« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月25日 (日)

イマイチな夏休み1 -H2SXSEは旗艦のオーラをまとう?-

今年はいろいろあって8/2(金)~8/5(月)と8/10(土)~8/14(水)の2回に分けた夏休みとなりました。

8/2は京都美山から小浜~三方五湖(レインボーライン)~敦賀の田舎へ行って帰ってくる予定で遅めの10時頃出発。順調に京都縦貫道を走って、ちょうどお昼前に京丹波PAに到着。フードコートに行き、さあ何を食べようかと券売機の前にできた列に並ぶ。席に座れるかなとか心配しつつウエストポーチを開けて、財布を取り出そうとして・・・

 ・・・財布がない!

一瞬頭の中が真っ白になりました。どこかで落としたのかと思いましたが、よーく考えてみると財布をポーチに入れた記憶が無い(~0~)

 財布忘れた!

とりあえず券売機前の列を離脱し、おちついて考えます。とりあえず免許証入れの中にクレジットカードが1枚入れてあります。

ここで選択肢として

・飲まず食わずで田舎の敦賀まで行って、田舎でお金を借りる。
・クレジットカード払いのできる飲食店やスタンドを見つける。
・コンビニかどこかでクレジットカードのキャッシングを利用して現金を得る。
・諦めて帰る。
・帰ってから再度出直す。

ただ確かこのカードはキャッシング機能がなかったはずだということを思い出し、3番目の案がまず消えます。この日は暑く、「食わず」はいいとしても「飲まず」は熱中症になる恐れがあり危険・・・1番目の案も消えました。この後、京丹波みずほICで降りて、大野ダム経由で美山へ寄ってから国道162号を北上して小浜へ抜けようと思っていましたが、小浜へ出るまで何も無い田舎道・・・カードの使えるお店があるだろうか?たぶんあるはずと思いつつも、万一うまく見つけられなかったら危険というので2番目の案も消えます。

自宅まで1時間ほど・・・他の案が消えた今となっては、とりあえず一度帰ってからどうするか考えようということで、帰ることに決めました!

さっそくバイクに戻ってメットをかぶり、グローブをはめたところで見知らぬおじさんが話しかけてきます。

 これカワサキのH2やろ!実物初めて見たわ!

どうもH2と勘違いしているようだったので、H2SX・・・H2のツアラー版だと説明すると、H2SXの存在はご存じない様子。なんでも新型のアフリカツインに乗っておられるとのことでしたが、その割にはあまりバイクそのものには詳しくは無い? 普段ならじっくりお相手をするところですが、何しろ早く帰って財布を取って出直したいところに加えて・・・暑い!メットをかぶって、ジャケットを着て、グローブもはめた状態では何しろ暑い!!

なんとか話を切り上げて折り返し。といっても高速道路では次のICまで先に進むしか無いのが痛い!

結局また1時間かかって自宅に帰り着き、ついでにちょうど昼ご飯だったので、クールダウンもかねて昼食を自宅で食べて再出発!

でもさすがに夕方までに敦賀へ着くには当初考えていたルートは時間的に無理があるというので、とりあえず用事のある敦賀の田舎へ最短で行こうということにして、第2京阪~京滋バイパス~名神にて敦賀を目指します。

でもなぁ・・・このルートほとんど高速道路なんですよね・・・なんかつまんない・・・でもしょうがない!

大きな渋滞も無く順調に進んで、賤ヶ岳SAで休憩している時のこと。またもや出発しようと準備をしていると見知らぬおじいさんが話しかけてきます!

Img_1266

 かっこええバイクやな!ごっついスピードでるんやろな!

バイクは全く知らないそうですが、えらくかっこよく見えて思わず声をかけたとのこと。そんなに他のバイクと何か違うかな~?と思うのですが、素人目に見ても何かH2SXはただ者では無い感じがするようです(?_?)。

さて、その後無事に田舎に到着し、用事を済ませ、晩飯もついてでにごちそうになって、帰ります。そして北陸道の神田PAで休憩し、自宅に帰るLINEをしていた時、またもや見知らぬおじさんから話しかけられます。

Img_1267

 速そうなバイクやな!どこまで帰るの?

・・・何でしょうね? Z1000の時は、約4年乗って、休憩中に話しかけられたのはたった1度だけ。中学生ぐらいの男の子から排気量を聞かれたことがあるだけだったのが、この日は休憩のたびに誰か(必ず男・・・なのが残念)に話しかけられるとは!

たしかに私もH2SXSEを見かけると「おぉ!」と思いましたが、それはカワサキのスーパーチャージドエンジンを積んだバイクだと知っているからですが、何もバイクのことを知らない人が見ても何か感じさせるものがあるよう? これぞ200万円オーバーのフラッグシップのまとうオーラのせいなのか?

そんなに他のバイクと何かちがうかなぁと思いつつ八日市を過ぎたところで、雨が降り始めます。

しかも降り始めてあっという間に土砂降り・・・

カッパを持っていませんでしたし、そもそも一瞬で諦めがつくぐらい濡れました・・・一気にパンツまで・・・

でも夜で真っ暗でずぶ濡れになってても周りからは分かりませんし、メッシュジャケットにメッシュパンツですので走っている内に乾くだろうと。結局10分ぐらい土砂降りの中を走って、ずぶ濡れになったものの、草津SA近くまで来た時にはすっかり乾いてました。最後にSAで休憩しようと思っていたところ、道路の電光掲示板に

 雨注意!

の文字が・・・ま、まさかまた?と思った瞬間、大粒の雨がダーッと・・・せっかく乾いたのに再び全身ずぶ濡れ・・・しかもさっきの1.5倍増しの強烈な降り方!雨粒が手に当たるとグローブ越しなのに痛いぐらい・・・。

このずぶ濡れ状態ではSAで休憩もできないので、草津SAはスルーして一気に帰ります。せっかくなのでパワーモードやKTRCを雨仕様に切り替えようかと思いましたが・・・切替方法忘れた! そのままいつものF(フルパワー)、KTRC1で走り続けます。

帰って取説確認すると、アクセルオフの状態でしか変更できないんですね・・・。意図せずして土砂降りの中を走行することになりましたが、フルパワーで走っても当然ですが特に何も問題は無かったです。

それはさておき、話しかけてきた人に言わせると、H2SXSEはバイクを知らない人から見ても何かただならぬ雰囲気を感じる・・・らしいということを知った一日でした!

個人的には、かっこいいとは思いますが特に他のバイクと比べて違う雰囲気はあまり感じないのですけども?

しかし、こうしてブログに書いてみても「何だかついてないなー」って感じのツーリングでしたね(^-^;。

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

グリーンなアレが期間限定!コレ欲しい!!

カワサキ乗りには外せないカワサキ一番をふと見ていて目が釘付けになった記事!それは・・・

2019_new_green

チェーンを交換する時はゴールドかなと思っていましたが、このグリーンも捨てがたい! でも注文して12月に受け取っても、たぶんまだまだ今のチェーンが寿命になるとは思えない・・・もったいないかなぁ・・・でも受注生産の限定品みたいだし・・・受付期間は9/30までだし、もうちょっと悩もう・・・

<後日追記>
9/22にオイル交換にカワサキプラザへ行った際に注文しようとすると、メカニックの方が

 ノーマルよりも2ランクぐらいグレードが下がるのでもったいない

と。値段的にはそんなに悪いモノでは無いかと思ったのですが、限定品で高いだけだそうで。Ninja650クラスとかならともかく、よほど色にこだわりが無いのであれば、 H2SXに使うのはオススメしないと。そう言われると一気に買う気が失せました(^-^;。

| | コメント (4)

2019年8月 4日 (日)

第8回京都美山サイクルグリーンツアー2019

エイドステーションの補給食がグルメで有名な美山のロングライドイベント。昨年は昼の12時から受け付け開始だったので、会社の食堂で昼食後に、席に戻って申込をしていると・・・あれこれ記入して最後に申込ボタンを押したところ・・・

 定員に達したため参加申込締め切りました

の文字が! まだ12:15なのに! ・・・という非常に悔しい思いをしたので、今年は万全の体制でのぞみます! ただ今年は夜の8時からの受け付け開始。さっさと帰ってパソコンの前に待機します。受け付け開始と同時にサクサク記入して申込ボタンをクリック! 今年は見事に申込完了です! ただしばらく見ていましたが、今年は一向に定員に達しません・・・こんなに気合い入れて申し込んだのに・・・

というのはさておき、今年は無事に参加できることになった・・・のですが、娘が前日8/3に富士急ハイランドであるバンドリ(ロゼリア)のライブのチケットが当たったと言いだし、なんだかんだあって車でライブ当日8/3の朝出発、夕方には会場到着。ライブ終了後、そのまま帰ってくるという超ハードな計画が立てられました!

