« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月11日 (月)

RSタイチ電熱グローブ

電熱グローブは、コミネさんの神対応のこともあって、ずっとコミネ製を使っていましたが、昨年何気なくバイク用品店に展示し、通電してあったRSタイチ製の電熱グローブに手を突っ込んだところ・・・

 めちゃ暖かい!・・・と言うより熱っ!

と衝撃的な暖かさに、今年ついに買ってしまいました! RSタイチ製の電熱グローブ!!

Img_0976_01_3
あの衝撃的な暖かさは、たぶんというか間違いなく12V給電していたからだと思います。そう思うモノの・・・

 他人の庭の芝生は青く見える

・・・というわけで、ひょっとしてRSタイチ製の電熱グローブはバッテリー駆動でもコミネ製よりも暖かいのでは?という思いがぬぐいきれないのと、バイクがセパハンのH2SXになったためもあってか、親指の先がグローブの中でつっかえて痛むことがあり・・・コミネ製はXLサイズでも親指の長さがわずかに短くて先にも余裕が無いので・・・RSタイチ製の電熱グローブに手を出してしまいました・・・。

そしてまずは結論ですが・・・

 バッテリー駆動なら暖かさはどちらも大差なし

ですね(^-^;。コミネ製は12Vで試したことが無いのでわかりませんが、確実にバッテリーよりも暖かいと思われますので、電源が同じならたぶんどちらも大きな差は無いと思います。

では電熱抜きにグローブ単体の防寒性能は?ですが、こちらも

 大差なし

が結論です。コミネ製もRSタイチ製もただのグローブとして見てもなかなかの防寒性能です。電熱無くてもそこそこの防寒性能があります。防寒グローブとしてのゴワゴワ感はいずれも同等です。

バッテリーのもちは、それぞれ純正バッテリーだとややコミネ製の方が長持ちするような気がします。正確に比較はしていませんが、なんとなくのレベルですので大差ないと思っておいてもらえれば良いかと・・・いずれもほぼ仕様通りの持続時間です。

では何が違うか?

スイッチの操作感はRSタイチの方がスイッチを押した時のクリック感がはっきりとしており、良好です。が、少し押されただけでも簡単にスイッチが入ってしまうため、何気なくグローブを重ねて持っただけでも、スイッチ部が押されるとスイッチが入ってしまうことがあるので要注意ですが。

あと、バッテリーの収納部の口はコミネ製はマジックテープですが、RSタイチ製は防水(っぽい?)のジッパーです。

で、最大の違いは手首から袖口までの形状でしょうか。コミネ製は手を入れる入口部分から手首までが広くて短い(短いと言ってもRSタイチ製に比べてであって、普通の防寒グローブからするとやや長め)のに対し、RSタイチ製は入口から手首までが長くて狭い(細身)です。いずれもこの入口から手首までの部分にバッテリーを収納するので、幅広のコミネ製は良いのですが、細身のRSタイチ製は左手に腕時計をしていると、腕時計とバッテリーが干渉してうっとーしいです。コミネ製では腕時計付けたままでも何とかなりましたが、タイチ製では耐えられなくて腕時計外してグローブはめてます。

ちなみに私が買ったコミネ製のロンギヌスは非常にタイトな作りで、グローブのサイズはLサイズな私でもXLでなくてはきつくて、XLでもまだ親指の長さがちょっとだけ足りない感じですが(今のモデルはどうか分かりませんのでぜひ試着を)、RSタイチ製はLサイズで少し余裕があるぐらいで問題ありません。

というわけで、どちらを選択しても、電熱グローブとしての性能に大差は無いです。あとはデザインとメーカーの好み、将来性(将来にわたってバッテリーの互換性が保証されるかなど)、オプションパーツ類(12V電源用のパーツなど)で決めれば良いのでは無いでしょうか。

私ならどちらを選択するかですか? サイズの問題さえ無ければコミネ製かな?

ちなみに以前作った自作電熱グローブ用バッテリーはちゃんとRSタイチ製でも使えます! 

Img_0977_01_2
ただ配線の長さが少し長くて・・バッテリーポケットからはみ出しちゃいますが(^-^;。

Img_0978_01
※あくまでも個人的な感覚の話ですので、購入の際の参考にしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

SENA 30Kというやつ

あまりネットでは見かけないSENAのインカム30Kのお話でも。

SENAのインカムは、そのデザインと性能が気に入って愛用していますが、その最上位グレード30Kについてです。

Img_0964_01
ネットでは良い話しか見かけないのですが・・・結論的には

 20Sの方がオススメ

です。なぜか? 一番の問題は30Kの売りであるメッシュでの接続時にけっこう頻繁に音声が途切れ途切れになって聞き取れない事象が起こるからです。

問題なく繋がっている時は音声もクリアで、バックではスマホナビの音声も聞けて非常に良いのですが、なぜかけっこう頻繁に会話の声が途切れ途切れになって聞き取れない現象が起こります。

原因ははっきり分かりません。ちゃんと聞こえる時は聞こえるのですが・・・

仕方なくメッシュでは無く、通常の接続では安定して何も問題ないところを見ると、やはりメッシュ接続に問題があるようです。

はっきりとは言えませんが、3台の30Kで接続時に先頭を走る私と後ろ2台との間がよく途切れているような気がします。そう思うと、真ん中には初心者を挟んでいますので、3台の間隔を見ると、私と2台目はやや距離が空き気味、後ろ2台はそれよりは接近している? 距離の関係かなぁとか思ったり。でも仕様的には全く問題になる距離じゃ無いはずなんですけどね。

単独で使って、音楽やナビを聞いている分には全く問題ありません。音質も20Sよりクリアな感じです(個人的な好みの範疇ですが・・・)。

ネットで評判を見ても、良いことしか書いて無くて、たまに音声の途切れのことに触れている記事もありましたが

 たまに音声が途切れることもあるが、問題ない範囲だ

・・・そうで・・・いやいやこれは個人的には十分問題な範囲です!

まだメッシュでの接続も数回した程度なのではっきりとは言えません。なかなか3台の30Kが揃わないので試せないのですが(^-^;、また次回30Kが集まった時にメッシュ接続を試してみて、いろいろと確認して、SENAへも情報提供(苦情・・・というか改善要求?)しようかと。

というわけで、どうしても8人以上で会話したいとか無ければ、20Sの方が性能も安定しているし、価格も安いし、高機能だし、オススメです。

今30Kを選択する理由としては・・・デザインと・・・最新機種という優越感?・・・ぐらいかな?

SENAさんのことなので、バージョンアップで改善してくれることを期待していますが・・・まだあまり30Kでメッシュ接続するケースが少ないのかもしれませんが、同じ問題を感じている方いないのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »