« 2017年11月 | トップページ | 2018年2月 »

2017年12月

2017年12月24日 (日)

SENA 30Kをゲット!!

senaのHPに新製品として2017年発売予定として掲載されていた新インカム30K。いつ出るのかとずっと気になっていましたが、先輩から南海部品で12/23に先行販売されるという情報をゲット!

まあただ・・・正直なところ10Sでもソロで走っている分には全く困ることは無いので、あまり買い換える気はしませんでした・・・が! 先日の出雲大社ツーリングの際にインカムで会話しているとナビの音声が全く聞こえないことが不満で、これはこの機会に最新の30Kに買い換えてやろうと密かに思っていたのでした。

事前の情報では20Sしかできない芸当のオーディオマルチタスク(インカムで会話しながらナビや音楽が同時にバックで聞こえる)も可能とあったので、この機能のためだけに買い換えるといっても過言ではない太っ腹ぶり!!

そしてネットで調べると確かに南海部品の京都東店のページに先行予約受付の記事を発見。で、私もさっそく・・・と思ったら、11月某日のこの日は京都東店が定休日・・・ならば他のお店で!ということで会社の帰りに寄れる本店に予約の電話!!

ところが本店で予約しようとすると、なんでも京都東店が先走ってしまったらしく、本来は12/1にsenaから公式発表があってから予約を受け付ける流れだったらしい・・・でもこの電話で予約受付しますよと言われて無事に予約完了。なんかいろいろと変な話にならなきゃ良いけど・・・と思いつつ、12/23を待ちます。

そして数日前に入荷の連絡があり、待ちに待った12/23。そそくさと朝からおでかけ、そして30Kゲット!!

さっそくメットに取り付けてもらいます。10Sを外して、着々と30Kが取り付けられていきます。15分ほどかかるとのことでしたので、店内を見て回りつつ、15分ほど経って戻ると装着完了してました!

Dsc_7100_00001
Dsc_7099_00001
さすが付け慣れているというか、キレイに取り付けられています。・・・いやキレイすぎるというべきか・・・ケーブルマイクはチークパッド内に隠され、スピーカーも耳の部分のスペーサーを外し、くぼみにきれいに収まってます・・・でも・・・チークパッド内にマイクを納めちゃうと声をうまく拾えないのでは?とか・・・スペーサーを外してスピーカーを取り付けると耳とスピーカーの間の距離が広がって音が小さくなるので、わざとスペーサーを付けたままその上にスピーカーをつけていたのに・・・といったところが気に入らなかったので、10Sと同じようにつけてとお願いすると、快く付け直してくれました。

さっそくメットをかぶって通話テスト。お店の20Sとペアリングして店員さんと会話するも・・・なんか音が小さすぎないか? 音量マックスでこれって30Kってしょぼくない? 何じゃこりゃー!と思いつつメットを動かしていると音が大きくなったり小さくなったり・・・スピーカーの位置が耳と全然あっていないことに気がつきました! 私の場合、ヘルメットにつけてあるスピーカー設置用のくぼみでは後ろ過ぎて耳の位置と全く合わないのです。これは後で直せばいいやとお会計。

お店を出て、駐輪場でスピーカーの位置を直します。耳の位置を確認し、かなり前寄りにスピーカーを付け直せば音もちゃんと大きく聞こえるようになりました!

帰宅して一番期待していたオーディオマルチタスクを10Sとペアリングして試しますが・・・どうしてもインカム通話状態にするとスマホの音楽やナビ音声は聞こえなくなります・・・説明書にはオーディオマルチタスク機能はあると書いてあるのに? そんなとき同じく30Kをゲットした先輩からLINEで

ブルートゥースモジュールは1個しかつんでいないらしい。
当然20Sのようなオーディオマルチタスクはできないらしい。
オーディオマルチタスクはメッシュで接続時のみに可能らしい。

・・・え?なんか思っていたのと違うやん・・・てっきり20Sのようにブルートゥースモジュールを2個積んでいてインカム通話とスマホ(音楽、ナビ)の同時接続を可能にしていると思ったのに!!

