は何だったのかと思うぐらいの快晴! 気温も上がってくると、あちこち熱いことに気がつきます。途中では存在をすっかり忘れていましたが、全身に貼り付けたカイロがようやく存在を主張できる外気温になってきたようです。

あとはもうひたすら高速。高速。高速。インカムでつまらんなぁーとぼやきつつ、暇すぎてCB!13先輩はMT03君をいじって遊び出すという・・・。

宝塚のあたりでは大渋滞に巻き込まれるつつ周囲は既に真っ暗。最後は燃料計のEマークが点滅しだし、大山崎ICで二人とは流れ解散。私はICを降りてすぐにガソリンスタンドへ直行。

今回のツーリングは本当にとんでもない天気でした。やはりこんな時期に日本海側にツーリングに行くモノではないということでしょうか・・・。

翌日・・・エキパイやマフラー、ラジエーターなど車体下部周りだけで無く、後部シートに積んでいたバッグやミラー、メーターなどありとあらゆるところが凍結防止剤で真っ白に! 洗車してきれいになったものの

Img_0450
チェーンは翌週にはサビサビに! チェーン清掃というおまけ付きでした・・・トホホ

Img_0451
ブラシでもこすっても落ちないサビ・・・とりあえずクリーナ掛けて洗って、後はチェーンルブを吹いておきました。

今回の走行距離(2日間):734.1km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

年一度の宿泊ツーリング1~2017年は出雲大社だ!~

年に一度だけ許される宿泊ツーリング。今年はCB13先輩の提案で出雲大社を目指すことに決定! ただなかなか予定が合わず・・・気がつけば11月の末に決行することが決定!

今回はまだこの夏に免許取り立てほやほやの会社の後輩MT03君も一緒です! ルートラボを使って初心者にも優しいルートを検討します。

しかし日が近づくにつれて天気が非常に怪しい・・・それでもずっと雨に降られっぱなしということはなさそうなので思い切って決行! ・・・したのが正しかったのか?間違いだったのか?なんともいろいろありありのツーリングとなりました!!

福井や滋賀北部から来るCB13先輩やMT03君とは福知山のコンビニで集合。心配された雨も亀岡を走っていると雲一つ無い快晴に! これは決行して正解だったと一人ウキウキ集合場所を目指して走っていると、CB13先輩から

「こっちは土砂降りなんやけど・・・」

と信じられない電話が・・・辺り見回しても雲一つ無い快晴の空を写真に撮って送ると・・・土砂降りの写真が返ってきました(^-^;。

たださすがに福知山に近づくと雲が多くなり、ちょっとだけパラッと雨が落ちてきたり。でも基本的には晴れ空の下、予定通り福知山のコンビニ着。CB13先輩とMT03君はまだ1時間ぐらいかかりそうとのことだったので、コンビニにて朝食。サンドイッチと肉まんを頬張ります! 冬のほかほか肉まんって本当においしいです。

Img_0420
食事後はひたすら二人が来るのを待ちます。そして食後30分ほど経つ頃にやっとお二人到着。ところが、土砂降りの中走ってきたという以外にも、なんとMT03君、来る途中で落ち葉に滑って転倒!とか、冬用グローブを持っていなかったので夏用をはめてきて、途中寒さに耐えきれずにコンビニで手袋を購入!だの・・・既にいろいろトラブルてんこ盛り状態だったようで・・・

さて、やっと全員集合したので、予定より遅れてますが出発! が!走り出してすぐに空は晴れているのに、なぜか土砂降り(-_-;・・・強烈な天気雨に遭遇。その後も止んだかと思うとまた雨が降り出す・・・なんてことを繰り返し。でも雨雲の様子を見て納得。小さな雨雲が次から次へとやって来ているんです!

