« カワサキプラザ京都南 | トップページ | 奇跡のミート!! »

2020年3月21日 (土)

インカム接触不良改善

インカムはSENAの20Sと30Kを使用していますが、最近片方のスピーカーしか音が聞こえてこなかったり、マイクの音声が聞こえなかったりとチョイチョイ不具合が起こります。

普段は充電のためクランプからは外して保管しており、出かける際にクランプに取り付けていますが、インカム本体を上からグッとクランプに押しつけると治ることから、接点の接触不良と原因は分かっていました。

とりあず応急処置として、インカム本体の金色の接点部分を鉛筆(シャ-ペンでも可)でゴシゴシこすると鉛筆(黒鉛)がついて接触が改善されるので、だましだまし使っていましたが、今回ちゃんと手入れすることにしました。

Img_1920

世の中には接点復活剤とか接点グリスとかいった名前で販売されていますが、インカムは本体がプラスチックですし、無難なところでタミヤの接点グリスを購入。

タミヤならプラスチックに対しても気を遣っているだろうと勝手な思い込みです(^-^;。

Img_1921

使用方法は簡単。グリスを金色の接点部分に塗りつけてティッシュで拭き取ります。説明書には「たっぷり塗る」と書かれていますが、これはラジコンのスピード調整用の可変巻線抵抗に塗ることを想定されているようです。インカムの場合たっぷり塗ってグリスでベトベトにすると、充電の際にクランプから外した時に触れるとグリスで汚れるので、拭き取った方が良いかと。拭き取っても接点を清掃する効果はあるかと思いますので、十分効果はあります!

ぜひ一度お試しあれ!

 

|

« カワサキプラザ京都南 | トップページ | 奇跡のミート!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワサキプラザ京都南 | トップページ | 奇跡のミート!! »