で、判明したこと・・・30Kはブルートゥースモジュールとメッシュモジュールを1つずつ積んでおり、メッシュ接続した場合に、ブルートゥース接続されたスマホの音楽などをバックで同時に効くことができるらしい。ということは私が一番期待した機能は、30K同士でメッシュ接続したときしか実現できないと・・・まだ周りで30K持っているのなんて一人しかいないんですけど・・・(-_-;

で、しかも普段一人で走っている時は10Sと何も変わらない・・・何のために買い換えたのだろうか・・・。

でも音は良くなってますね。それしか良いことが無いのであれば高い買い物でしたが、いずれ30Kが広まれば・・・ということに期待してます・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

出雲大社ツーリングに学ぶ防寒対策

とにかく雨と寒さをイヤと言うほど思い知らされた出雲大社ツーリング。

防寒対策はしているつもりでしたが、さらに強化すべく近所のライコランドで物色。

そもそも冬用ジャケットが購入から10年近く経ちます。買い換えた当初はその防寒性能に驚きましたが、今となっては完全な旧式です。でも冬用ジャケットは高いのでそう気安くは買えないし・・・と思っていると、早くも冬物がセールになっており、ゴールドウィンのマルチライダージャケット定価44,000円(税別)が、税込33,000円で売っているじゃあーりませんか!

Gsm12554

これなら防寒だけでなく防水で、この出雲大社ツーリングのように雨でもOK! しかもインナーが取り外せて、オールシーズン対応! ただし安いと言っても3万円以上ですので気安くは買えません・・・が、ちょっとだけ悩んだ末にお買い上げ!!

着てみての感想は、やはり最新のジャケットは防寒性能も向上していますね。体感できると言ってもわずかの差ですが、明らかに今までのジャケットよりも暖かい・防風性能が高いことが実感できます。

そして次に検討したのが、電熱ベスト。使い捨てカイロではあまり暖かさを実感できませんでしたが、電熱ベストならきっと暖かいのではと。

最初はRSタイチのベストにしようかと思いましたが、値段が高い! しかもヒーターの配置が少々気に入らなくて悩みどころでした。ネットでいろいろ探した結果、ヒーターが背中と腹に配置されてて、バッテリー式で7.4V仕様(モバイルバッテリーの5Vでは十分暖かくなるか不安)、価格が1万円程度というのに当てはまったのがこちら。

ARRIS製 充電式電熱ベスト(\9,900 @amazon)

51vh5iyl7l__ac_ul260_sr200260_しかもこれ、肩の部分はスナップボタンで、腹回りはファスナーでサイズが変えられるので、下に着込んだ具合や体型に合わせて自由自在にサイズが変えられるという優れもの。サイズが合わないという心配がありません。
ちなみに私は身長174センチ、やせ形ですが、一番小さくしてなるべくヒーターが体に密着するようにしていますが、それでもきつさは感じません。

気になったのは中華製と言うことですが・・・意外と各部の作りはしっかりしています。品質は問題なさそうです。強にすると暖かいを通り越して熱いです! 外気温5度程度なら弱でも十分。中だと昼間は暑くなってきそうです。

弱での使用が基本になりそうですので、バッテリーは予備を1個持っておけば1日対応できそうです。

そうしてできあがった私の最強の防寒仕様ですが・・・

<上半身(重ね着順)>
・おたふく手袋製インナー ボディタフネス長袖
・アンダーアーマー製インナー
 コールドギア(アウトドア用)
・モンベル製 長袖フリースハイネックシャツ
・電熱ベスト
・モンベル製 長袖フルジップフリース
・ゴールドウィン製 マルチライダージャケット

<下半身>
・おたふく手袋製 ボディタフネス タイツ
・ユニクロ製 防風ズボン
・ゴールドウィン製 防寒オーバーパンツ

<グローブ>
・コミネ製 電熱グローブ

これにネックウォーマーを加えれば完璧で、唯一の弱点として足先が残ってはいますが・・・。でもこれでほぼ防寒は完璧で外気温が氷点下でも寒さを感じることはありません!

特にお勧めは、インナーのおたふく手袋製ボディタフネスです! 暖かさ自体はモンベルの厚手のインナーなんかと大差ありませんが、ヒートテックとは比べものにならないぐらい暖かいです。そして何しろ安い! モンベル製が4,000円とかするものが、1,000円弱で同等の防寒性能ですから数枚買ってもまだモンベル製よりも安く済むという! これはお勧めです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年2月 »