« LOCASSE TAMBAへ | トップページ | H2SXSEへのアクションカメラ取付け »

2019年6月 9日 (日)

H2SXSEオイル交換

気がつけば既に総走行距離4663km。900km達しないうちに1ヶ月点検でオイル交換したのでオイル交換後4000km弱走ってます。私はいつも3000~5000kmを目安にオイル交換しているのでそろそろ交換時期です。

でも・・・バイク屋でカワサキの高グレードオイル冴速とか入れると工賃込みでけっこうとられますよね・・・これまでレッドバロンのオイルリザーブだったので、オイル代も安いし、リザーブしたオイルが無くなるまでは工賃のみでしたから安く交換できていましたが、これからはそうはいきません!

メンテパック申し込んだので、4回のオイル交換はフィルター交換込み・スタンダードオイルなら無料(無料と言うより先払いというべきか)ですが、4回なんて結構あっという間に使い切ってしまいますよね。ちなみに私はフィルターはオイル交換2回に1回の割合でしか交換しないので・・・

 フィルター交換しない時は、オイル交換は自分でしよう!

ということに。オイルもネットで買えばバイク屋とは比べものにならないぐらい安く買えますので。最近はレッドバロンのオイルリザーブのおかげで自分では全くオイル交換しなくなってましたが、オイルだけの交換ならさほど手間ではないので、久々にちゃちゃっとやりますか!

まずネットでオイルを購入。H2SXSEはフィルター交換無しの場合3.5L使います。amazonでカワサキの冴速1L/本の4本セットが7,500円ほどで売っていたので早速ポチッと!(今はさらに値段が下がってますね・・・(^-^;)Img_1199

 

次にオイルドレンワッシャーをネットで注文。サイズが分からないのでとりあえず純正を購入。純正ワッシャー(パーツNo. 92065-097)をカワサキ純正パーツ屋さん(http://kawasakiya.net)にて注文。1個86円なのに送料が400円! なんとなく2個注文。
ちなみにワッシャーの袋には、12x22x2と寸法が記載されていました。Img_1189

あとはオイル処理箱とオイルジョッキをamazonで購入。オイルジョッキも4Lとかになると結構高いので、けちって1Lを注文。ではさっそくオイル交換開始!

センタースタンドを立てて先にオイルの量を確認しておきます。上のラインぎりぎりまで入ってますねー。

Img_1191

ちなみにドレンボルトはここです。ボルトの上部にオイルフィルターもありますが、フィルター外すのは面倒くさそう。

Img_1186

まずはドレンボルト緩めます。意外としっかり締めてあります。ふんっと踏ん張って緩めます。先にオイル処理箱をドレン下に配置してしまったのですが、センタースタンドでは箱の高さがギリギリ・・・緩めるのに多少力を入れないといけないので、箱があると緩めにくくて・・・少し緩めたぐらいではオイルは出てこないので、まず緩めてから箱を下に配置すれば良かったなと。

ボルトを抜くとドレンからダーッとオイルが出てきます!Img_1194

オイルが抜けきったらワッシャーを交換して、ボルトを締めます。本当はトルクレンチでトルク管理すべきところですが・・・とりあえずフンッと最後に一踏ん張りして締めておしまい。まあ、緩まなきゃいいので、締めすぎても面倒なことになりますし、最後にフンッと軽く一締めておけば十分でしょう!

今度は車体右側のオイル投入口の蓋を外して、ドボドボとオイルを入れます! オイルはとりあえずゲージの真ん中ぐらいまで入れました! 蛍光グリーンがキレイ! 何を入れたらあんな緑色になるんでしょうね?Img_1198

その後数分エンジン掛けて、エンジン止めてしばし放置・・・落ち着いたところでゲージ再確認。フィルター交換してないし、あまり量は変化無し。最初は上のラインまで入っていたので少し足して完了!

ほぼ規定通り3.5Lほど入りました。最後にジョッキに残ったオイルを処理箱に捨てたところ・・・古いオイルとの色の違いがくっきり! 古いオイルはやや茶色がかって透明感も無くなってますね。それに比べて新品オイルはきれいな蛍光グリーンで透き通ってます!Img_1200

 このオイル・・・オイルゲージ窓を見ているだけで気持ちよくなってくる・・・(謎)

交換後はシフトチェンジもスムーズになり、乗っていて気持ちいい! これでいつでもツーリング行けます!・・・と思ったら、その前に早くも6ヶ月点検の案内ハガキが・・・

 

|

« LOCASSE TAMBAへ | トップページ | H2SXSEへのアクションカメラ取付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LOCASSE TAMBAへ | トップページ | H2SXSEへのアクションカメラ取付け »