« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月17日 (日)

2018グランフォンド伯耆

今年もグランフォンド京都に参加申し込んでいましたが、当日は土砂降りの予報・・・朝はましでしたが、予報では昼前には土砂降りになって夕方まで続く模様・・・とうことで自主的に参加を中止。

というわけで他に何か手頃なイベントが無いかなと探し当てたのが

鳥取県サイクルマラソン ”グランフォンド伯耆”

伯耆はですね、「ほうき」と読みます。旧国名で鳥取・米子あたりのことです。ロングコースで140キロ。大山(「おおやま」じゃないですよ!「だいせん」ですよ!)の麓を走るロングライドイベント。

ちょっと遠いかなと思いましたが、6月あたりは他に近場で手頃なイベントが無かったので、梅雨時期というのが気になりましたが申し込んじゃいました! しかし・・・最初にしっかりとタイムスケジュールを確認しなかったため当日とんでもない地獄のような目にあうことになろうとは、この時は全く思ってもいませんでした・・・

さて、そして当日・・・予報は快晴。

0:00頃に起き出して0:30に出発。京都から一路大山を目指します。途中で時間に余裕があったので仮眠しつつ、無事に現地スタート会場の運動公園に6時前に到着。

しかし・・・ちょっと肌寒いぐらいです・・・長袖の夏用インナーに夏用半袖ジャージじゃ少し寒いかなと思いましたが、まあ、日が昇り出すと温度は上昇! ちょうどいいというか、むしろ暑いぐらいでした。

まずはのんびり朝食タイム。食べ終わってから受付へ行って、自分の番号を確認し、受付で番号を告げてゼッケンやら受け取ります。

そんなこんなでのんびりと準備をしつつ、受付場所へ移動・・・したところ背中のポケットに入れたコースマップが無いことに気づきます! どこか途中で落としたに違いないので、とりあえず車まで戻って車内を捜索・・・ありません! 仕方ないので移動経路をたどると・・・ありました! 途中で落としてました(^-^;。若干先が思いやられます。そして受付場所からスタート地点へ移動。

Img_0621_li_00001
このイベントはめずらしくゼッケン番号順にスタートです。公表はしないと言ってましたが、きっちりタイムも計測されているようです。と、そのとき

ぱーん!

そばでパンク発生! 別にスタートを待っているだけだったんですが、なぜか豪快にパンクしちゃっている方がおられました。そして8:00になって最初の10台(20台だったかな?)がスタート。

次々に出発していきやっと私もスタートです!

最初は基本は下り基調のコースで皆さんガンガン行きます! 私はさほど下りは速くない(いや平坦も登りも速くは無いですが・・・(~-~))ので、適当に気持ちよく下っていきます。でも振り返ってみると、このコースでは前半の下りはもっとガンガン行くべきだったとちょっと後悔です。

スタート直後からしばらくは基本は下り。しばらくして小刻みなアップダウンを繰り返しだします。このアップダウンが意外とうっとーしくて、せっかく登ったと思ったらまた下り・・・下ったと思えばまた登り・・・でだんだん

たまには平坦なところはないんかい!

と文句をたれつつ漕ぎます! で、途中からまだ若干気温が低めなせいで、鼻水が垂れてきます。しっかり鼻をかみたいところですが、まあ、じきにエイドステーション(AS)があるでしょと止まらず漕ぎます。

しかし・・・行けども行けどもASはなく、通常コレまで参加したイベントであれば20~30キロの間隔でASがありましたが、30キロ過ぎてもAS無し・・・まだかなぁーと走っていると早くも反対側を折り返して行く集団が! これはASは近いなと思ってしばらく行くと、ありました!やっと第1ASに到着です!

Img_0623_00001
どら焼きみたいな菓子がおいしそうでしたが・・・この時既に結構暑くて、あまりのどを通りそうになりません。バナナと梅干しをいただいて、水分を補給して、トイレ行って出発です。

そして出発してからしばらくしてふと気づいたのですが・・・先ほどの第1ASを出発したのが9:30ぐらい。ゴールの時間制限が16時まで。第1ASまでが約40キロ弱の下り基調で1:30かかってます。ロングコースの折り返し約70キロ地点の第2ASまで若干ペースが落ちて30キロを1:30かかったとすると、11時ぐらいに折り返し第2AS着。休憩して11:30に出発したとすると・・・折り返して残り半分を4:30で走りきることになる・・・当然後半はペースが落ちる・・・しかもスタート直後ガンガン下った道を登っていくと・・・

これは・・・ちょっとやばいくないっすか・・・?

若干不安を感じだした頃に反対側から折り返してきた方達とすれ違い出します。ということはそろそろ第2ASかなーと思っていると、なかなか到着しません! しかもさらに激しいアップダウンの連続! やっと登ったと思うと下り・・・もうくだらなくていいやん・・・と思いつつ仕方なく下る。下ったら・・・ほらまた登るやん!! ココまでのところ、それほどとんでもないいわゆる激坂はないので何とかしつこく続くアップダウンをクリアしていきます。

ここで思い出したのが、昨年淡路島一周した時は確か140キロを9時間ぐらいかからなかったっけ? 今回は8時に出発して140キロ走って16時がゴール締切りか・・・っておい! 8時間で140キロ走りきらなアカンやん!! ・・・いやいやゴール締切は17時だったかもしれないし・・・

徐々に不安を増しつつ、やっと折り返しの第2ASに11:15頃到着。

Img_0624_00001
アップダウンがきつかったことや、疲れが出てきていることもあって、30キロに2時間弱かかってます。確認するとやはり締切は16時。

やばい

第2ASは既に閑散としてきています。こりゃやばいと10分ほど休憩して大急ぎで11:25頃に折り返します。途中、第2ASを目指す方々とすれ違います。たぶん5~6名ぐらい?10名はいなかったと思います。想像以上に自分がロングコースのケツの方だということを認識。

頭の中でなんとか第1AS兼用の第3ASに13:30までに着かないとまずいなと焦る。13:30までに到着して休憩し、13:30に出発したとして残り2:30。おそらく最初調子よく下ったのを登っていかないといけないと思うと相当厳しいと予想されます・・・

またもしつこく繰り返されるアップダウンをヒイヒイ言いながら、時間のことを考えつつ焦りながら漕ぎまくってなんとか13時過ぎに第1AS兼用の第3AS到着。

・・・もうほとんど人がいません・・・スタッフの皆さんは完全に撤収モード・・・

5分ほど休憩してすぐに出発です。なんとか残り40キロに対して2:30以上の時間を確保しました。これならなんとかなるか?

しかし!出発して来た道を戻りつつ途中折り返し後のオリジナルルートに入ります。最初は緩い坂でしたが徐々に斜度が増し・・・走行距離も100キロを超えてスピードが全く上がらない~と思ったら前方に延々続く激坂発見!!

ハイ。もうこれは漕いで登るのは無理無理と諦めて押します。でもこの激坂・・・10%ちょいぐらいでしょうか・・・けっこう続くのですよ・・・押すこと15分ぐらい?やっと坂を越えて下ります。が、下りきった後の平坦でも全くスピードが出ません・・・まだ30キロ以上残っているのにこの状態とはマジでやばいです。DNF(Do Not Finish)の可能性が高まっていきます・・・

そして激坂の後もまたもや執拗にアップダウンが続きます。もうこの時は地獄の苦しみです! 時折非常に爽快な光景が広がっていましたが、景色に見とれる余裕は全く無く、ただ黙々とペダルを漕ぎます・・・

途中で何度も、これ以上負荷を掛けると足がつる!という状況に襲われ、その都度漕ぐ力を緩めてやり過ごし、途中でアミノバイタルを一気に2本摂取し、どうにかこうにか海に向かって一気に下る直線に出ます!

でもここでドリンクが残り少ないことに気づき、途中の自販機でスポーツドリンクを補給。補給してすぐに走り出しましたが、そのとき後ろから2台の自転車が追いついてきます。

1台に抜かれて、その後を着いていきます。途中で後ろの方から「さっき休憩されていた場所に他の参加者の方いました?」と聞かれ、誰もいなかったと答えると

じゃあ、こちらが最後尾ですね

・・・あれ?まだ私の後ろに10名弱はいなかったっけと・・・みなさんリタイヤなさったわけですか・・・参加者かと思ったらなんと最後尾に付いているスタッフの方だと気づく。

ひえー最後尾かよ・・・と思いつつ、前の方にくっついいきます。途中、抜きつ抜かれつしながら走っていると、前方に足がつってもだえている方発見。当然サポートのスタッフの方が止まって手当てしてくれていますので、私ともう一方の参加者は余裕も無いのでスルー。

しばらくすると足がつっていたはずの方が追いついてきて抜き去っていきます! 足つっていたのになんでそんなに早いノン! というわけでまた二人で最後尾争い・・・追いついてきたスタッフの方が「まだ行けます?」と聞いてきますが、二人とも「いっぱいいっぱいです・・・」と。と言うか、ほぼ限界ですかね(T_T)。

ゴールはまだか・・・まだか・・・と走っているとまたも前方で先ほど抜き去っていった方が足がつってもだえておられます! お世話はスタッフの方におまかせして、私たち最後尾二人は先へ進みます。するともう一人の方が少しの下りを利用してやや先行。私は追う力は残っていませんのでマイペースで進んでいくと

なんじゃこりゃー!!!な坂を前方に発見・・・

なぜこの残り数キロ地点でこの激坂?なんでこんな意地悪なコースを設定するの?といろいろ浮かんでくるのは文句のみ。これはもう絶対登り切れないと思った時、後ろから先ほど足がつってもだえていた方が登っていきます! 何度も足がつっていたお方がなぜこの激坂をスイスイ登られるとデスか!! と思いつつ、降りて押すことにします。自転車を降りた瞬間・・・

両足つりました・・・

ちょうど膝の上から太ももにかけての筋肉がプルプルしとります! まったく動けません!

追いついてきた最後尾スタッフの方に

両足逝きました・・・まったく動けません・・・

と伝えると、とりあえずこれをドリンクで飲んでくださいと、アミノ酸の顆粒を渡されます。口の中に放り込みドリンクで一気に流し込みますが・・・

まずい・・・

「ろんぐらいだぁす」で亜美が初めてのサイクリングでハンガーノックになった際、もらった非常食を飲んだ時の気分が味わえました・・・。

少し休憩して、つった筋肉を叩いたりしてほぐした方が良いですよと言われ、軽く叩きます。なんとなくほぐれてきた感じ?

しばらくして歩けるようになったので、後どのぐらいか聞くと激坂を越えればあとは大した登りはないとのこと。とりあえず激坂は無理せず押してクリアしました。激坂途中で残り30分は切っていましたので、非常に微妙な感じですが、ここまで来たら行くしかないでしょう!

激坂の後、再びこぎ始めたものの全くスピード上がりません。こりゃ完全に脚終わってます。もう何度も途中でやめたくなりましたが、なんとかゴール。たぶんギリギリ8時間か、もしくは少しだけオーバーしたかも? でもいちおうゼッケンを読み取って最後のチェックを受け無事にゴール! ゴールでいただいたレモンのかき氷がうまかった!

ゴール後に最後まで付き添ってくれたスタッフの方に「おかげさまでなんとかゴールできました」とお礼を言うと

「私は何も・・・あなたがあきらめずにがんばったからですよ」

と言われて、久々に何かジーンと感動しました。日常生活では得られない、この極限状況にこの達成感にこの感動・・・あきらめなくて良かった!!

Img_0625_00001
しかし昨年あわいちを走りきってちょっと調子にのってました。私にはまだ8時間で140キロをちゃんと走りきる力が無いことを痛感。それにコース途中には多くの見所があったのにまったくコースは楽しめず・・・来年はショートコースでコースも楽しみつつ、今回押して登った後半の激坂2カ所を攻略してやろうと思いました。昨年のグランフォンド京都もそうですが、コース後半に10%を超える激坂があると耐えられない・・・脚が無くて超えられません。日頃の練習が30キロ前後のせいだからでしょうかね?

とりあえず来年は・・・ロングコースはもういいです・・・十分堪能しましたので・・・。

そして最後に車内で着替えるために靴を脱ごうとして・・・またつりました・・・豪快に右足がつって車内でもだえておりました・・・やっとおさまったと思って車内に残していた水を飲むと・・・完全にお湯になってました・・・顔を触ると塩まみれになってました・・・シャワー浴びたい・・・

と言うか・・・ここからまた4~5時間掛けて家まで帰らないといけない事実にうんざりするのでした・・・(~-~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »