メンテナンス

2017年10月11日 (水)

初ユーザー車検

いつもツーリングにお誘いいただいている会社のCB先輩が、9月にユーザー車検に行ってきて、ものすごく簡単で安くできたのに感動して、私にもユーザー車検を受けることを勧めてくれてました。

私が受けるときに休暇を取って一緒に行ってやると言うので・・・そこまで言われると断りにくく・・・お言葉に甘えて私もユーザー車検なるモノに挑戦することに!

当初はレッドバロンで車検をお願いするつもりで概算金額を聞くと、Z1000の場合、点検込みで65,000円ぐらいとのこと。点検してパーツを交換するのならさらにプラスアルファ。プラグ交換すると90,000円前後とか・・・高っ!!

車検対応の点検だけを頼むとすれば12,000円程度とのことでした。車検にかかる実費は税金と手数料で5,500円。これに自賠責が11,520円・・・ということは大体車検の代行手数料が35,000円ぐらいの計算でしょうか? CB先輩に言わせると

自分で車検を受けてみたら、手数料を払うのがアホらしくなる!

だそうで・・・(^-^;・・・でもいろいろ調べていると最寄りで車検を受けられる南京都は周辺にテスター屋さんなるモノがないらしく、光軸だけは気になるので調整したいなと思ったのですが・・・と思ったら、車検の継続検査って日本全国どこでも受けられるんですね! というわけで、CB先輩がつきあってくれるということもあって、先輩の地元で当然先輩も滋賀でユーザー車検を受けているのでよく知ってる場所でしょうし、我が家からも1時間半ほどの距離なので、滋賀で受けることにしました。

まずは日を決めてネットで予約します。日によっては枠が埋まってしまっていることもあるのでできるだけ早めがいいでしょうね。

また自賠責は事前にレッドバロンで継続手続きしました。車検は自分で通すので、また点検はお願いしますということで。なんでも検査場でも継続手続きはできるのですが、自動車の検査に来ている人たちと窓口は同じですから、自賠責の窓口は大変混むことがあるらしいです。

そして当日。持参するのは
・自動車検査証
・自賠責証書
 (私の場合、旧の期限がH29.11.19まででしたので、H29.11.20からの新しいものと2枚持って行きました)
・税金証明書
 (毎年5月に支払っている税金のアレですね)
・点検記録簿
 (ネットにいくらでも様式がアップされていますので印刷して自分で点検して記入。中には「プラグの点火具合」なんて項目もあったりしますが・・・問題なくエンジンが動いていれば当然プラグも問題なし!・・・なんて感じで自分で記入します。記録簿に関しては必ずしも無くても車検は通ります。ただ検査証に「点検記録無し」って記載されるとか・・・)
・お金
 (検査登録印紙1,700円。重量税印紙3,800円。自賠責も更新するなら11,520円も)
・印鑑
 (はんこは不要というネットの書き込みもありましたが、申請書に1カ所だけ「印」があります。サインでもいいのかもしれませんけど)
・ネット予約のメールを印刷したモノ
 (これは正直言って全く使いませんでした。そもそも予約の確認すらありませんでした。)

あとは書類を挟むクリアホルダーなどあると便利かと思います。

そして当日。順調にナビに従って運輸支局へ向かいます。ところが最後の最後でナビに従って進むと明らかに住宅街の中へ・・・どう考えても雰囲気が違うと思いつつ進むと、思い切り住宅街の真ん中でナビ終了・・・

ここはどこ?

ただごく近くまで来ているのは分かっていましたので、周りをよく見ると少し離れたところにそれらしき建物を見つけ、そちらへ向かいます。そしてここかな?と思って入ったのですが何か雰囲気が違う? 看板には・・・

自動車会館

・・・運輸支局じゃないやん・・・と隣を見ると今度こそそれっぽい感じの建物が。早速お隣の建物に移動。ただ看板には・・・

軽自動車検査協会

・・・軽自動車しかいません・・・一体滋賀の運輸支局はいずこ? とバイクを降りてうろうろしているとCB先輩から電話が。遠くで手を振る先輩発見。それで支局の入り口を確認してから、軽自動車協会を出て、ようやく運輸支局の入り口にたどり着きました・・・。

申請書類3枚はすでにCB先輩がもらってくれていましたので、それをもって自動車会館の窓口に行きます。書類一式と未記入の申請書を渡して

バイクのユーザー車検です。初めて何でよろしくお願いします

というと印紙類を申請書に手際よくペタペタ貼ってくれます。ここで検査料と税金の合わせて5,500円を支払います。

次に運輸支局の建物に移動し、見本を見ながら申請書類を記入します。記入場所によって鉛筆で書き込む箇所があったりしますので、注意が必要です。

申請書の記入が終われば、「ユーザー車検受付」の窓口へ。ここでも「ユーザー車検って初めてなんです」と言っておくと、いろいろ親切に教えてくれます。

受付が終われば、ついに検査ラインへバイクを移動させます! 

この日は検査を受ける車が少なく、二輪のラインも空いていました。係員さんが手招きしているので早速ラインへ乗り入れます。

もう後は指示に従うしかなく、言われるがままに・・・でも「フットボタンを踏め」と言われるのですが、最初はどれがボタンだか分からなかったのですが、よく見ると細長い仕切り板みたいなものが、踏むとへっこんだのでボタンだと気がつきました。

・前輪ブレーキの検査
 (指示に従って前輪ブレーキを掛けます)
・後輪に移ってスピードメーターの検査
 (40キロ到達時にフットボタンを踏むやつです。Z1000は後輪で速度検出してますが、特に何も言わなくても後輪で検査してくれました)
・後輪ブレーキの検査
 (指示に従って後輪ブレーキを掛けます)
・光軸の検査
 (勝手に測定器が横から出てきて測定。なお、Z1000はローで2灯、ハイ点灯ではロー2灯に加えてハイ2灯が点灯します。検査ではハイにしてと指示があり、4灯点灯状態で検査されました)
・灯火類の検査
 (係員の指示に従って、ウィンカーをつけます)
・ホーンの検査
 (ピッとならすだけ。でも普段あまり使うことが無いためか、検査の際に初めてならなくなっていることに気がつくなんてこともよくあるそうですので、事前に確認必要です)
・車体寸法の検査
 (書類見ながらメジャーを当てて、幅と全長、車高をおおざっぱに計られました)

さらに前に進むよう指示があって、停車。

・ハンドルロックの検査
 (ハンドルロックができるか確認)
・車体各部の検査
 (係員さんが車体各部を目視で確認。足回りは小さなハンマーで軽くたたいて確認されてました)

エンジンを掛けて最後の検査です。

・排ガス検査
 (マフラーに測定器突っ込んで排ガス測定です。Z1000のノーマルマフラーは見た目は4本出しですが、実際には上の2本はダミーです。でも係員さんは言われなくても排気を手で確認して下側に測定器突っ込んでました。左右とも確認して終了です)

以上、時間にして10分ぐらい・・・あまりにもあっという間に終わってしまって検査途中の写真を撮る暇すらなかったです(^-^;・・・

ちなみに私の後にZZR1100のライダーさんが検査を受けていましたが、光軸で引っかかっていました。私も光軸調整だけは事前にしようかと思ったのですが、自賠責を継続する際にレッドバロンで相談すると、店長さん曰く「まだバイクが新しいし、光軸の検査機器は運輸支局によって違うので今合わせても検査で引っかかるかも知れないから、ダメだったら近くのテスター屋さんで合わせた方が良い」とのこと。結果的に一発で合格したので、調整費用不要でした!

検査が終われば書類を受け取って、支局の建物に戻り、③申請窓口へ書類を提出すると、数分後に新しい検査証とシールが発行され、車検完了です!

・・・確かにこれで代行手数料2~3万も取られるのかと思うと・・・ちょっと高過ぎるような気がしなくもないですね。

運輸支局に着いたのが10時前。新しい検査証を受け取ったのが10時半頃・・・すいていればあっけにとられるはやさでした。

まだまだ時間があってしかも天気も良かったので、琵琶湖大橋を渡って小浜方面へ。162号線を南下し美山~京北へ走って、京北でCB先輩とさようなら。

ユーザー車検・・・日頃から普通に整備していれば思っていた以上に楽勝でした。平日時間が取れる方は是非一度挑戦してみても良いのではないでしょうか。

ちなみに証票のデザインがいつの間にか変わっていたんですね・・・私は前の方が好きだなぁ・・・なんかこれだと「平成31年10月」じゃなくて「10月31日」に見える・・・(~-~;

Img_0338

Img_0339

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

チェーン清掃

ふと見ると錆び錆びドロドロのチェーン・・・

Dsc_1249_2
これ・・・手入れしないとまずいかも・・・

というわけで、高槻にりんかんにクリーナーとチェーンルブ、そしてきらしていたプレクサスを買いに行きます!

今回、購入したのはこんな感じ。

Dsc_1243

WAKOSの水置換性のルブに、同じくWAKOSのチェーンクリーナー。そして切らしていたプレクサス!

WAKOSのチェーンルブは水置換性ということで、水に濡れたまま吹き付けても、水分を押しのけて保護膜を作ってくれるという優れもの。おかげでチェーンを洗った後、乾くまで待つ必要がありません。

Z1000にはセンタースタンドありませんので、ZZR1400の時に買ったメンテローラーを引っ張り出してきて後輪を乗っけます。

Dsc_1248

クリーナーをシューシュー掛けると汚れがダラダラ落ちて、ピカピカのチェーンに!気持ちいい! しつこい汚れはおまけでついてたブラシでゴシゴシ。一通りクリーナーを掛けた後は水を掛けて汚れを洗い流しますジャブジャブ
(もうちょっとキレイに磨いても良かったか・・・(^-^;)

そして濡れたままの状態でチェーンルブをシューッと! 水置換性のために乾かす手間が省けます。あとは余計なルブを拭き取って完成! ついでにプレクサスでホイールを磨きます!

Dsc_1255_2
そして試走・・・でも久々のチェーン清掃に気をよくしてルブをいっぱい吹いてしまったのと、拭き取りのウエスがなかったので、キッチンペーパーで適当に拭いたため、拭き取りが甘く盛大にルブを巻き散らかしてしまい・・・メッシュジャケットの背中に跳ね上げたルブが点々と・・・あぅぅぅ(T_T)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

バッテリー交換

久々のブログ更新ですが、これまた久々にメンテナンスらしいメンテナンスをしました!