運転手は・・・当然私なんですけどね・・・ライブはたぶん21時ぐらいには終わるはず。そこから帰ってきたら・・・間違いなく夜中やね。早くて2時頃? たぶん3時帰宅・・・翌日8/4美山へは4時には出ないとダメかなぁ・・・

 寝る時間ないやん

で、結果は見事に予想通り3時に帰り着き、即おやすみなさい・・・で、1時間後にはおはよう・・・今日も暑そう・・・熱中症で倒れるかもしれんなぁ・・・

眠たい体にむち打って4:30頃に出発し、我が家からは1:30ちょっとかかるので、6時頃に到着。申込の際に駐車場を頼み忘れており、事前予約の要らない駐車場に向かいます。誘導されるがままに駐車場に車を止めてお着替えします。事前予約不要の駐車場だったのですが、意外にスタート地点に近い駐車場でした。

受付を済ましてスタートを待ちますが、スタート地点は自転車であふれかえっており、どこがスタート地点で、どこか最後尾がなんだかよく分からない状態。やがて7時にスタートし、ようやくスタート待ちの列の状況が判明します。最後尾に並ぼうかと思いましたが、スタートゲートをくぐって正式なスタートを待っていると、それだけで30分ぐらいロスしそうな感じ。というわけで適当に勝手にスタートします!

Img_1278

以前仕事の関係でこのあたりの地理はなんとなく把握してますし、バイクでも時々来るので土地勘はあります。このイベントは決まったコースはなく、チェックポイントをすべて回って時間内にスタート地点に帰ってくれば完走です。そこで私の立てた作戦は、まず北のチェックポイントを回って、西から南へ回って最後に東のかやぶきの里方面を回って帰ってくるというもの。

まずはさっそく計画通り北へ向かいます。途中に鶴ヶ岡ASがあります。なにやらグルメポイントのようで列ができています。でも私の今回の目標はまずは完走です。グルメを重視するのは次回以降にして、ここでは並ばずにもらえる補給食のおにぎりなんかをもらって食べます。ここで初めて目にするしそジュースなるモノを飲みます。家庭の味なのか、AS毎に置いてありましたが、味の濃いモノ・薄いモノ様々な味がありましたが、ここで飲んだしそジュースがあさっりしてて一番おいしかったです!

さらに北上し、最初に一番北のチェックポイントである「山森」に到着。ここでは冷えたスイカが出されて、これがまたうまい! スイカをムシャムシャ食べて即出発。

Img_1281

今度は元来た道を戻りつつ、途中で脇道へ入って「洞」に到着。ここは・・・何もありませんでした・・・冷たい水が滝のようにまいてあったので、水浴びして体をクールダウンし、即出発。

Img_1282

元来た道を戻って、ほぼスタート地点の宮島ASへ。ここはスタート地点に一番近いだけあって、大勢の人であふれかえってました。人が多すぎて何もゲットできず、とりあえずしそジュースやなんやら適当に補給しました。

Img_1283

今度は西を目指します。しばらくして大野ASに到着。こちらはさきほどの宮島ASとは打って変わってほとんど人がいません! 3人ぐらいでしょうかね?あまりに人がいないので、皆さん一体どこへ行ったのだろうと不安になりつつ、出発。そのまま西へ。脇道へそれて「川谷」に到着。ここもチェックしてくれるスタッフさんが一人いるのみで寂しい・・・腕に輪っかをつけてもらってすぐに出発です。

さらに西へ向かい、一番端っこのチェックポイントである「向山」に到着。参加者は誰もいません・・・せっかくなのでここで少し休憩するかとかき氷をいただきます。これがまたうまい!タダのかき氷なんですけどね・・・暑さのせいかめちゃうまく感じました。

Img_1286

今度は来た道を東へ戻りながら、途中で橋を渡って「肘谷」に到着。私が来たのとは反対側からも参加者の方が来られたので聞くと、この先にチェックポイントがあるらしい。しかもかなり小刻みにアップダウンを繰り返し、所々こけの生えた滑りやすいところがあるらしい。こういう情報はありがたいですね!

