H2SX

2020年6月 9日 (火)

リアブレーキパッド交換

6/6の点検結果を受けて、早速ブレーキパッド交換検討です!まず自分で交換できないモノかと、リア周りを眺めます・・・

Img_2319

H2SXは片持ち式です。リアのブレーキキャリパーがタイヤの左側についてます・・・キャリパー外すのにボルト緩めようにも・・・工具の入るスペースが無い!?

Img_2317

Img_2318

マフラーとホイールを外せば非常に簡単にキャリパーを外せることは見たら分かります。しかし・・・マフラーとホイール外すのめんどくさい(^-^;。それにサービスマニュアル持ってないので、元に戻す時に各部の締め付けトルクとか分からん(~_~;。重要な部分ですので、やはりきっちりと規定トルクで締めておきたい。走っている最中にホイールが外れるとかしゃれにならないです・・・。

外さないでも何とか工具が入りそうですが、ホイールとか傷つけそうで・・・ちょっとためらわれる。とりあえず自分の整備の腕もあまり信用していない(/_;)。

点検の時に聞いたところでは、工賃は2,000円ほどらしい・・・

で、導き出された結論。

 プロに任せよう!

というわけで、点検翌日の日曜には純正パッド注文と、パッドの在庫があるのは確認してもらっていたので、在庫があれば月曜に発注すれば火曜には入荷するとのことでしたから、火曜の夕方に作業の予約!

無事に交換完了! やはり余計な心配の種は早急に取り除くに限りますね! コレで安心して思う存分ブレーキ掛けられます!!

ちなみに標準的な作業手順としては、メーカー設定の工賃を見ても分かるとおりマフラーもホイールも外さずにできたそうです。腕に自信のある方はお試しあれ!(くれぐれも自己責任でお願いしますm(_ _)m。自信の無い方は無理せずプロに任せましょう)

<リアのブレーキパッド交換費用>
・純正リアブレーキパッド430820179  5,995円
・工賃  2,200円

ついでに純正品以外の交換もお願いできるのか聞いてみました。一般的に流通しているパーツであれば取り寄せて交換もしてもらえるそうです(当たり前か(^-^;)。また持ち込みも対応はしてもらえるそうですが、手数料が必要とのこと(5千円ぐらい?)。

何かカスタムを考えておられる方は一度お店に相談してみると良さそうですね!

でもバイク屋さんはいつ行ってもいろんなバイクを見られるので飽きないです! それにカワサキプラザ高槻だけなのかどうか知りませんが、店内は癒やし系の香りがして落ち着きます(^-^)

Img_2320

 

| | コメント (2)

2020年6月 6日 (土)

H2SXSE 18ヶ月点検

早いモノでH2SXSEに乗り始めて早くも18ヶ月経ちました! というわけで6ヶ月の安全点検行ってきます!

Img_2269

梅雨に入る前には行きたかったので、ちょうど良い感じです。走行距離も16,000kmで、まずまず走っている方でしょうか。

点検の予約の際に交換した方が良い消耗品はないか聞くと、エアクリーナエレメントぐらいかということだったので、ネットでもスーパーチャージャーはエアクリーナがけっこう汚れると聞いていたため、交換することに。

点検の際に、他にプラグとか交換必要ないのか聞くと、メカニックさんがメーカー推奨の点検頻度表を見せてくれました。

それによると・・・

・オイル:6千キロ
・オイルフィルター:18千キロ
・エアクリーナエレメント:18千キロ
・プラグ:48千キロ

オイルは今までは3千キロ、フィルターをオイル交換2回に1回と一般的に言われていましたけど、メーカーが推奨している値を見ると、オイルは6千キロ、フィルターはオイル交換3回に1回を想定しているみたいですねーとメカニックさん。

「メーカーはいろんな使用条件も考慮に入れてそれなりに自信のある値しかださないはずなので、バイクや消耗品自体の性能も向上していることを考えると、以前ほどシビアに考えなくてもいいのではないかと思っている」と。

というわけで、今回点検ではフィルター交換込みでオイル交換をお願いしようかと思っていましたが、フィルター交換は見送って、オイルだけを自分で交換することに。

これまでは3~5千キロ毎にオイル交換、フィルターをオイル交換2回毎に交換していましたが、今後はオイル交換を5~6千キロ毎、フィルターは3回に1回に交換することにしました!

オイル交換もお金かかりますからね・・・3千キロなんて走る時は結構あっという間なんですよね・・・

まあ、メーカー推奨はあくまで推奨なんで、バイクの調子みながらメーカー推奨を超えない範囲で消耗品の交換していこうかと。

ちなみにエアクリーナエレメントはちょうど替え頃ですね(^-^)

純正のエアクリーナエレメントのお値段は、3,289円。ネットで社外品をみていると8,000~19,000円もしているので、エアクリーナごときがクソたけーなぁと思っていましたが、それに比べると純正はリーズナブルでほっと一安心。点検のついでに交換してもらったので工賃はタダ。

しかしプラグの寿命すごいなぁ! 48千キロか! ちょっと良いプラグが使われているとは聞いていましたが、そんなにもつとは!

さて、点検には2時間ぐらいかかるとのことなので、バイクを預けてお出かけします。電車で二駅ほど。2りんかんまで電車と徒歩で。バイク以外で行ったことが無いので、なんか新鮮!

Img_2271

結局眺めただけで何も買わずに帰ります。もう少し時間があったので、途中でお昼食べたり、ホームセンター立ち寄ったり。思わず寄り道しすぎて思ったよりも時間潰しすぎた!

バイク屋さんに戻るともう 点検終わってました。点検の結果は異常なし。エアクリーナは相変わらずいろんなものが引っかかってます。仕事してくれている証拠ですね! スーパーチャージャーのインペラも異常なし!

Img_2282

Img_2283

ただ、リアのブレーキパッドが、減り具合と走行距離を考えると2万キロもつかどうか微妙な感じに減っているとのこと。あと3千キロぐらいは十分もつとのことですが・・・気になる。なんか気になる。特に私はよくリアブレーキを使うので・・・ブレーキ掛ける時は必ずまずリアからかけます。ちょっとした調整にはすぐリアブレーキ使いますので、まだまだ3千キロも大丈夫と思っても・・・気になってしょうが無い(^-^;

というわけでリアブレーキパッドは交換することに決定!

 

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

奇跡のミート!!

本日もフラッとお散歩にどこへ行こうかと・・・で困った時の頼れる存在・・・道の駅みなみやましろ村へ行くことに!!

我が家からちょうど片道1時間。渋滞することも少なく、フラットかつ緩やかなカーブの道は、ダラダラと流すには最適!

いつものごとくサクッと到着。バイクを止めてせっかく来たのでイチゴでもお土産に買って帰ろうかと、お店へ向かいます。今日も道の駅はバイクいっぱいです!

さて、無事イチゴをゲットし、とりあえずバイクに戻ってシートバッグにイチゴをおさめて、トイレにでも行ってから帰ろうかと・・・ふと何気なく前方に視線を移した時、1台の赤白のCB1300SBが・・・大きなトップケースを付けたそのバイク・・・どこかで見たような???

そうなんですねぇ~先週のSNS繋がりのツーリングの参加者さんでした!! なんの約束もしていないのに、このピンポイントでの出会い!!

これぞまさしく・・・

 奇跡の meet!!

向こうも気づかれたようでお互い駆け寄ります! こんなところで出会うとは!! さっそくバイクを近くに移動させ、2ショット写真を撮影。

Img_1922

お互いのバイクにも跨がったり!

Img_1928

ずいぶん話し込んでからLINEをやりとりして、またぜひツーリング行きましょう!と約束してお別れしました(^-^)/。

先週のツーリングもSNSで告知を見て参加申し込むかどうか非常に悩みましたが・・・やはり「行動あるのみ」ですね。

 自ら動かないことには、何も始まらない。何も起こらない。何も変わらない。

なにしろ私のライダーの知り合いと言えば会社関係の人ばかり。もちろんそれはそれで悪くないのですが、世界が狭すぎる感じがして・・・会社のしがらみにとらわれないライダーの知り合いが欲しかったのです。あと我が家の近所の方で(^-^;。

こうして少しずつライダー友達を増やしていければ、いろんな世界を知ることができ、なんとなく人間的にも成長できそうな・・・?そんな気がする今日この頃。

ライダーの知り合いが欲しいけど、

・・・でも、どうして良いか分からない

・・・初心者だから

・・・遅いから

・・・下手くそだから

そんな風に悩んでいる方いましたらコメントください!

| | コメント (0)

2019年9月23日 (月)

H2SXSEに乗り始めて7000kmでのインプレ

H2SXSEですが、昨年12月に乗り始めて、7000kmを超えました! 乗り始めた頃よりかなり感じるところが変わってきたので、現在思うところを書きます!

まずやはり誰しもこのバイクに惹かれるポイントは間違いなく

 スーパーチャージドエンジン

でしょう! 乗り始めはH2の雑誌やネットのインプレでプロのライダーですら恐怖する加速やパワーという感想を思い出し、恐る恐る乗っていましたが・・・確かに3000~4000回転以上は強烈な加速とパワーを体感できますが、それ以下の回転域では非常にマイルド。パワーをうまく制御してあって乗りやすいことこの上なし! マイルドな中にもそこは200PSのエンジン。余裕たっぷりで1速、2速でアクセルオフ状態でもエンストの気配を感じることがありません。

Img_1394

またこのエンジンのすごいところは何速だろうが、何回転だろうが、一切関係なくどんな状態からでもアクセルを捻ればあっという間に加速していきます! 加速がスムーズすぎて迫力に欠けるところはありますが・・・ZZR1400のような大排気量車の怒濤の加速感とはかなり異なり、この加速感は異次元な感じです。なんとなく戦闘機のような加速感・・・戦闘機に乗ったことは無いですが(^-^;

Img_1353

ブースト圧のききはじめる3000から4000回転を境に別のエンジンのように感じます。3000回転ぐらいまでは、カワサキ車特有?のガサガサしたエンジン音ですが、3000あたりからなめらかになり始め、4000回転から上は非常にスムーズに回っている感じがします。またハンドルへの振動も4000回転以上ではほとんど感じない・・・様な気がします。おかげで高速を長時間走っても右手が痺れにくいです。

ただミッションはカワサキらしい・・・1速へ入れた際の

 ガチャコン!!