Dsc_bt01_2
4年を目前にあまり乗れていないせいもあってか、気温が下がりだした今日この頃では始動時にセルの回りが弱々しくなってきたなぁと感じる今日この頃。こんな重量級バイクでバッテリーがあがったら大変! 押しがけなんて無理ですし・・・というか基本的にはFI車では・・・できないことはないらしいですが・・・バッテリーが上がってしまったらバッテリーを外して充電するしかないでしょうね。
そんな時、何でも参考にさせていただいている黒影さんのブログでバッテリー交換についてサービスマニュアルよりも詳しく紹介されていたのを思い出し、これなら自分でもできそうだと早速チャレンジ!
まずは新品のバッテリーを購入するところから。黒影さんはネットでかなりお安く購入されて、古いバッテリーもうまく処分できたようですが・・・私は古いバッテリーの処分の事を考えて、バッテリーの引き取りもしている楽天のショップから購入。
私が購入したのはこちら
電機のキムラデンキhttp://www.rakuten.co.jp/kimuden/
古河バッテリーFTZ-14BS ¥14,900
不要バッテリー引き取りサービス代  ¥735
これに送料と消費税で計¥17,010。楽天で古いバッテリーの引き取りもしてくれて、かつ比較的安いショップという事でこちらのショップを選びました。探せば他にもあったかもしれませんが、途中でめんどくさくなったので(^=^;。でも保証もついてますし、対応も問題なく、頼んで二日後には充電されたバッテリーがきっちりと梱包されて届きました! 
まあでも¥17,000かぁ・・・結構しましたが、バイク屋で交換する事を考えれば、20分弱で交換できちゃいましたのでかなりお得でしょう・・・たぶん(^-^;
Dsc_bt02_2
交換前は12Vなかった電圧が、交換後は余裕で12V以上(12.4~12.8V)となりました!! まあ、これまでの経験上もう1〜2年はもったかもしれませんが、最近のバイクは以前より確実に電気を消費するようになっていますし、バッテリーも弱りだすと急激にきますから、ある日突然セルが回らず・・・リレーのカチカチ音のみが虚しく響く・・・という事態になりかねないですからね!
Dsc_bt03
特にこれから寒くなるとバッテリーの性能は低下しますから、転ばぬ先の杖ということで・・・。
Dsc_bt04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

車検より帰還

Img_111210 早いモノであっという間に3年が経ってしまいZZR1400も初車検でした。

特に異常はなく、オイルとエレメントを交換したのみで、合計8.5万円ほど・・・毎年の税金は車に比べて圧倒的に安いですが、車検費用はそこそこかかりますよねぇ┐(´д`)┌

ちなみに走行距離は・・・ようやく5,000キロ超えたところです。記録を見ると1年目2,300キロ。2年目1,400キロ。そして3年目1,300キロ・・・毎年減ってますな・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

今年は往復300キロ程度のツーリングに2回ほど行ったんで、てっきりもっと走った気になっていたんですがね。

そういえば新しいZZR・・・というよりはZX14Rですか・・・が発表されましたね。でもさほど惹かれるものはないかなぁ? 確かに2台並べられて、どっちを選ぶと言われればZX14Rかもしれませんが、ZZR1400を所有している今は買い換えの意欲は沸いてきませんねぇ。

ZZR1400ですら乗りこなせていないので・・・ところで今年はZZR1400を少しでも乗りこなすべく、某ライディングスクールに申し込んだのですが、雨のためキャンセル。来年こそはスクールに参加して腕をみがきたいと思いつつ、さて来年はどれだけ乗れることやら?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

初立ちゴケ~修理編

立ちゴケの補修ですが、直すのはミラーとアンダーカウルの擦り傷。マフラーの傷はあまりめだたないし、直すとなると交換しかないし、パーツ代も高そう・・・なのでこのままでいいかなって。

で、ミラーとカウルの補修方法ですが・・・いろいろと考えた末に交換しちゃうのが一番きれいで安いという結論に。自分で補修する場合、一番ネックが塗装。適合する色がないし、スプレーで塗るにしてもむら無く綺麗に素人が塗るのはかなり困難。結局、塗料を調合してもらったり、塗装してもらったりするのなら、パーツ交換しちゃった方が安い・・・という結論に至りました。

まずミラーですが、ミラーの固定は根本2本のナットで固定されています。右インナーカウルを外せばかろうじてスパナが届きます。スパナは車載工具でOK。ラチェットが使えないので面倒ですが、フロントカウルを外す手間を考えれば・・・ね。

またアンダーカウルは、見えているネジ5本と前方で1箇所左カウルと固定されています。ネジは六角レンチで、前の固定は樹脂製の固定具ですので、車の内装剥がしを使って外しましたが、手でも外せないことはなさそうでした。古いカウルを外せば、あとは新しいカウルの内側にパッドを古いのを参考に貼り付け、ナットを差し込んで元通りに固定すれば完成。

交換に必要なパーツです。前の固定具は既設流用できそうでしたが、なんとなく交換してしまいました。

Img_110504

<パーツリスト>

・ZZR1400 ('08-'11) 純正部品:ミラー(右用)

 (PartsNo.=56001-0136):14,364円

・カウリングLWR,RH,レッド

 (PartsNo.=5502-8085L1):12,720円

・パッド,ロアカウリング,RH

 (PartsNo.=39156-0153):1,235円

・パッド,ロアカウリング、RH

 (PartsNo.=39156-0167):189円

・ナット,5MM

 (PartsNo.=92015-1757):399円/個(3個必要)

・リベット

 (PartsNo.=92039-0014):95円

購入はいずれもいつもお世話になっているカワサキ屋さん(http://kawasakiya.net/)にて。ネットで純正部品が購入できるって本当に便利ですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月31日 (木)

ライト内の曇り

Dsc_zzr1400_08

12ヶ月点検から愛車が帰還しました! オイルとオイルフィルターを交換してもらい、快調そのものです!

今回の費用は・・・

12ヶ月点検費用(工賃):\15,000

エンジンオイル(4CR @3,400×4.1L):\13,940

オイルフィルター(SF-4005):\1,150

オイル・フィルター交換工賃:\2,250

消費税と合わせて総額33,957円也・・・高いっすねぇ・・・。まあ、12ヶ月点検は義務ですし、愛車をベストに保つには必須でしょうから仕方ないですね。

ところで今回の点検では、ライトハウジング内が曇るということで、ライトユニットを交換してもらいました。

Dsc_zzr1400_09

ただ・・・結論から言うと交換後もやっぱり曇ります・・・。

それに関しては、バイク屋曰く「今回はメーカーに強く言って無償交換ということにさせてもらいましたけど、メーカーから「条件によっては曇ることはありますので、交換したからといって直るとは限りません」とコメントがありました」とのこと。

バイク屋さんも「点検後に洗車していると曇っているケースはちょこちょこありますよ」とのこと。また外したライトユニットを見せてくれて、ZZR1400のライトユニットは、ロー側とハイ・ポジション側とでハウジングが別空間となっているので、ロー側が常時点灯し熱くなるのに対し、ハイ側は点灯しないので冷たい。ロー側のライトの熱でハイ側のハウジング内が暖められて起こるのではないか・・・と解説してくれました。

たぶんですがと前置きをしつつ、ライトハウジングがローもハイも一体のモノは曇りにくいのではないかとも言われていました。確かに私が今まで乗ってきたZZRシリーズは全てライトは一体型でしたから、それでライト内が曇るのは見かけたことがなかったのかも?

ということは、つまり寒い冬場にハイを点灯させずに走行すると、ハイ側ライトハウジング内が曇るのは構造上しかたないと・・・仕様ということですか・・・ね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

12ヶ月点検

Dsc_zzr1400_07

早いものでZZR1400を購入してから1年が経とうとしています。バイク屋から点検のお知らせはがきが来ていたので、点検に持っていってきました。

特に悪いところはないので、普通に点検してもらうだけなんですが、ちょっと気になっていたライト内が結露して曇っちゃう話をすると、「たぶん初期不良で無償でライト交換してもらえると思いますよ」とのこと。無償という言葉に反応する私ヾ(;´Д`A。

・・・そりゃお願いするしかないでしょう! だって無償ですよ! まあ、ライト内が曇っても特段大きな支障はないですが、内部で結露水がたまったりしてもいやですし、通常は曇らないわけですから、ここは一つ正常な状態に直しておいてもらおうかと。

点検だけなら1日で終わるそうですが、ライトを取り寄せる必要があるということで1週間のお預かり。手元にバイクがいないのは、別に乗る予定がなかったとしても、何となく寂しいモノですね。

というわけですので、同様に冬場ライト内に結露して曇っちゃう現象が出る方は、一度バイク屋さんに相談してみてはいかがでしょうか。

しかし、この1年を振り返ってみるといろんなところへ行って・・・ないっ!Σ( ̄ロ ̄lll) よく考えてみたらツーリングらしいツーリングへは1回も行ってないっ!

なんとも・・・昔の私からすれば信じられない状況ですね。家族ができ自分の自由になる時間が少ない中、まあ仕方ないか。それに体力も根性もがた落ちですから・・・ねぇ(゚ー゚;

何回か「よし!今日こそツーリング行くぞ!」と思って出かけたことがありますが、たいてい1時間も走ると「あぁ~疲れたなぁ・・・あ、もう1時間も走ってこんなに来てしまった・・・満足したし、疲れたし・・・帰ろっかなぁ・・・」と何度引き返してきてしまったことか!

来年こそは気合いを入れてツーリング行くぞっ!! ・・・でも暖かくなってからかなぁ・・・昨日から本格的に寒くなってきたし・・・いきなり弱気な私・・・こりゃ来年もやばいか?!(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

メンテナンスローラー

Dsc_mmr00

ZZR1400にはセンタースタンドがついていますが、私が非力なこともあってか、けっこう大変なんですよ。それに立てたはいいけど外すときにまた一苦労。外した勢いで倒れちゃいそうで、あまり使う気になれないんですよね。

そんな時見つけたのがこのメンテナンスローラー。

構造はごらんの通りのしろもの。

ローラーとローラーの間にタイヤを乗せれば、タイヤをクルクル回せるというもの。

前輪を乗せたところ。

Dsc_mmr01

後輪を乗せたところ。

Dsc_mmr02

乗せるのには、反動を付けて2,3回行ったり来たりで乗せられます。平均的筋力の男性ならば問題ないかと。

そして問題のタイヤを回す際は、多少力は必要ですが、「えぃ!」と力を込めればクルクル回せます。これまた平均的筋力の男性ならば特に問題ないレベルかと。ローラーの支持点にはベアリングが入っている模様で、ローラー単体を手で回すとものすごく軽く回ります。

それでも前輪はまっすぐに回さないと傾いていくので、回すのにややコツがいります。

ホイールの洗浄、チェーンのメンテナンス程度であればセンタースタンドのないバイクの場合、十分価値はあるかと思います。

ただ・・・センタースタンドがあるバイクの場合はちょっと微妙な感じです。前輪のホイール洗浄であれば、センタースタンドよりやや良。後輪の場合、センタースタンドでは完全に浮かすことができますから、明らかにセンタースタンドの方が作業性は良いです。

それでもセンタースタンドを立てる・外す際の衝撃よりは、ローラーに乗せるのは簡単ですから、そのあたりでどう評価するかは人によるといったところですね。

お店によって価格は6,000円弱から9,000円弱と幅がありますが、気になる方は安いお店を探して買ってみても良いのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

初回点検

Dsc_090418

昨年12月末に納車されたZZR1400。やっと走行距離が1000kmを超えたので、初回点検に行ってきました。いやはや1000km超えるのに約4ヶ月もかかってしまいました。

ちょうど500kmを超えたあたりからギヤ抜けを起こすようになり、1速に入れたときのガチャンというすごい音といい、メカニカルな部分はさすがカワサキだなぁと納得したりしたことはありましたが、それ以外は特に問題なくここまで至っております。

唯一気になったのは、ヘッドライト内の結露。寒い時期の走行後にヘッドライト内でレンズに結露するんですね。このブログのタイトル画像もよく見ると結露しているのが分かるかと思います。で、点検の時に言おうと思ったのですが・・・すっかり忘れてました(;;;´Д`)。また次回点検に持って行った時に忘れないようにしないと。

ちなみに今回入れたのはワコースの4CT。なんとなくけちって提示された3種類の真ん中のグレードにしましたが・・・何しろハイパワーマシンですので、今度はけちらずに最高グレードのオイルを頼もうかとちょっぴり後悔したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)