確かに言われたとおり、小刻みにアップダウンの繰り返し。ところどころ勾配のきついところもありましたが、それほど長く続かないので何とかクリアして「萱野」到着。ここも補給食はあまり無く、冷たい水をいただいて出発。この頃から日差しもきつく、ちょっと頑張ると頭痛がしてくるので、すぐに頑張るのを止めて休みながらのんびり走ります。暑さも厳しくなって体力が削られていきます。

今度は南を目指し走りますが、けっこう体力的に厳しくなってきて、次のチェックポイントでは何か固形物をお腹に入れたいなぁと思っていましたが・・・到着したチェックポイント「原」には何もありませんでした・・・。

とりあえず水道の冷たい水は使い放題だったので、頭からかぶってクールダウンし、次のチェックポイントを目指します。

次のエイドステーションは平屋AS。いわゆる道の駅美山です。ここではおにぎりと白玉かき氷をいただきます。コレがうまい! 思わず2回並んで2ついただきました!

Img_1287

この辺でけっこう疲れがピークになっている感じがありましたが、近くのチェックポイントを目指します。チェックポイント「長尾」へはすぐに到着。さっき休んだばかりなので、輪っかをもらってすぐ出発。ここから美山のかやぶきの里までが結構遠い! いつもはバイクでビューンと行っていたのでそれほど感じませんでしたが、けっこう遠い! やっとかやぶきの里に着いたと思ったら、ここはASも何も無かったんですね・・・スルーしてチェックポイントへ向かいます・・・。

Img_1288

以前仕事で河鹿荘に泊まったことがあるのですが、あまりの暑さに河鹿荘のロビーで涼ませてもらおうかとなどと思ったり・・・でも道から少しそれてしまうので、まっすぐにチェックポイント目指します。そして「河内谷」到着。そしてここも何もありません・・・とりあえず冷たい水を全身に浴びてクールダウン。

このときかなり体力消耗し、しかも睡眠不足から熱中症にならないように必死に頑張らないように注意しながら走るという、訳の分からない状態になってよろよろ走り続けます。若干うんざりしつつ、さらに東へ向かって走ります。なんかここが一番長かったように感じました。そしてようやくチェックポイント「田歌」到着。もうこのときかなり体力を消耗していたせいで、チェックを受ける際にもしゃべる気力も無いという有様。黙ったままでチェックを受けて、スタッフの方の印象は良くなかったかと思いますが・・・。

ここも補給食は何も無く、手に入るのは水のみ。トイレに行ったり、休憩したり、少し回復してから出発。いよいよ残すチェックポイントは後一つ! 来る時はあんなに遠くつらく感じた道も、なぜか帰りは不思議と短くあっという間に知井ASに戻ってきました。ここではカレーの整理券をちょうど配布していましたが、食べる暇無く、おにぎりと水を補給して出発。

最後のチェックポイントはそれほど遠くはありません。程なく「知見」に到着。ここでは水を補給。でもスタッフさんの話によるとイチゴパフェを配布していたそうで・・・食べたかったなぁ!イチゴパフェ!!

そしてすべてのチェックポイントを回ってスタート地点へ帰ります。途中平屋ASによって休憩して、一瞬迂回しようかとも考えた最大の登りである九鬼ヶ坂峠にアタックです! ただ実際に走ってみると思ったほどきつくなく、何とか無事に峠をクリアしてスタート地点へ。この時気温は37度!空気がぬるくて、風が当たってもちっとも涼しくない・・・そんなぬるい空気の中、15時前にゴール! 無事に完走です!

なんとか熱中症にならずに無事に終えましたが、やはり体調は万全で望まないと、特にこの暑さはやっかいだなと。こんな真夏の暑い最中にこんなに走った経験が無かったので良い経験になりました。このイベントは、グルメか完走かどちらかに絞らないと、中途半端になるととことこん中途半端になってしまいそうですね。あと・・・もう少しコース端っこのチェックポイントにも補給食をお願いしたいです。端っこのチェックポイントまで必死に走って水しか無いと分かった時は頭が心折れそうになります(^-^;。

 

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »