« BIKE!BIKE!BIKE!2019とH2SXSE受難 | トップページ | グランフォンド京都2019 »

2019年5月11日 (土)

10連休の結果

平成が終わり令和になりましたが・・・別に何も変わりなく・・・個人的にはどうでもいい感じです。

そんなことは置いておくとして、この10連休ですが、蓋を開けてみればツーリングらしいツーリングへは結局行けませんでした。すべては初日のパンクに始まり、途中数日は天気が悪かったり。なんかいまいちでしたねー

ところが!オドメーターを見てびっくり!ツーリングらしいツーリングへ行ってないのに

 1200キロも走っとる・・・

確かに夜型で朝の立ち上がりの遅い家族の目を盗んで、午前中を中心に近くの道の駅巡りしたりしていましたが1200キロも走っておったとは!

というわけでこの連休中に訪れた道の駅他をご紹介!

<お茶の京都 みなみやましろ村>
この道の駅は我が家からちょうど1時間ほどで行けるため、朝6時に家を出ても8時過ぎには帰ってこれるのと、休憩にちょうど良いので、この連休中何度も立ち寄りました。たぶん5,6回は立ち寄ったのでは? まだ新しいため設備もトイレもキレイでオススメです! 食堂では地元産の食材料理が味わえ、これがまたなかなかのお味です! 定番のソフトや団子などもうまし! 駐車場も広くて快適。

Img_1111_01

Img_1131_01

Img_1102_01

Img_1045_01

<伊勢本街道御杖>
ちょっと足を伸ばして行ってみたのが道の駅御杖(みつえ)。温泉(スーパー銭湯?)が併設されていますが、行ったのが朝早すぎて開いてませんでした・・・。しかも温泉だけで無く、売店も何も開いていなくてトイレのみお借りしたという・・・でもR368が連休中にもかかわらず朝は渋滞知らずで快走! 途中、部分的に1車線区間がありますが、ダムもあったりと景色も良く、どこへ行っても渋滞でうんざりしていたのですが、その鬱憤を晴らす快適ロードでした。

Img_1103_01

Img_1106_01

<ガレリアかめおか>
亀岡の市街地にある道の駅。この前は何度も通ったことがあるのですが、道の駅らしくない雰囲気になんとなく立ち寄る気がせずスルーしていましたが、ついに足を踏み入れてみました! が・・・何でしょうね? いわゆる道の駅の田舎感が全く無くて、なんか落ち着かずすぐに出てしまいました(-_-;。

Img_1115_01

<針>
もう何も言う必要の無いぐらい関西ライダーにとっては超有名な道の駅ですね! 集合場所に使われることも多く、バイクを見たい時はここへ行けば必ず大量のバイクを見ることができるという・・・この日も個人的に大好きなホンダのVFR800のインターセプターカラーの実車を見ることができました(*^-^*)。

Img_1044_01

<美山ふれあい広場>
言わずと知れた関西ライダーにとっては針と並ぶ一度は必ず訪れたい道の駅ですね! ちょっと建物が改装されたのか?雰囲気が変わったような気がしましたが?こちらに立ち寄ればぜひ牛乳ソフトをいただきましょう! ここからはさらに奥のかやぶきの里へはぜひ足を伸ばして訪れてみましょう! 他にもすぐ近くには好きな人にはたまらない峠道もあり(安全運転でお願いします!)、周辺は交通量も少ない快適路ですので、自分のペースでゆったりと走れます。

Img_1124_01

Img_1126_01

Img_1120_01

<スプリングひよし>
日吉ダムのそばの温水プールや温泉や足湯なども併設されている道の駅。美山へ行くとなんとなくつい立ち寄ってしまいます。私も何度も立ち寄っていますが、未だに温泉には入ったことが無い・・・いずれ温泉も利用してみたいと思います。

Img_1128_01

<京都新光悦村>
ちょうど高速のICの出入り口からすぐのところにあって、高速に乗る前や降りてきた時についなんとなく吸い込まれてしまう道の駅(^-^;。スプリングひよしからも近いので、ここで休憩は必要ないのですがなぜかつい立ち寄ってしまいます。ただ残念ながらコレといって特筆するモノはあまりなく、本当に休憩とトイレしか利用したことがありません。

Img_1129_01

あと、連休中には所用のため福井の今庄にある新羅神社にも訪れ、帰りに時間があったので木之本ICまで国道を走った際に琵琶湖北部のあじかまの里という道の駅にも寄りましたが、ここもトイレと休憩以外にはあまり特筆すべきモノが無かったような記憶が?

Img_1060_01

といったところを走り回っていたら・・・連休中で1200キロ走っていたという・・・まだまだ大丈夫と思っていましたが、オドメーターは3800キロを越え、オイル交換をぼちぼち考えないといけなくなってきました。

|

« BIKE!BIKE!BIKE!2019とH2SXSE受難 | トップページ | グランフォンド京都2019 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BIKE!BIKE!BIKE!2019とH2SXSE受難 | トップページ | グランフォンド京都2019 »