ZZR

2008年12月17日 (水)

ZZR1100というバイク

Dsc_zzr1100_02_2   

今さら言うのもなんですが、ZZR1100というバイクは、やはり名車と呼ぶにふさわしいバイクですね。いまだに飽きのこないデザインにその性能は、いまでもツーリング程度であればなんの不満もないですし。

それでも我がZZR1100。中古ということもあってか、調子が悪くて困りました。

最初はカワサキ車特有の、アクセルを戻すとエンストする現象が発生。この原因はタンクキャップのエア抜き穴が詰まることによるもの。案の定、完全に詰まっていたので清掃。

その後は春から秋にかけては絶好調ですが、冬になると寒さのピークとともに絶不調に・・・(´;ω;`)ウウ・・・

必ず1月に入ったあたりでプラグがかぶって1気筒以上が死んじゃうのにはまいりました。キャブレターもオーバーホールしましたが、やっぱりダメ。それでも付き合っていくうちになんとなくコツがつかめてきて、冬場はアイドリングを少し高め(1500回転ぐらい)にしておいやると非常に調子が良いことに気づき、3年経ってやっと相棒となれたかなと。

Dsc_zzr1100_04_2

確かに最新のZZR1400と比べると、どうしても古くささは否めませんが、それでも十数年以上前に売り出され、見た目はカラーリングしか変更がなかったことを考えると、当時は斬新で、かつ完成度が高いバイクだったんだなと改めて感心します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

愛車歴

Dsc_zzr1100_01_2

私のバイク歴はさかのぼること約20年近く前の大学生の頃(もうそんなになるかぁ・・・( ̄Д ̄;;

大学に入って、サイクリング部に入部。1年の夏に合宿で木曽のあたりから信州まで走りました。そのとき、信州で大勢のライダー達とピースサインのやりとりをし、妙に感動したことがきっかけに。

それまでバイクになんて全く興味なかったんですけどね・・・なんとなく買ったバイク雑誌の裏表紙にZZRの広告が出ており・・・一目惚れしました(*゚ー゚*)

でもバイクを欲しいというと、最初は親に大反対されました。それにとりあえず免許を取ろうと自動二輪車学校に通い始めたものの、あまりにも重く、思うように操作できないことにびびり、「こりゃ無理だわ・・・」と。でも卒検の時になって初めて「お? 意外と乗れてるじゃな~い!」となって、親も会社の人から「男の子は一度は通る道ですから。乗りたいのもしょうがないですよ」と言われたようでバイクの許可が下り、晴れてライダーに。

最初はZZR400を買うべくバイク屋に行ったのですが・・・展示してあったゼファー400の大きさにまたもやびびり(基本的にびびりなんですよね)、一回り小さいZZR250に落ち着きました。赤という色はあまり好きではなかったのですが、ZZRの赤にはビビッときてしまいました! なんてきれいな赤なんだ・・・というわけで、これ以降は赤という色もけっこう好きな色になりました。というわけでZZR250も当然赤を購入(たぶん92年式)。

Ja1992ex250h3candy_cardinal_red_lum

その後、社会人になって2年目の夏のボーナスでZZR400を購入。赤が欲しかったんですけどねぇ・・・このときのモデルには無かったので濃紫を購入(たぶん97年式)。

P1

さらに結婚後は社宅のため駐輪場所の確保が難しく、小さくて倉庫に入れられるKSR-IIに買い換え。中古ながら、まだ走行距離がならしすら終わっていないという新車同様品。これももちろん赤!

そしてマンション購入を機に、駐輪場所が確保できたため、中古のZZR1100(96)を購入。その圧倒的パワーに酔いました! 400ではかなりがんばらないと、発進時は車にあおられますが、さすがハイパワー! 軽くアクセルをひねると、ミラーの中で後方の車があっという間に小さくなっていくのは快感でした!

ちなみにZZRシリーズ名は、当初「ZZR」や「ZZ-R」など表記方法がいろいろで、読み方も「ぜっとぜっとあーる」「だぶるじーあーる」「じーじーあーる」などいろいろでしたが、いつだったか忘れましたが、カワサキから「ぜっとぜっとあーる」に統一する旨の正式アナウンスが出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)