は健在です。ホンダ車しか乗ったことの無い人がカワサキ車に乗り換えると、この「ガチャコン」に驚いてミッションが壊れていると思う(カワサキメカニックさん談)ほどの衝撃と音がします。Z1000のミッションが非常に静かだったので、カワサキも進歩している?なぁと思ったのですが、H2SXSEでは今まで通りでした。
あと、7000km以上走った今でも1速からニュートラルへは入りづらい・・・というか入りません! 70%ぐらいの確率で入りません。ただ2速からはほぼ100%ニュートラルへ入るので、ニュートラルへ入らなくて困ることは無いです。

Img_1395

高速はカウルと重量のおかげで非常に楽です。バイクではなく車に乗っているのに近い安定感・安心感があります。姿勢はやや前傾ですので、やはり長距離を走ると50歳目前のおっさんは腰が痛くなりますが、まめに休憩を入れて走れば腰が痛むことはなく、いくらでも走れそうな気がします。

前車のZ1000と比べるとブレーキもまた非常に紳士的。私の個体だけかもしれませんが、ガツン!と効く感じはありません。ギュッ!とレバーを握っても、スーッと止まります。ギュッ!と握ればガツン!と効くわけでは無いので、人によっては頼りなく感じるかも知れませんが、普通に走っている状態ではこの方がぎくしゃくしないで走れていいかもです。決して効かないわけではなく、ちゃんと思ったところで止まれますので問題は全くありません。ブレーキのきき方の好みによっては、好き嫌いあるかもですね。それにまだABSが動作するほど急ブレーキは掛けたことが無いので、ABSが動作手前ぐらいギュッとブレーキを掛ければ、ガツンと効くのかも?

コーナーリングでは私のようなびびりの下手くそでもスィーッと曲がれます。コーナーリングのバンク中の安定感がすばらしい! これも電子制御のおかげなのか何なのかわかりませんが、こんなに乗りやすいバイクは初めてです!

荷物の積載性も平らで広いタンデムシートとタンデムバーのおかげで非常に良い! Z1000とは雲泥の違いです! それに純正パニアもありますし、荷物積載には困ることはなさそうです。

足回りは・・・正直言って私のような素人には全く問題ありません。何の不満もありません。サスの設定は標準設定よりも少し弱めにした方が、細かいギャップでの振動が減って良いかも? 何にしてもセッティングも簡単に変更できるし、何の問題もありません。

Img_1403

H2SXSEならではの装備としては、コーナーリングライトがありますが、正直なところ最初は

 コレは要らないなぁ

と思ってました。が、夜間走行でコーナーの先を照らしてくれることがこんなに見やすく、安心感があるとは! これはちょっと良い意味で期待を裏切ってくれたというか、コーナーリングライト良いです!! 一度使うとやめられません!

で、まだ使ったことが無い機能がクイックシフター。なんかあまり必要性を感じないというか、体に染みついた癖で、シフトチェンジの際にはついクラッチを握ってしまうので・・・ちなみに初期設定でONになっているのかと思い込んでいましたが、先日オイル交換の際にメカニックさんと話していて、OFFになっていることが判明。ONにするとちゃんとディスプレイに「KQS ON」と表示されるんですね・・・試して見なくて良かった。メカニックさん曰く、「レースで使えるほどシビアなモノでは無いが、公道では十分使えて運転が楽になるのでぜひ一度使ってみて」とのことだったので、また気が向いたら試してみようと思います。

クルーズコントロールは思った通り楽ちんです! 最初こそ、アクセルを握っていないのに走っている状態に違和感を覚えましたが、慣れればこんなに楽なモノはありません! いちおうアクセルに手を添えていると、ちょっとした手の動きでクルコンが解除されてしまうので、右手をしっかり休めたい時は、周囲の安全を確認し、ハンドルから手を離しておいた方が安定して走れます。

ところで最近ふと気づいたのですが、実は燃費が非常に良い! 乗り始めた頃はZ1000とあまり変わらない(16~19km/L)感じだったのですが、慣れてきた最近は、エンジンのパワーにまかせて50km/h以上では5速オートマ状態。40km/h以下でも4速でまかなえるので、最近は4、5速メインであまり回さずに走っていると20km/L以上軽く走るんです! 高速オンリーで法定速度程度で流していると28km/Lまで伸びました!

このように特に不満の無いH2SXSEですが、唯一の欠点は・・・

 止まると重い

ことでしょうか(^-^;。それでもZZR1400よりかは軽く感じますが、でも重い。総重量300kg弱・・・重たいモノは重たいのです。この重さが走行時の安定性に役立っているかと思うと軽い方がいいとも一概にはいいにくく・・・どうしようもないところですね。

あと夏場に熱いというのを問題にする人もいますが、個人的な感想は、確かに熱いですけどZZR1400よりかはかなりましに感じました。ZZR1400は脚を低温やけどしたこともありますが、そこまでの感じは無かったです。Z1000とさほど変わらない感じ?

とにかくどうしてもエンジンに目が行ってしまうバイクですが、7000kmほど乗って感じることは

 実はめちゃくちゃ乗りやすいバイク

ということです。もちろん200PSのスーパーチャージドエンジンをうまく制御してあるからこその乗りやすさなので、やはりエンジンが肝なんでしょうけども・・・。どうしても最高速やパワーの方に目が行ってしまいがちですが、このバイクのすごいところは、常用する低回転域はパワーをうまく制御して非常に乗りやすく仕上げ、かつ4000回転から上はスーパーチャージドエンジンの強烈なパワーをもろ出しして、パワーを体感できるという点かなと思います。

Img_1419

Img_1326

とにかく慣れればこんなに乗りやすいバイクは無いです! 存在感もひときわですし、私は買って後悔無しです 。

1点だけ無理矢理けちを付けるとすると・・・タンデムする時の背もたれ代わりにできるトップケースもヴェルシスのように純正でステーとセットで用意してくれると何もいうことないのですが(^^)。

| | コメント (0)

2019年8月25日 (日)

イマイチな夏休み1 -H2SXSEは旗艦のオーラをまとう?-

今年はいろいろあって8/2(金)~8/5(月)と8/10(土)~8/14(水)の2回に分けた夏休みとなりました。

8/2は京都美山から小浜~三方五湖(レインボーライン)~敦賀の田舎へ行って帰ってくる予定で遅めの10時頃出発。順調に京都縦貫道を走って、ちょうどお昼前に京丹波PAに到着。フードコートに行き、さあ何を食べようかと券売機の前にできた列に並ぶ。席に座れるかなとか心配しつつウエストポーチを開けて、財布を取り出そうとして・・・

 ・・・財布がない!

一瞬頭の中が真っ白になりました。どこかで落としたのかと思いましたが、よーく考えてみると財布をポーチに入れた記憶が無い(~0~)

 財布忘れた!

とりあえず券売機前の列を離脱し、おちついて考えます。とりあえず免許証入れの中にクレジットカードが1枚入れてあります。

ここで選択肢として

・飲まず食わずで田舎の敦賀まで行って、田舎でお金を借りる。
・クレジットカード払いのできる飲食店やスタンドを見つける。
・コンビニかどこかでクレジットカードのキャッシングを利用して現金を得る。
・諦めて帰る。
・帰ってから再度出直す。

ただ確かこのカードはキャッシング機能がなかったはずだということを思い出し、3番目の案がまず消えます。この日は暑く、「食わず」はいいとしても「飲まず」は熱中症になる恐れがあり危険・・・1番目の案も消えました。この後、京丹波みずほICで降りて、大野ダム経由で美山へ寄ってから国道162号を北上して小浜へ抜けようと思っていましたが、小浜へ出るまで何も無い田舎道・・・カードの使えるお店があるだろうか?たぶんあるはずと思いつつも、万一うまく見つけられなかったら危険というので2番目の案も消えます。

自宅まで1時間ほど・・・他の案が消えた今となっては、とりあえず一度帰ってからどうするか考えようということで、帰ることに決めました!

さっそくバイクに戻ってメットをかぶり、グローブをはめたところで見知らぬおじさんが話しかけてきます。

 これカワサキのH2やろ!実物初めて見たわ!

どうもH2と勘違いしているようだったので、H2SX・・・H2のツアラー版だと説明すると、H2SXの存在はご存じない様子。なんでも新型のアフリカツインに乗っておられるとのことでしたが、その割にはあまりバイクそのものには詳しくは無い? 普段ならじっくりお相手をするところですが、何しろ早く帰って財布を取って出直したいところに加えて・・・暑い!メットをかぶって、ジャケットを着て、グローブもはめた状態では何しろ暑い!!

なんとか話を切り上げて折り返し。といっても高速道路では次のICまで先に進むしか無いのが痛い!

結局また1時間かかって自宅に帰り着き、ついでにちょうど昼ご飯だったので、クールダウンもかねて昼食を自宅で食べて再出発!

でもさすがに夕方までに敦賀へ着くには当初考えていたルートは時間的に無理があるというので、とりあえず用事のある敦賀の田舎へ最短で行こうということにして、第2京阪~京滋バイパス~名神にて敦賀を目指します。

でもなぁ・・・このルートほとんど高速道路なんですよね・・・なんかつまんない・・・でもしょうがない!

大きな渋滞も無く順調に進んで、賤ヶ岳SAで休憩している時のこと。またもや出発しようと準備をしていると見知らぬおじいさんが話しかけてきます!

Img_1266

 かっこええバイクやな!ごっついスピードでるんやろな!

バイクは全く知らないそうですが、えらくかっこよく見えて思わず声をかけたとのこと。そんなに他のバイクと何か違うかな~?と思うのですが、素人目に見ても何かH2SXはただ者では無い感じがするようです(?_?)。

さて、その後無事に田舎に到着し、用事を済ませ、晩飯もついてでにごちそうになって、帰ります。そして北陸道の神田PAで休憩し、自宅に帰るLINEをしていた時、またもや見知らぬおじさんから話しかけられます。

Img_1267

 速そうなバイクやな!どこまで帰るの?

・・・何でしょうね? Z1000の時は、約4年乗って、休憩中に話しかけられたのはたった1度だけ。中学生ぐらいの男の子から排気量を聞かれたことがあるだけだったのが、この日は休憩のたびに誰か(必ず男・・・なのが残念)に話しかけられるとは!

たしかに私もH2SXSEを見かけると「おぉ!」と思いましたが、それはカワサキのスーパーチャージドエンジンを積んだバイクだと知っているからですが、何もバイクのことを知らない人が見ても何か感じさせるものがあるよう? これぞ200万円オーバーのフラッグシップのまとうオーラのせいなのか?

そんなに他のバイクと何かちがうかなぁと思いつつ八日市を過ぎたところで、雨が降り始めます。

しかも降り始めてあっという間に土砂降り・・・

カッパを持っていませんでしたし、そもそも一瞬で諦めがつくぐらい濡れました・・・一気にパンツまで・・・

でも夜で真っ暗でずぶ濡れになってても周りからは分かりませんし、メッシュジャケットにメッシュパンツですので走っている内に乾くだろうと。結局10分ぐらい土砂降りの中を走って、ずぶ濡れになったものの、草津SA近くまで来た時にはすっかり乾いてました。最後にSAで休憩しようと思っていたところ、道路の電光掲示板に

 雨注意!

の文字が・・・ま、まさかまた?と思った瞬間、大粒の雨がダーッと・・・せっかく乾いたのに再び全身ずぶ濡れ・・・しかもさっきの1.5倍増しの強烈な降り方!雨粒が手に当たるとグローブ越しなのに痛いぐらい・・・。

このずぶ濡れ状態ではSAで休憩もできないので、草津SAはスルーして一気に帰ります。せっかくなのでパワーモードやKTRCを雨仕様に切り替えようかと思いましたが・・・切替方法忘れた! そのままいつものF(フルパワー)、KTRC1で走り続けます。

帰って取説確認すると、アクセルオフの状態でしか変更できないんですね・・・。意図せずして土砂降りの中を走行することになりましたが、フルパワーで走っても当然ですが特に何も問題は無かったです。

それはさておき、話しかけてきた人に言わせると、H2SXSEはバイクを知らない人から見ても何かただならぬ雰囲気を感じる・・・らしいということを知った一日でした!

個人的には、かっこいいとは思いますが特に他のバイクと比べて違う雰囲気はあまり感じないのですけども?

しかし、こうしてブログに書いてみても「何だかついてないなー」って感じのツーリングでしたね(^-^;。

| | コメント (0)

2019年7月31日 (水)

クラッチとブレーキのフルードは違う?

!ただいま絶賛京都大阪付近でツーリング誘ってくれる人募集中!

H2SXSEのクラッチはワイヤーではなく油圧です。ブレーキはもちろん。で、フルードはクラッチもブレーキも同じです。しかし・・・なぜでしょうね? ブレーキフルードは透き通って見えますが、クラッチは真っ黒で向こうが透けて見えない?という指摘を先輩から受けました。

Img_1261

言われてみるとクラッチは透けてません。

Img_1259

ブレーキはちゃんと向こうが透けて見えるんですけどね。

Img_1260

 まさか・・・同じ・・・ではない?

というわけで6ヶ月点検の時にメカニックさんに聞いてみました。

まず結論的には、フルードはクラッチもブレーキも同じで間違いないです。では何が違うのか?それは・・・

 クラッチとブレーキのフルードがさらされる熱的環境の違い

だそうです。クラッチの方がブレーキよりもはるかに高温にさらされているそうで劣化も早く、あっと言う間に真っ黒になってしまうそうです。

そう言われてみれば、Z1000のブレーキフルードを交換した時、フロントは最初だけ真っ黒なフルードが出てきましたが、これはパッド付近の熱にさらされていたフルードが変色していたのでしょう。また一つ賢くなったかな(^-^)。

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

H2SXSEのETC

今年は梅雨らしい梅雨はないのかと思っていたら、ちゃんと梅雨入りしましたね。梅雨は嫌ですが、やはり降るべきときに降らないと困ったことになるかと思うので仕方ないですね。にしても降るのかと思っていると、どんよりしたまま降らなかったり、晴れ間が出たり・・・そうかと思うと九州の方は大変な降り方だったり・・・なんか変な感じです。

それでもこんな梅雨の真っ最中のどんより曇りの中でも、我慢できないライダーさんは多数おられるようで、今日も雨雲レーダーで雨が降りそうで降らないことを確認して、バイクで走っていると結構ツーリングライダーとすれ違いました! 私もツーリング行きてー!! 一人もいいですけどたまにはマスツーもいいなと思ったり。誰かツーリング誘ってください!!

さて・・・それはさておき・・・もう数カ月前の話ですが、カワサキからETC装置に不具合があるので購入したカワサキプラザで不具合の改修を受けるように案内が来ていました。お店に連絡すると作業はすぐ終わるので、特に予約は不要とのことで、いつでも持ってきてくださいということだったので、すぐに行って直してもらいました。

不具合というのは、ETCカードのチップを押さえている部分のゴムの厚みが十分でなく、へたってくると十分に押さえつけられなくなって接触不良を起こす可能性があるというもの。

作業的には、チップを押さえつけている部分のゴムをより厚いものに貼り替えるだけ。作業はあっと言う間に終わりました。下の画像の赤丸の部分ですが、貼り替え前は青だったのが、黒に変わってました。

Img_1246

そういえば時々メーター内のETCランプがチカチカ点滅することがあって、それが原因なのかなと思っていましたが、改修後も何回かETCランプが点滅することがあったので、6ヶ月点検の時にメカニックの方に相談したところ、たぶん正常動作であることが判明。

メカニックの方がZ900RSの取説を見せてくれたのですが、そこにはETCが様々な道路情報など受信すると緑点灯のETCランプが点滅する動作のことも記載されていました。H2SXSEの取説のETCのところには、「カードを入れると緑点灯、カードが入ってないと赤点灯」ぐらいしか書かれていないんですけどね・・・(・・?)・・・と思ったら、取説の表紙を開くと緑の紙が挟まってて、何だろうと思ってみると・・・

 ETC2.0インジケータ表示について

って書いてある・・・今まで気づかなかったとは・・・お恥ずかしい!

ちなみにETCも2.0になっていろいろな情報を受けることができるようになっているらしいですが、車の場合は音声なり、ナビの画面なりドライバーに伝達する方法はなんとでもなるようですが、バイクの場合は現状受け取った情報をライダーに伝える手段がないらしく、若干宝の持ち腐れ的なところがあるようです。今は高級車にしか搭載されていないスマホとの連動機能などが一般的になれば、話は変わってきそうですが、当分バイクはETC2.0を活かしきることは難しそうですね。

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

H2SXSE見積

久々にアクセス解析を見ていると、H2SXSEの買い換えあたりからアクセスが増えているので、みなさん購入検討している人もいるのかなぁと思い、まずはそもそもH2SXSEというバイクを購入するのにいくらかかるのか?見積を公開します!

ではさっそく!

車両価格:2,376,000
用品&パーツ:459,916
課税費用:47,520
(消費税:内213,588)
非課税費用:22,280

ななんと! 合計2,905,716 ・・・・軽く車が買えますな・・・(-_-;)

ちなみにさらに細かい内訳が以下の通り。

<用品&パーツ>
ETC2.0セットアップ料:3,240
パニアケース:97,200
パニアケースカバー:16,200
パニアケースストライプ:5,184
パニアワンキーシステム:4,588+工賃5,400
バッグフィッティングキット:15,336
アクラポヴィッチS/Oサイレンサー:160,920+工賃4,320
純正スライダー:18,144+工賃1,080
メンテパック:128,304
 小計 パーツ代449,116 工賃10,800

<課税費用>
登録代行料:18,360
新車整備料:21,600
防犯登録:1,080
圏外登録料(他府県登録):6,480
 小計 47,520

<非課税費用>
自賠責保険(37ヶ月):14,950
重量税:5,700
印紙代:1,100
ナンバープレート代:530
 小計 22,280

となっております。アクラポのスリップオンはいらないとか、パニアはいらないとか、他府県登録じゃない(プラザと同一府県登録)とかご自分の要望に合わせて不要なモノを削除したり、場合によっては足したりすれば大体の費用はつかめるかと。

でもメンテパックは入っておいた方がお得です。カワサキプラザ高槻ではメンテパックに入っていれば、インペラの点検などもメンテパック内で追加払い無しでしてもらえます。オイル交換(フィルター交換込み)も4回分付いてきますし、点検で消耗品費以外は支払う必要が無いのでなんとなく幸せな気分になれます(^-^;。なおオイルはノーマルグレードを想定されているので、冴速(4.3L)に交換する時は追加で3,715円支払う必要があります。

ところで・・・ちなみに値引きはというと・・・

 ゼロ

値引いてもらったといえば、振込手数料ぐらいですかね。普段は無理のなさそうな範囲で値引き交渉はしますが、なんとなくH2SXSEは値切って買うバイクでは無いような気がして、全く値引き交渉はしませんでした。(交渉しても値引いてもらえたかは?です)

ちなみにいちおう前金は100,000入れました。

では次回はマイカーローンなるモノについて、私が検討した内容を書きます! 参考になるかどうか分かりませんが・・・

・・・思い出しましたが、値引きはありませんでしたが、納車の時に高級そうな?カワサキのボールペンもらえました!Img_1221

 

| | コメント (2)

2019年1月18日 (金)

1ヶ月点検

昨日会社のパソコンで天気予報を見ていると、本日金曜までは非常に天気が良い模様。それに有休消化のためにここらで1日休暇を取りたいなぁ・・・土曜からは天気良くなさそう・・・というので昨日の朝思いつきで休暇を申請! どこか走りに行って、1ヶ月点検に行ければ行こうかなと。

Img_0935_01_3
ところが! 昨日カワサキから送られてきた点検無料クーポンを見ていると

 使用期限:登録から50日以内

という文字が! まずい! 既に40日ぐらい過ぎてるし・・・

というわけでツーリングは点検後に行ければ行くと言うことで・・・

納車の時に、「初回点検は特に予約要らないよ~」なんて気軽に言われたので、かなり気軽に考えていましたが、そんわけないやろうと、バイク屋の近くまで行って休憩に入ったコンビニから、

 これから行きまーす!

っていちおう社会人の常識として連絡すると

 午前中は点検の予約が入ってて・・・昼からなら空いてます

はぅ・・・やはり・・・(-_-;やはり・・・世の中そんなに甘くなかった・・・なんでもH2SXはちょっと時間も余分にかかるので予約しておかないとやっぱダメみたいでした・・・で、気を取り直して、これからどうするか考えます。

このとき10時過ぎ。点検は13時から。3時間弱・・・どこに行けるかなぁ?と思ってしばし悩む・・・

で結局、新名神で宝塚まで行って、そこから六甲方面へ行って、くるっと再び高速で帰ってくればちょうど良い感じ?ということで出発。

川西の有料道路を抜けて、新名神に乗ります。が、ここが融雪剤で道路が真っ白!!

宝塚SAでトイレ休憩後、スマートICから降りて宝塚の市街地を目指します。ちょうど六甲の麓まで来たところで意外と時間がかかったことに気がつきます。宝塚北ICって市街地からかなり離れた山の中なんですよね・・・

このまま六甲の上まであがると時間が無い!と思い、手前の宝塚西高前にてUターン。今度は中国道の宝塚ICから茨木ICまでワープ。ちょうど13時の10分前ぐらいにカワサキプラザ到着!

なんでもH2SXは初回点検時にスーパーチャージャーのインペラの点検もするとのことで初回点検も通常の倍の2時間ぐらいかかるとのこと。そういえばインペラの点検には別途料金(1万円ぐらい?)をとられるような話をネットで見かけたので聞いてみると・・・

 こちらではすべて無料です。

とのこと! カワサキプラザではどこもとってないはず?だそうで。「確かに他所では別途料金を取っているお店もあると聞きますが、うちはカワサキからの無料チケットでもってすべて無料でしています」とのこと。

カワサキプラザで良かった! でもお店によって違うというのもなんかアレですなぁ・・・そのへんってカワサキから指示無いのでしょうかね?

そんな感じで思わず想定外に費用が浮いたので、オイルも最強グレード入れちゃいます!

91yg0x7y83l__sl1500_
2時間ほどお店の中うろうろしたり、ぼーっとしたり、スマホ触ったりして過ごします。最新のZ1000もかっこいいなぁー(*^-^*)

Img_0950_01_2

並んでいるZ900RSをながめつつ、所々パーツが異なっているのに気づき、間違い探しをしてみたり・・・

Img_0951_01_3
やがて点検終了。点検後にはカワサキからの指示もあってか?点検中の写真を見て結果を説明してもらいます。

 異常無し!

・・・ま、異常あったら怖いですがね(^-^;

というわけで897kmと1000kmにはちょっと足りませんでしたが、無事に点検終了。ぼちぼち回していきますよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

H2SX SEというバイク

この正月休み中に1000km走って、正月明けには1ヶ月点検に行くはずが・・・ようやく750km・・・どういうことだぁ!

Img_0930_01
12月もクリスマスまでは良い感じに暖かかったので、この調子で正月も暖かいとふんだのですが、そうは甘くなかった・・・。

ちょっと山の方へ行くと、朝一にはきっちり凍結温度まで気温が下がってます。最悪です。どこへも行けません。というか凍結しない街中は走れますが、街中の平坦路をひたすら走っても何も楽しくありません・・・。かろうじて本日は京都の日吉ダムまで行きました。

Img_0944_01
というわけで距離が伸び悩み状態に。まあ、でもそろそろ800kmだし、来週には点検に行こうかと。

まだ800km超えていないので、基本は4000回転ですが、最近我慢できずにちょこちょこ6000回転ぐらいまで回しております。まあ、そんなに神経質にならんでも大丈夫でしょうということで。そこで4000回転縛りながらも感じたところをつらつらと・・・

<姿勢>
思ったほど前傾はきつくないです。当然Z1000より前傾ですが、大幅に前傾がきついということはなく割と違和感なく乗れています。
ちなみに足つきは良好。身長174cmで足はたぶん短足系ですが、それでもかかとが僅かに浮く程度。ほぼ両足べったりな感じです。
まだ長距離らしい長距離は走ったことがないのでわかりませんが、思ったほどしんどくなさそうです。シートもクッションありますし、長距離でも疲れなさそうです。

<エンジン>
2000回転ぐらいまではガサガサとカワサキ車らしいがさつな感じがしますが、2000回転ぐらいから上は恐ろしくスムーズに回ります! おかげでハンドルの振動もわずかで右手が非常に楽です。さすがに高価なエンジンだけあって精度も他のエンジンと違うのかなと勝手なことを思ったりしていますが、別格のスムーズさに感じます。
ただしちょっとアクセル操作をラフにしてグワーンと回すと・・・さすがスーパーチャージドエンジン!とんでもない暴れん坊であることが垣間見えます(まだ本気を見たことがないですが・・・このエンジンの本気を見るのが恐いぐらい)
で、Max200馬力ですので、全域にわたってZ1000よりもパワフルに感じますが、4000回転以下では非常に扱いやすいです。

<ハンドリング>
もうなんでしょうね?とにかく軽快。もちろん車重が車重ですので、Z1000のようにヒラヒラとはいきませんが、コーナーでの倒し込みは非常に自然。無理に倒さなくても気がついたらしれっと倒れ込んで曲がっている感じ。どこまで電子制御系の恩恵があるのか分かりませんが、運転がうまくなったかのように錯覚してしまいます。

<ブレーキ>
非常にマイルドな効き味ですね。急ブレーキは掛けたことがないせいもありますが、普通にレバーを握りこむとガツンと言う感じはなく、スムーズに減速できる感じです。
ちなみにレバーは最も近くしてちょうど良いぐらい。いちおう私の手は、グローブはLサイズで、指も短い方ではないつもりでしたが・・・今までのバイクだと調整機構の真ん中か、1段階近づけたぐらいがちょうど良かったのですが・・・。

<ここはいまいちか・・・>
まず最初気になったのはステップの位置。両足を下ろすとちょうど膝裏の下、ふくらはぎのあたりにわずかに干渉し、ジーンズがからまるというか引っかかってちょっとうっとーしいです。ま、慣れればなんてことは無いですが。

次にシフトチェンジですが、最初は1速からはほぼ100%ニュートラルに入りませんでした。ただ2速からは簡単にニュートラルに入るので困りはしないのですが、やはり1速から直でニュートラルには入ってほしい。と思ったら、400kmを超えたあたりから、エンジンが暖まれば7割ぐらいの確率で1速からニュートラルに入るようになりました。現在はエンジンが暖まれば、大体入るようになりました。
あと・・・Z1000の時にあまりにもシフトチェンジが静かでスムーズなんで、カワサキも変わったもんだと思いましたが、H2SXは1速に入れると懐かしの「ガチャコン!!」ととんでもない大きな音とショックがあります。

ステップにはツアラーらしく?ラバーが貼ってありますが、Z1000のステップは金属製だったのでステップ上で靴底を滑らせて靴の位置を調節できたのですが、H2SXはラバーのおかげでいったん靴をステップに乗せると靴底は滑りません。

Z1000のステップは金属製。ツルツルです!

Img_0948_01
H2SXのステップはラバーが付いてますので靴底滑りません!

Img_0963_01
最初はステップ上で靴底を滑らせて微妙な靴の位置調整ができないので違和感アリアリでしたが、これも慣れの問題で、今はあまり気にならなくなりました。そういえばZ1000は最初の頃、ステップの上で靴が滑るので慣れるまでしっくりこなかった記憶が・・・慣れとは恐ろしいモノです(^-^;。

それとこれまでのバイクは冬でも最初に暖機して一度エンジンが暖まれば、エンジンを切って冷えない限り信号待ちなどのアイドリング状態の時に再度エンジン回転数が上がって暖機することなどなかったですが、H2SXは冬場に調子よく走っていると景気よく冷やされ水温計が60度台に下がります(夏場を考えて冷却能力が高いのでしょうか?)。すると、信号待ちなどのアイドリング時に2000回転ぐらいまでアイドリングが上昇し暖機します。
アクセルを戻してもグワーンとエンジンが回っているので・・・最初はなんで回転数が上がるのか分からなかったんで、???でしたが。水温計を見ていて納得。

TRCとかパワーモードなどもいろいろ試しましたが、制御の介入が増えるほどなんか違和感があり、結局パワーモードはF(フルパワー)、TRCは1(最も介入度合いが小さい)が一番しっくりきます。

あとは最近のシートバッグは、固定ベルトをシート下に挟む物が多いですが、シートの固定も精度良く作られているせいか、下手にベルトを挟んで無理矢理タンデムシートを取り付けると、鍵を回せなくなりタンデムシートを外せなくなります・・・写真の赤丸の位置はシートと車体の間に全く余裕がないので、ここにベルトを挟んで無理矢理シートを固定しないように! Z1000のタンデムシートなんてユルユルで隙間ありまくりだったんですけどね(^-^;。

Img_0957_01
タンデムシート裏のこの部分は車体側に跡が残るぐらいですので、シートを取り付けた際には隙間がありません。というわけでここにベルトを通しちゃうと容易にはシートがはまらなくなり、無理矢理シートをはめると今度は鍵が回らなくなりシートが外れなくなります!

Img_0958_01
シートががっつり固定されて解錠できなくなった鍵を無理矢理回そうとして、危うく鍵をねじって変形させてしまいそうになりました・・・幸い何とか無事に外せましたが、注意しましょう!

この位置を外してベルトを配置すればOK!

Img_0959_01
ちなみに写真のベルトはタナックスのミニフィールドバックを固定するベルトを2本ずつ連結して、ゴールドウィンのXベルトっぽくしたものです(^-^;。

グリップヒーターは、スイッチオンでランプが点滅する回数(温度によって点滅する回数が変わり、
高温:3回点滅を5回繰り返し
中温:2回点滅を5回繰り返し
低温:1回点滅を5回繰り返し
・・・ちょっと分かりづらいです・・・できればキジマのヤツみたいにスイッチの点灯色で分かるようにして欲しいです。

あとはETCがカワサキオリジナルポーチ(?)に納められており、最初はおしゃれだなと思ったのですが・・・意外とカードの出し入れが面倒くさい・・・

Img_0917_01

サイドスタンドがちょっと長め? スタンド出したまま動かしていると、ちょっと左側に傾けるとスタンドをゴリゴリやっちゃいます・・・停車時も立ち気味? 傾斜地での停車には注意必要ですね。コーナーリングライトの関係なんでしょうかね? これ以上傾けちゃうとサイドスタンドで停車中に左側のコーナーリングライトが点灯しちゃうとか?

ざっとこんな感じでしょうか? いずれにせよいまいちな点なんて大した問題では無いので問題と言うほどでも無いようなことばかり! 
とにかく非常に乗りやすいし、アクセルを開けて加速していく時はまるで戦闘機にでも乗っているような・・・空気を切り裂いて加速していく感じがたまりません!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