Img_0421
しかも・・・なぜか休憩中は雨が止み、走り出すと雨が降り出すという・・・一体何の恨みがあるのかと言いたくなるような状況に・・・しかも鳥取のあたりからは風が強くなり始め、軽い車体のMT03君は風にもてあそばれています(^-^;。私のZ1000も結構風にあおられひやっとするシーンが!でもCB13先輩はさすがの重量級!鼻歌歌ってますよ・・・。

ちなみに今回のツーリングではMT03君がセナのインカム20Sだったので、MT03君の20Sを親にして、私10SとCB13先輩のSMH5で3台の同時通話ができました。接続方法は、まず20Sと10Sでペアリング。ペアリング完了後に通話を切って、20SとSMH5でペアリング。すると3台同時通話の完成! にしても、複数人数でのツーリングで全員が同時に会話できるのってめちゃくちゃ楽しいですね! コレ一度体験しちゃうともうやめられません!

鳥取市街を抜けたところで時間的にも13時を過ぎており、この先しばらく何も無くなると言うことで、因幡の白兎の道の駅にてフカヒレラーメンをいただきます。温かいラーメンが身にしみます! で、春雨のようなフカヒレが入っているのですが・・・これは本当にフカヒレ?って疑いながら食べていたというのはお店の方には内緒です・・・。

外は相変わらず人間が飛ばされそうになるほど猛烈な強風が吹いていますが、止む気配は全く無いので覚悟を決めて出発。相変わらず波状攻撃をしかけてくる雨にみんなで文句を言いながらひたすら出雲大社を目指して走ります。

いちおう予定では途中でCMで有名になった激坂の通称「べた踏み坂」に寄ります。んが・・・時間が遅くなり既に外は真っ暗・・・何も見えない中をついにべた踏み坂到着・・・

「えっ?!・・・・これがべた踏み坂か?!」

CB13先輩は来たことがあるらしく、ずっと期待しすぎたらアカンと言ってましたが・・・これは実際に走ってみると思っていたのだいぶイメージが違う・・・

全然急じゃないやん・・・べた踏みちゃうやん・・・

思い切りイメージと違うことに呆然としつつ、真っ暗な中を出雲の宿を目指して走ります。まあしかし寒いのなんの! 胸に2カ所カイロを貼っているのにその存在が全く感じられない・・・そりゃもうあと数日で12月だもんなぁ・・・おかげでライダーなんかほとんど走ってませんでしたよ・・・

真っ暗な中、何とかホテルのすぐそばまで来たところで、ナビが不可解な道案内をします。ホテルの裏手から入るようなルート案内です。きっと裏から駐車場に入れるのだろうと案内に従うものの・・・ホテルの裏手からなんて入れる道は無し・・・そういや去年の信州ツーリングでも同じようなことをしたなぁと思いつつ、最後の最後でお馬鹿な道案内をするYahooナビ・・・一体何なんでしょうね?

ホテルにチェックイン後はすぐにでも風呂に入って凍えた体を解凍したかったのですが・・・いったん落ち着いちゃうと二度と部屋から出る気にならないだろうということで意見が一致し、とりあえずまずは晩飯を食べに行くことに。

とにかく温かいモノが食べたいというので、近くのイオンに行けばフードコートがあるだろうから一通りそろっているのではと思い、歩いて15分ほどのイオンへ。温かいうどん系がいいなぁと思ったのですが・・・まず目に入ったのが

「肉」

もうなんだかお店の見本とかポスターの肉のうまそうなこと! うどんなどどこかへ吹っ飛んでしまい、みなで肉を食うことに(^-^;。

えーと、お味の方は・・・もう少し柔らかいと言うこと無しという感じでしたが・・・とりあえず肉で腹を満たし、また寒空の中歩いてホテルへ帰ってすぐに風呂にダイブ! ホテルの狭いユニットバスですが、温かさにはかわりありません! 全身が解凍される心地よさはまさに至福のひととき!

風呂上がりはそのままバタンキューッと行きたいところですが・・・電熱グローブのバッテリーを充電してからでなくては寝られません・・・本日は2組で4個バッテリー使用しましたが、充電器で一度に充電できるのは2個まで。つまりまずは充電している2個が充電完了後に残り2個を充電器に繋ぐまで寝られません(T_T)。

結局ウトウトしながら、何とか日付が変わる頃には2個充電完了。残り2個を充電器に繋いだところでやっと安心しておやすみなさいzzzz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »