« 禁断の領域へ・・・ | トップページ

2018年9月 2日 (日)

2018コウノトリチャレンジライド

今年3つめのロングライドイベント。

2018コウノトリチャレンジライド in 但馬

城崎温泉をスタートし、山陰海岸経て南下し豊岡市をぐるっと回って城崎温泉へ戻ってくるという117.3kmのコースです。いきなり最初から言ってしまいますが・・・このイベントはぜひ来年も参加したいと走りながら思ってしまうほどお気に入りのイベントになりました!

何が良いか・・・エイドステーション(AS)や給水所が絶妙な位置に配置され、補給食が素晴らしく充実し、コースの難易度的に私にピッタリ(きつすぎず、ゆるすぎず)、走りやすく、途中の景色も海有り・山有り、そしてゴール間際の温泉街を走っているとお店の方達が出てきて応援してくれるという・・・もう最高に参加して楽しめたイベントでした!!

さて、で当日のお話に戻しまして・・・
気比の浜海水浴場の駐車場がスタート地点から少し離れていることを考慮して、6時ぐらいに駐車場に着きたいなとYahoo!NAVIで検索すると、高速を使えば2:30ほどで着くらしい。途中で休憩やなんかを考えると3時間見ておけば良いか?というので3時ぐらいに出発・・・するはずが眠い目をこすりながら自転車を積み込んだりしていたら、出発したのは3時過ぎ。でも時間的には十分間に合うでしょと出発。

車のナビも目的地の海水浴場駐車場に設定し、高速代を少し節約のため最寄りICではなく大山崎ICから京都縦貫へ。綾部JCTから宮津方面へ順調そのもの・・・渋滞するわけないので当たり前ですが(^-^;。綾部を過ぎてふと気がついたのですが、車のナビの到着予想時間が・・・7時30分過ぎになっている?

車のナビの到着予想時間はこれまでの経験上から大きくは外れないことを知っていますので、頭の中で?マークが飛び交います・・・

出発が確か3:15ぐらい・・・今のところ休憩も取らず、順調に来ていて予定では遅くても6時ぐらいには着くはずなのになぜ? そもそも7:30って・・・受付が8時までじゃなかったっけ? ・・・7:30に着いて着替えたり、トイレ行ったり、朝食詰め込んだりしてたら・・・

えーーー!間に合わないんじゃないの!?

Yahoo!NAVIの検索の際に目的地間違えて入れたのかな? まだ目的地まで距離があるので到着予想時間の誤差が大きいのでは?などといろいろ考えつつ京都縦貫の終点宮津天橋立ICに到着。

私の記憶ではこのICが終点のはずなので当然のごとく高速を降ります・・・というかここまでしか高速は無いはず。車のナビもここから国道を走るように示していますが・・・

まだ高速が続いている?

なんか「無料通行区間」とか書かれた看板があって高速がさらに先まで延びています! 車のナビは数年前に更新したのを最後に地図の更新がされていません。そして私の頭の中も当然更新されていません。でもYahoo!NAVIだけは地図が常に更新されているのです!

つまり私の知らない間に、天橋立からさらに高速が延びており、天橋立のある海岸側の国道を迂回しなくても、山の中をトンエルでぶち抜いて一気にショートカットできる道ができていたのです! そのことに気がついた時は、既に天橋立側をぐるっと迂回した後でしたが、少しだけですが何とか高速の無料区間に途中から合流し、時間短縮を図れました。

間に合わないんじゃ無いかと到着までの時間が今回のロングライドでは一番ドキドキした時間でした(^-^;。

とりあえず無事に駐車場に余裕を持って到着。まずは途中のコンビニで仕入れた朝ご飯を食べます。そして駐車場のトイレで用を足し、サイクルウェアに着替えます。自転車のタイヤに空気を入れて、準備完了。ちなみにこの駐車場、目の前がすぐ海です。

Img_0680

では準備も完了したし、いざスタート地点へ出発。スタート地点の城崎中学校は駐車場から自転車で15分ぐらいのところです。途中温泉街を抜けた先にあります。

すでに校庭に自転車がたくさん寝かして並んでいますが、どこに並べ良いのか分からなかったので、校庭脇にあったサイクルラックに自転車を掛けて、まずは受付へ。

ゼッケンやらヘルメットに貼るシールをもらいます。ゼッケンを固定する樹脂製の留め具を配られますが、なんかいまいちだったので、安全ピンも配っていたので安全ピンをゲットしゼッケンをウェアに留めます。

今回はグランフォンド伯耆で自分の力のなさを思い知りましたので、おとなしく亀さん(ゆったりペースで走りたい人)チームにエントリー。どうもスーパー兎チーム(超速い人)、兎さんチーム(速めの人)、亀さんチームの順でスタートするようです。

Img_0682
挨拶やら何やらあった後に、予定通り8時にスタートです・・・がスーパー兎さんから順にスタートのため、亀さんチームのスタートはまだまだです。結局、亀さんの半分より後ろにいた私がスタートしたのは、8:40過ぎぐらいでしょうか・・・長くて待ちくたびれました・・・。

Img_0683
スタートから比較的早いうちに早速登り坂が始まりますが、勾配はさほどのことはありません。むしろもっと速いペースで走りたいところですが、集団をスタッフの方が引いておられて、なんとなく抜いてはいけなさそうな感じで皆さん遠慮している感じ。私もまだ始まったばかりだし、無理に脚を削らなくても良いかとおとなしく集団に着いていきます。

ただスタートして10分ほどのところで既にヘロヘロになっている方や、押している人が・・・スタート直後のさほどでもない坂でこれでは・・・この人達は完走できるのだろうか?と余計な心配をしつつ快調に進みます。

そうこうしているうちにあっという間に給水所に到着。とりあえず止まってみたものの、脚も元気だし給水するほどでもなかったので、すぐに出発。

この後もしばら登りが続きますが、激坂と言うほどことは無く登っていきます。途中すばらしい絶景に写真を撮ったりしつつ登っていきます。

Img_0685
やがて海岸沿いから山に向かって走りますが、ここまでのところまだ激坂は無しです。淡々とペダルをこいでいきます。そして第1ASに到着。

Img_0686

ここではうどんを頂きました。けっこうASの補給食が充実しているなと感じたのですが、このASはまだまだ序の口で、後半のASでは補給食に感動することになろうとは、まだ知るよしもない頃です。

なにせ出発で40分ほどハンデを背負っているので、まだあまりのんびりはせずに少し休憩してすぐに出発します。このあとはコース最大の登りが控えているのですが・・・なんかあまりきつかった記憶が無く・・・もちろん決して楽なわけではなかったのですが・・・十分脚を残して登り切れるぐらいで、思い返してもさほど印象に無く(~-~)給水所に到着。

Img_0687
なんか見たことあるとおもったら、給水所の隣のスキー場へは以前家族でスキーに来たことがあることを思い出しました。ここでは羊羹をいただきましたが、あまりにもおいしかったので3本ほどいただき、満足した後に出発。

ここからはしばらく一気にくだります。下りきって、また登って給水所に到着。なんか、このASや給水所の配置が絶妙ですね! この辺に欲しいなぁと思うところにちゃんとあるのがスバラシイ! この給水所は但馬空港の隣で、記念撮影するにも良いポイントです。

Img_0688

やや脚に疲労が見えてきていたので、少しゆっくり休憩をして出発。これまた一気に下ってしばらくはほぼ平坦路です。ちなみに途中にけっこうトンネルがあるのですが、グランフォンド京都で痛い目に遭って、いちおうライトはCATEYEのVOLT400というライトを買ってつけていました。普段薄暗い程度では十分と思っていたのですが・・・照明の暗いトンネルでは不十分なことを痛感。まだまだ不十分だ・・・VOLT800以上が必要。

これはライト買い直さないと・・・などと思っていると第2ASに到着。こちらのASはローソンの駐車場を利用していました。そしてここでは名物の出石そばがふるまわれました! 一人二皿限定でしたが、薬味を付けて一気にすすります!

うまい!!

二皿なんてあっという間に平らげてしまいます。仕方ないので、そのほかバナナ等で我慢します。制限時間まで1時間ほどでしたので、とりあえず出発。最後の登りに向かいます。

・・・ただ・・・相変わらずものすごくきつかったという印象が無く・・・もちろん楽だったという印象も無いのですが・・・無事にクリアし、最後のASへ。

Img_0689
ここでは水浴びさせてもらったりと楽しんでしまいました。そして、ここで出された朝採れたてをキンキンに冷やしたブドウが衝撃的なうまさ!! おそらく種なし巨峰?かと思われましたが、まあ甘いのなんのって! もう皮ごとムシャムシャ食べました! あまりにおいしいので・・・つい何度も並んで・・・20粒弱は食べたような・・・いっぱい食べてスイマセン。

ぶどうのあまりにおいしさに感動しながら出発。少しだけ登ってあとは一気に下って市街地へ。コースを間違えそうな箇所にはちゃんとスタッフの方がいますので安心して走れます。

ここからはほとんど平坦です。最初は集団にくっついていましたが、平坦が遅い私は徐々に遅れていきます。やはり100キロほど既に走ってきていますからそれなりに疲労も溜まり25キロぐらいで巡航するのがやっとです。

気がつけば前にも後ろにも誰もおらずひとりぼっちになっていました。しかも川沿いの道に入ってからは思い切り向かい風! スピードが全くあがりません。

すると後ろからスタッフの方が追い抜いて行かれて声をかけてくれます。どうも引いてくれるようなのでついていこうとしますが・・・向かい風の中24キロぐらいですらついていけません。じりじり離され、もうまったく風よけの効果なんて無いほど離れてしまったことに気づかれて・・・諦めて行ってしまわれました。

ここまでくればもう大丈夫ですのでマイペースで行きます。そしてふと気づくと後ろに数名ついてきていて・・・まだまだ初心者の私を風よけにして引かすのは勘弁してください!

温泉街の中を抜ける時には、店員さんがお店から出てこられて声援を送ってくれます! なんか良いですね・・・

そして気分良くゴール! ゴールでは名前をコールしてくれ、しかもおねーさんが呼ぶので近づくとハイタッチでお出迎え! これまたなんかうれしい・・・

ゴール後に記念品を受け取って、アンケートを提出し、但馬牛カレーをいただきます。これがまたうまいのなんのって! そして最後に浴衣のおねーさん達と記念撮影! 

Img_0693
もっと思い切り万歳したつもりが・・・なんか中途半端な・・・まいちですね・・・

Img_0700
このイベントはぜひ来年も参加したいです! ただ唯一残念だったのは、参加賞でもらった城崎温泉外湯巡りチケットを使わなかったこと・・・車に戻ってから、着替えて引き返してこようかと思ったのですが、駐車場が疲れた体には思いの外遠くて、引き返し来る気になれず、そのまま帰ってしまったことです・・・温泉入りたかった(T-T)。

総時間:7:06:38
走行時間:5:39:27
距離:117.71km
平均:20.8km/h
最高:58.5km/h
登り:1226m





|

« 禁断の領域へ・・・ | トップページ

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76986/67174991

この記事へのトラックバック一覧です: 2018コウノトリチャレンジライド:

« 禁断の領域へ・・・ | トップページ